「紀子さま」 結婚直後の“軽井沢デビュー”と「ご懐妊」発表直前、吹雪の中で

「紀子さま」 結婚直後の“軽井沢デビュー”と「ご懐妊」発表直前、吹雪の中で

1990年、軽井沢て?テニスをフ?レー中の秋篠宮さま。キ?ャラリーの視線の先には? 写真:島田啓一

■ワイドショーのレポーターがマイクを


 1990年8月。結婚直後に軽井沢を訪ねられた秋篠宮さまと紀子さま。行くところ人だかりで人気は沸騰していた。そして、それから半年余りたった91年3月12日に「ご懐妊」を発表されたのだった。

(「フォーカス」1990年8月31日号などを基に修正したものです。称号や肩書などは当時のものを採用しつつ、適宜変更しています)

 ***

 天皇家には、那須、須崎、葉山にご静養のための御用邸があるが、避暑地としては上皇上皇后両陛下の“思い出の地”である軽井沢は格別なのだろう。

 天皇ご一家のどなたかが訪れるたびに、そのお姿を一目見ようとする人たちで軽井沢は騒ぎになる。

 1990年夏の場合、それが頂点に達したのは、ご結婚されたばかりの秋篠宮さま(24)・紀子さま(23)ご夫妻の時だった。

 ご夫妻の軽井沢入りは8月17日。軽井沢駅前にはお二人の到着前から人だかりが出来、お二人が現れるや手を振ったり、「紀子さまー」の声が飛んだり。

 普段は芸能人相手のワイドショーのレポーターが、“取材協定”を破って、紀子さまにマイクを突きつける一幕もあった。

 翌18日、お二人は秋篠宮さまの運転で碓氷峠にドライブに出かけられた。クルマはオレンジ系統のフォルクスワーゲン。

 その夜、ご夫妻は中華料理店に食事に出かけられたのだが、店の前の狭い道に500人ほどが集まってしまったため、パトカーが出動して規制。

 結局お二人は店の裏側から“避難”して、宿舎のプリンスホテルに戻られた。ご夫妻の滞在中、軽井沢警察署は、群馬県警から130人の応援を求めて警備に当たったという。


■粘りのテニスをされていた


 19日にはホテルのテニスコートでお二人はテニスを楽しまれた。コートの周りを宿泊客が囲んだが、秋篠宮さまの後方の人たちの目線で明らかなように、その先は紀子さまである。

 秋篠宮さまと知り合った学習院大1年の時から、赤坂御所内のコートで共にプレーをされてきたという紀子さま。

 この日は、秋篠宮さまの攻撃型のテニスとは対照的に、どんなボールでも拾おうとする、粘りのテニスをされていた。

 ご結婚から2ヵ月。天皇ご一家が毎年のように過ごされている軽井沢だが、秋篠宮さまが紀子さまをお連れになったのは、むろんこれが初めてである。

 それから半年余が経過した1991年3月12日、紀子さまのご懐妊が発表された。「妊娠2ヵ月」であった。

 世間では、「男児誕生」への期待が醸成されていく。

 もし男の子が生まれれば、天皇家だけでなく、皇族全体にとってみても、父親となる秋篠宮さま以来26年ぶりとなる……などと繰り返し伝えられたものだ。

 なにしろ、もう四半世紀以上も男子が出生していないのだから、当時の皇族に未成年の男子は一人もいなかった。

 このままでは断絶する宮家も出てくる――そんな嘆きも聞こえてきた。

 皇室担当記者によると、

「皇族は皇室典範によって養子を迎えることができません。それと、秋篠宮や高円宮のように結婚を機に新宮家を創設するケースが多いのですが、男の子が生まれないと、宮家は断絶してしまう。その意味では一般の家庭より男子待望の気持ちが強いかもしれませんね」


■「おめでたでは……」と囁かれていた


 さて、雪の中のお二人を捉えた写真について。

 ご懐妊発表から1ヵ月ほど遡った2月17日、新潟県塩沢で開かれた国体冬季大会・スキー競技会の開会式に出席された秋篠宮ご夫妻だ。

 この日は激しい吹雪。気温はマイナス2度の寒さ。今から考えると、この時すでに妊娠されていたのだ。

 ご夫妻はその後、3月3日に群馬県前橋市の利根川河川敷でサケの放流式に出席。「赤城おろし」の寒風が吹くなか、1時間以上も同席され、帰京後、紀子さまは頭痛や食欲不振を訴えられていた。

 そして、6日の皇太后さまの米寿の祝賀を欠席され、8日には楽しみにされていたミュージカルの日本公演の観劇も取りやめに。

 理由は「風邪」とされていたのだが、皇室記者たちの間では自然と「おめでたでは……」と囁かれていた矢先の「ご懐妊発表」となったわけだ。

 宮内庁関係者に聞くと、

「90年秋から91年の初めにかけて皇室には大きな行事が続いていました。11月には天皇陛下の即位の礼があり、2月23日には皇太子の立太子の礼が行われた」

「そういう時にご懐妊中だと、何かと不自由かと察せられるが、即位の礼も立太子の礼もつつがなく終わり、当面、大きな行事が控えていない今の時期は、なんといいますか、結果としては絶妙のタイミングだったと思われます」

 第一子となる眞子さまが誕生されたのは、10月23日のことである。

週刊新潮WEB取材班

2020年11月8日 掲載

関連記事(外部サイト)