上野動物園「シャンシャン」が12月に返還 中国のどこでどんな暮らしをするのか?

上野動物園「シャンシャン」が12月に返還 中国のどこでどんな暮らしをするのか?

シャンシャン

 上野動物園の人気パンダ、雌のシャンシャン(3)が年末までに中国に返還されるという。2017年6月生まれのシャンシャンは、本来、昨年6月が返還期限だった。が、中国と東京都が協議して、今年の12月31日まで期限を延長していた。中国に戻ったら、どこでどんな生活を送ることになるのか。

 ***

 上野動物園には、シャンシャンの他に、父・リーリー(15)と母・シンシン(15)がいる。この2頭は2011年2月に来日。貸与期間は10年のため、来年2月が返還期限となる。上野動物園にパンダが1頭もいなくなるとは、何ともさびしい話である。

「上野動物園は、東園にいるシャンシャンを見るために、休日だと2時間近く待たねばならないことが多い。とはいえ、実際に見られるのはたった1分ほどです。平日でも1時間待ちが多く、80分待つこともあります。何度も見たければその都度並ばなければならず、クタクタになります。しかも、リーリーとシンシンは8月下旬に西園に引っ越したので、パンダファンは東園と西園を行き来しています。こんなにパンダ人気の高い動物園は世界では例をみません。現在、都と中国野生動物保護協会がリーリーとシンシンの貸与期間の延長と、延長する場合の年数について協議中。延長は確実と思われます」

 そう解説するのは、パンダジャーナリストの中川美帆氏。彼女は、中国以外でパンダを飼育している20カ国のうち、19カ国を見て回った、筋金入りのパンダ通だ。昨年8月には、『パンダワールド We love PANDA』(大和書房)を出版している。

「これまで、上野動物園で飼育されたパンダは13頭です。1972年に来日したカンカン、ランランに始まり、80年来日のホアンホアン、82年来日のフェイフェイまでは贈与でしたので、返還の義務はありませんでした。ところが、81年に中国がワシントン条約に加盟し、84年に同条約の中の『附属書1』で、絶滅の恐れのある種は、商業目的のための国際取引は原則禁止になりました。パンダは絶滅の恐れがありますから、繁殖研究を目的として、パンダを貸し出すようになったのです」


■行先は四川省の繁殖基地


 フェイフェイとホアンホアンの子どものチュチュ、トントン、ユウユウも返還の義務はなかった。ただユウユウは、日中親善でリンリンと交換で92年、中国の北京動物園へ送られている。この交換は、リンリンとトントンを繁殖させる目的もあった。上野動物園の家族だけで暮らしていては繁殖できないためだ。

 2003年に来日したシュアンシュアンはメキシコ所有のパンダ。トントンの死後、リンリンの繁殖相手として来日したが、繁殖には至らず、2年後の05年には、メキシコのチャプルテペック動物園に戻った。

 つまり、上野動物園では、中国から貸与されたのはリーリーとシンシンだけということになり、その子供も貸与の対象となる。パンダの繁殖研究費の名目で都が中国に支払っている金額は年95万ドル(約9962万円)。中国へ返還されるのも、シャンシャンが初となる。いったいどこへ行くのか。

「シャンシャンを中国へ送り届ける業務は、阪急阪神エクスプレス(本社大阪市)が181万3912円で落札しました。同社は、上野動物園のすべてのパンダの輸出入にかかわっています。シャンシャンの行先は明らかになっていませんが、飛行機の目的地は四川省の成都です。新型コロナの影響で、成都への直行便が欠航していますので、このまま運航が再開されなければ上海経由となりますね。成田〜上海が約3時間30分。上海〜成都も約3時間30分かかります」(同)

 旅客機の貨物室もしくは、貨物専門の貨物機で運ばれるという。

「目的地である四川省には、上野動物園と関係の深い『中国ジャイアントパンダ保護研究センター』の基地が4カ所あり、パンダの繁殖や人工飼育、治療、病気の研究などをしています。うち1カ所は主に野生化訓練のための非公開の基地ですので、3カ所のうちのどこかに行くことになるでしょう。シャンシャンは基地に着いたら、1カ月間隔離されて検疫を受けます。その後、繁殖に向けて相性のいいパートナーを探すことになると思います」(同)


■タンタンは直行便


 ずっと、基地で過ごすことになるのか。

「基地にずっといる場合もあります。ただ、近年は、オーストリア、アメリカ、マレーシアで生まれて中国に返還されたパンダが、基地から南京近郊の施設へ移動した例もあります。いずれにしても、大事に飼育されることは間違いありません」(同)

 現在、日本には10頭のパンダがいる。上野動物園以外では、神戸市の王子動物園で1頭、和歌山県のアドベンチャーワールドで6頭飼育されている。

「王子動物園のタンタンは、2000年7月に来日したメスで、現在25歳。5年ずつ2回返還を延長し、今年7月に返還予定でした。ところが新型コロナの影響で成都への直行便が現在運航していません。25歳は人間でいえば約75歳。上海経由では負担が大きいので、王子動物園は、直行便が再開してからタンタンを中国へ送りたい考えです」(同)

 和歌山はどうか。

「28歳のオスの永明は、梅梅との間に6頭、良浜との間に9頭の子どもが生まれ育っています。この数には、生後間もなく死んだパンダと死産のパンダを含んでいないので、産まれたパンダはもっと多いです。15頭のうち、5組10頭が双子です。パンダは約5割の確率で双子を産みます」(同)

 15頭の子どものうち、11頭がすでに中国に返還されたという。その後繁殖し、約40頭が世界各国で飼育されているという。

「今年6月には、永明と良浜の交尾が5回確認されていますから、また生まれる可能性もでてきました。28歳は人間では80代。すごいですね(笑)」(同)

 永明は、2018年に彩浜を産ませ、飼育下での自然交配で繁殖させた世界最高齢のオスと認定された。その記録を塗り替えそうだ。

週刊新潮WEB取材班

2020年11月14日 掲載

関連記事(外部サイト)