「鬼滅の刃」連載終了の理由 女性作者が福岡の実家から心配されていることとは

『鬼滅の刃』連載終了の理由巡り憶測 作者・吾峠呼世晴氏の「結婚説」を疑う声も

記事まとめ

  • 『鬼滅の刃』の吾峠呼世晴氏は「そろそろ身を固めては」と心配され、郷里に帰ったとか
  • 本当の事情を知っている人物は殆どおらず、編集部内でも担当以外会ったことがないそう
  • アニメの制作現場に激励に行くこともなく、パーティーなどにも一切出ないそう

「鬼滅の刃」連載終了の理由 女性作者が福岡の実家から心配されていることとは

 これから冬にかけ、新型コロナウイルスとインフルエンザが同時に流行する「ツインデミック」が不安視される中、我々ができるささやかな防衛策は手洗い、うがいやマスク、そしてインフルエンザの予防注射を打つことくらいだろう。

「全集中」――。

 巷間、あちこちのクリニックでは予防接種のために親と訪れた子どもに対し、こんな言葉が投げかけられている。すると、それまで泣き叫んでいた子どもは呼吸を整え、恐怖の対象でしかない注射針の先端が我が身に刺さることを静かに受け入れるのだという。

 この「全集中」とは、公開10日で国内の映画史上最速、興行収入100億円を突破し、空前のブームとなっている映画「鬼滅の刃」に出てくる台詞である。

 もともと2016年から「週刊少年ジャンプ」(集英社)に連載されていたこの作品。内容を簡単に説明すると、舞台は大正時代、家族を鬼に喰い殺され、唯一生き残った妹を鬼にされた主人公・竈門炭治郎(かまどたんじろう)が妹の禰豆子(ねずこ)を人間に戻すべく鬼と闘うという物語だ。炭治郎は「鬼殺隊」の一員となり、剣士として、さまざまな技を駆使して鬼を倒していく。その技を繰り出す際に、全身の血の巡りを速くするため「全集中」という言葉を唱えるのである。

 アニメ業界に詳しいジャーナリストの数土直志(すどただし)氏は、

「このペースでいけば、興行収入200億円超えも視野に入ってきます。来年1月『エヴァンゲリオン』の新作映画が公開されるまで有力な映画はないので、さらなるヒットが期待できます」

 これほどの大ヒットとなったのにはいくつかの要因が挙げられる。火付け役のひとつは昨年4月から9月にかけて、TOKYO MXで放映されたTVアニメである。

 それまで20万部ほどだったコミックスの初版部数は放映開始後に100万部、今年に入ると150万部以上に跳ね上がった。

「放映終了後もNetflixなど20以上のサイトで配信され、見逃した人も繰り返し見られる環境を作り、ファン層を拡大していきました」(芸能記者)

 アニメ化で称賛されたのはクオリティの高さだった。

「戦闘シーンの疾走感溢れるアクションや緻密な背景描写は他のアニメと比べ物にならない。手掛けたのはユーフォーテーブルという制作会社。業界でピカ一の技術を持っています」(同)

 先の数土氏が解説する。

「業界でもトップクラスの質の高さですね。例えば、『ドラえもん』や『アンパンマン』はシンプルな線で描かれる一方、ユーフォーテーブルの場合は複雑な線を描き込みます。シンプルな線よりも、複雑な線を動かすにはより手間が必要。クオリティを保つため、同時に制作する本数は数本程度。大手の会社は10本同時に進めることもありますから、生産ラインの少なさが分かります」

 アニメ業界の関係者が補足する。

「ユーフォーテーブルの制作費は普通のスタジオに比べ1・5倍は高いとされています。今回の映画でも制作を請け負っていて、映画だけで数億円はかかっている。ユーフォーテーブルに発注したのは集英社へ映像化を打診し、TVアニメと映画でプロデュースを手掛けたソニー傘下のアニプレックスという企画や配給も行う会社です。アニメやゲームに出資し、数々のヒット作を生み出し、今回のアニメ化も仕掛けた。ここが5年先まで生産ラインが空いていないとされるユーフォーテーブルを抜擢し、ブレイクのきっかけを作ったのです」

■300億円以上


 しかし、このユーフォーテーブルは昨年来、脱税疑惑が報じられ、今年の6月に4億円以上の所得隠しをしていたことが発覚した。

「経営するカフェなどの売り上げを現金で抜き、申告しないまま社長の自宅の金庫で保管していたのです。すでに修正申告したと同社が明らかにしています」(同)

 ともあれ、集英社、アニプレックス、ユーフォーテーブルのタッグで作られた今回の映画。そこには“ぼろ儲け”の仕組みが隠されていた。

 この関係者が続ける。

「映画の製作にはこの3社しか名を連ねていません。通常は製作委員会が作られ、例えば10社が出資し、莫大な製作費を賄います。しかし、この映画はヒットすることを見越してわずか3社で製作した。もちろん、出資額は増えますが、その分リターンもアップします。非常に珍しい形式です」

 さらに、映画のキャラクターを使ったコラボ商品も数多く展開されている。

「この映画の特徴はコラボの多さ。くら寿司やローソン、ダイドードリンコなど、業界では“こんなところともコラボしているのか”と驚きが広がっています」(同)

 この二次使用の収益はいかほどなのか。

 著作権や商標権に詳しい平野泰弘弁理士が言う。

「アニメにおけるストーリーやキャラクターは著作権によって守られます。そのキャラクター使用を許可することで権利者はライセンス料を得ることができます。その金額は当事者間で決められるものですが、一般的には売価の5%と言われています。キャラクターの絵が入ったお菓子を100億円売り上げたなら、約5億円のライセンス料が発生します。有名ブランドや作品なら、それ以上の割合のライセンス料を課すこともあります」

 ちなみに「鬼滅」のライセンス料は6%とされている。

 興行収入とそれらを合わせた売り上げの分配について、先の記者が解説する。

「興行収入が200億円だった場合、100億円は劇場、残った100億円のうち1割から3割は配給会社(注・この映画では東宝とアニプレックス)に入ります。さらに残った70億から90億のうち、作者に入る原作使用料などを差し引き、最終的に残った額を出資比率に応じて製作3社で分配することになります。今回の場合、アニプレックスの出資額がおそらく一番高いと思われます」

 グッズなど二次使用の収益についても、

「映画のキャラクターを使用していますから、原作者に加え、グッズ化やゲーム化などそれぞれの権利を取得している製作3社にお金が落ちる仕組みです」

 興行収入に加えグッズなどの関連売上も含めれば、映画化による最終的な収益は300億円以上になるのは確実と見られている。この製作3社には少なくとも、それぞれ数十億円、多ければ100億円以上の金が転がり込んでくるわけだ。

■“身を固めては”


 さらに版元の集英社はこんな“技”まで繰り出した。

「『鬼滅の刃』に関して、少なくとも25個の商標出願をしています。タイトルのロゴ以外にも、主人公の炭治郎が着る羽織の緑と黒の市松模様、果ては『全集中』『鬼殺隊』という言葉まで出願しているのです」(同)

 それらの多くは商標登録のため特許庁の審査待ちの状態。中国などでの“パクリ”に対する防衛策の側面はもちろんあるものの、

「出版社が25もの商標権を出願したのは珍しい。著作権ではタイトルや劇中の登場人物名や決め台詞などの単語は守られません。商標登録されれば、赤の他人が『全集中』と印字されたTシャツ等を勝手に販売できなくなる。使用する際は、著作権と同じくライセンス料を払うことになります。集英社は権利関係をしっかり整理している印象です」(前出・平野氏)

 濡れ手で粟の『鬼滅の刃』。しかし、人気漫画は“稼げるコンテンツ”として長寿化する傾向にあるにもかかわらず、今年5月に突如、「ジャンプ」での連載が終了してしまう。終了発表前からストーリー展開に唐突さが目立ち、ファンの間でさまざまな憶測を呼んでいたが、連載終了の理由を、

「実は結婚ではないかと言われていて……」

 と集英社関係者が囁く。

「原作者の吾峠呼世晴(ごとうげこよはる)さんは女性なんです。年の頃は31歳前後の独身。出身は福岡でご実家の方から“そろそろ身を固めては”と心配され、郷里に帰ることになったと言われています。特定の相手がいるわけではなさそうですが、それだけでなく、作品が大ヒットし、“やり切った”という思いも本人にあったようです」

 だが本当の事情を知っている人物は集英社内にもほとんどいない、と続ける。

「ご本人は人見知りする方で、編集部内でも担当編集以外は会ったことすらない。実は集英社の社長もドル箱の漫画家に挨拶できていなかった。会合やパーティーの類には一切出てこず、本人も嫌がるので、それすら叶わなかったそうです。アニメの制作現場に激励に行くこともなく、社交性はゼロ。そんな人が本当に結婚するのか、と訝しむ声もあり、いずれ別の連載が始まる可能性も」(同)

 実際のところを集英社広報に尋ねたが、回答は得られなかった。

 原作者がベールに包まれたまま去っても、ブームが下火になる気配はない。

 むしろ、連載終了にまつわるあれやこれやが、ますます作品に「全集中」する効果をもたらしているのである。

「週刊新潮」2020年11月5日号 掲載

関連記事(外部サイト)