「イージス・アショア」選考過程で不正か ロッキード社優遇、特捜部も捜査

イージス・アショアのレーダー選考過程に疑念 ロッキード社の出来レースか

記事まとめ

  • イージス・アショアの配備計画で、日本企業を製造に参画させる予定だったが実現せず
  • 「イージス・アショアのレーダー選考過程には疑念が囁かれていた」と自衛隊関係者
  • ライバルのレイセオン社が負けたが、ロッキード社の出来レースだったのではと指摘も

「イージス・アショア」選考過程で不正か ロッキード社優遇、特捜部も捜査

〈イージス・アショア/日本企業参画検討経緯〉

 そう題された文書が手元にある。

 昨年、米ロッキード・マーティン社の日本法人が、政府や与党のごくごく限られた防衛関係者に配布した文書だ。その時点ではまだ“生きていた”イージス・アショアの配備計画。そのレーダーを受注した同社は当初、日本企業を製造に参画させる予定だったものの、最終的に実現しなかった。その経緯を弁明するために出した文書である。

 その文書の中に、気になる表現がある。

〈18年5月末 MDAより(中略)レーダー性能向上要求有り。LMよりMDA経由、防衛省へは能力向上型レーダー(LM SSR)(中略)での提案を実施〉

 専門用語が並び、門外漢には意味が取れないが、

「実はこの記述は、選考の謎を解く上で、大きな意味を持つものです」

 と解説するのは、さる自衛隊関係者。

「もともとイージス・アショアのレーダー選考過程には疑念が囁かれていました。ロッキード社の製品よりさまざまな面で優位に立っていた、ライバルのレイセオン社の製品が“負けた”過程が疑問視されていたのです。この文書には、その“謎”を明らかにする手がかりが示されている。選考が“出来レース”だったのではないか、との疑いを裏付けるかのようなものです」

 イージス・アショアの配備は断念されたが、現在、議論されているその代替案にも、このレーダーの導入が予定されている。

「その意味で、今も国の選択肢を縛る契約と言えるのです」(同)

 10月末に始まった臨時国会。最もホットに交わされているテーマは、学術会議の任命拒否問題であるが、本来、費やされる公金の規模、何より日本の安全保障という問題の大きさの両面で、その何十、何百倍も議論しなければいけないのが、イージス・アショアの代替案に関する論議ではないか。

 ここに至るまでの事情を簡単に説明しておこう。

 イージス・アショア配備のきっかけは、2016〜17年、北朝鮮が計40発もの弾道ミサイルを発射したことである。

 それまで日本のミサイル防衛は、「PAC3」と呼ばれる陸上型・移動可能な迎撃ミサイルと、「SM3」と呼ばれる、主にイージス艦に配備される海上型の迎撃ミサイルシステムの両方が担ってきた。しかし、北の暴発に備え、24時間365日、日本全体を防衛できる態勢強化が叫ばれ、「第三の盾」となるイージス・アショア、すなわち「SM3」の陸上版の配備が検討され始めたのだ。

 2017年末に2基の導入が閣議決定。2018年7月には、イージス・システムのレーダーにロッキード社の製品が導入されることが決まる。2019年5月には、防衛省が秋田市と山口県の陸上自衛隊演習場への配備を地元に伝達。配備はとんとん拍子に進んだ。

 ところが――。

 その後、候補地選定に当たり、秋田市を適地とした調査データに誤りがあることが発覚。今年の6月には、山口県の演習場において、迎撃ミサイルを発射した際に切り離す「ブースター」が、演習場外に落下してしまう可能性が出てきたことまでわかった。これを受け、当時の河野太郎・防衛大臣が突如、配備計画の停止を発表し、国内外に衝撃を与えたのは記憶に新しい。

 こうして陸上配備が頓挫した現在、政府が頭を悩ませているのがその代替案をどうするのか、ということだ。防衛省は洋上でイージス・システムを導入する三つの案を提示しているが、

「中でもイージス艦を2隻増隻する案が有力です。が、結局、『第三の盾』だったはずが、以前のシステムの延長に過ぎなくなってしまったとの感は否めません」(自民党の国防族議員)

 それに加えて、

「何より疑問なのは、その代替案においてもなお、防衛省は、イージス・アショア時代に決定したロッキード社のレーダーを導入する方針なんです。既存の契約ありきで動いていますが、失敗した過去にこだわるとまた失敗を繰り返す」(同)

■実物とカタログ


 実は、このロッキード社のレーダーについては、これまでさまざまな疑問が呈されてきている。

 イージス・アショアは、ミサイルに対する「目」となる「レーダー」、迎撃ミサイルを打ち出す「発射装置」、両者を繋ぐ「頭脳」となる「イージス・システム」の三つで構成される。このうちレーダーには、二つの候補があった。ロッキード社が製造する「LMSSR」(現「SPY(スパイ)−7」)と、やはり米レイセオン社が製造する「SPY−6」である。前述のように、防衛省は、2018年7月、「LMSSR」の採用を決めた。

 ところが、である。

「この選定に首を傾げる防衛関係者も多かった」

 と言うのは、さる自衛隊OBである。

「当初、有利と見られていたのは、SPY−6の方でした。SPY−6は既に製品化され、米海軍がイージス艦向けに採用を決定していた。言わば、実績があるのに対し、LMSSRは、その時点でまだ開発中。“構想段階”にあった。つまり、実物とカタログのみのモデルが比較され、カタログ商品が選ばれてしまったようなものなのです」

 また、

「SPY−6であれば、その『頭脳』のシステムとして、『ベースライン10』という最新システムを連結できるのですが、LMSSRなら『ベースライン9』という1世代型落ちしたシステムに繋がれることになってしまう。更には、北朝鮮は弾道ミサイルだけでなく、巡航ミサイル、変則軌道ミサイルなどさまざまな種類のミサイルも開発していますが、それらへの適応能力の点でも、SPY−6が上と見られていた」(同)

 しかし、結果は、ロッキード社に軍配が上がったというわけである。

 その背景を巡っては、

「東京地検特捜部が関心を示しています」

 とは、全国紙の社会部デスクである。

「ロッキード社が選ばれた裏に、選定関係者との不適切な関係がなかったかと疑い、今年に入ってから資料を集めるなど“基礎調査”を続けていた。各社の記者は、この秋以降、防衛省や自衛隊の幹部経験者のところへ夜討ち朝駆けを繰り返していました。防衛大臣経験者がロッキード社から億単位の金を受け取っているという怪情報も流れ、裏取りに走った社もありました」

 未だ調査は続行中と見られているが、そもそも“その前”、防衛省での選考の前の段階で、「出来レース」があったのでは、と示唆するのが、冒頭に示した文書なのである。


■一方的な結果


 選考でLMSSRが選ばれる“その前”には、以下の過程があった。

 イージス・システムはアメリカ政府の管理するシステムのため、防衛省は2018年4月、MDA(米国ミサイル防衛庁)に、構成品の候補の提案を依頼した。MDAはそれを受け、6月、関連資料も含めれば1万ページ以上とされる「提案書」を防衛省に提出した。そこで提案されたのは、前述の「LMSSR」と「SPY−6」の二つの候補であったが、

「問題はその間の5月の出来事。そこで何が行われていたかが、ロッキード社の文書で図らずも明かされているのです」

 と前出の自衛隊関係者が説く。

 再度引くと、冒頭のロッキード社の内部文書には、

〈18年5月末 MDAより(中略)レーダー性能向上要求有り。LMよりMDA経由、防衛省へは能力向上型レーダー(LM SSR)(中略)での提案を実施〉

 と記されているが、

「ここから、二つのことが読み取れます」

 と自衛隊関係者が続ける。

「ひとつは本来、公正、中立的な立場から提案書を取りまとめる役割にあったMDAが、一方の当事者のロッキード社に対し、レーダーの『性能向上』を『要求』していたこと。もうひとつは、ロッキード・マーティン社、つまり、文中の『LM』がそれを受けて、レーダーの『性能向上』を図るべく、『LMSSR』を提案した、ということです」

 これの何が問題なのか。

「MDAは競合するSPY−6の情報にも触れることができた。そのMDAが応札中の特定の民間事業者に対して、選定の結果に直接影響するような『要求』をしていたというわけです」(同)

 先に述べたように、SPY−6は現物がこの時点であったのに対し、LMSSRはそれがない。あくまで「構想」段階の製品である。

「それゆえ、『性能向上』を『要求』されても行いやすい。現物があるSPY−6と比べて、かなり有利なものが“作れた”はずです」(同)

 これを卑近な事例に当てはめるならば、例えば、経産省が競争入札を実施した際、応札している特定の企業に入札監理委がバージョンアップや値下げを要求し、入札に便宜を図るのと同じようなこと。事実であれば、選定の公平性、正当性を根底から覆すような事例だ、というのである。

 こうした過程を経て出来た提案書を受け、翌7月、防衛省は「LMSSR」の採用を決めた。

「その選考会の過程は公開されていますが、SPY−6に対し、LMSSRが『基本性能』『後方支援』『経費』の、『納期』を除く全項目において高い評価を得たのです。一方的とも言える結果が出ている。背景にMDAが一方を後押しするような、歪んだ過程があったと窺わせる文書なのです」(同)


■「Buy American」


 これを裏打ちするように、MDAには、ロッキード社の後押しをするのが必然の“関係”もあるのだという。

 防衛事情に詳しい、さるジャーナリストが解説する。

「『LMSSR』は、もともとMDAがアラスカに配備する『LRDR』という巨大な警戒管制用レーダーと同様の技術が使用されることになっています。つまり、LMSSR自体が、MDAに“紐付く”事業。しかし一方で、米海軍は自らのシステムにライバルのSPY−6を選んでしまった。これに焦ったMDAが日本にこれを是非導入すべし、と考えても不思議はありません」

 そもそも、イージス・アショアの配備自体、北朝鮮の脅威に備えるという理由とは別に、アメリカの強い要請に答えたという側面も大きい。

「全世界でのミサイル防衛網配備がアメリカの戦略。何よりトランプ大統領は貿易赤字を減らしたかった。安倍首相と会談する度に、“Buy American”と要求したのは有名な話で、事実上、それに応じて、イージス・アショアの配備が決まった」(同)

 こうしてMDAとトランプに押し切られて買ったLMSSRだったが、さまざまな難点が生じて、計画自体が頓挫してしまった。

「しかし、彼らとの約束を守るためには、『代替案』でも引き続き同じレーダーを使用せざるを得ない。これが本音でしょう」(同)

 それに加えて、防衛省側には、責任を負いたくないという“理由”もあるだろう。システム全体で総額約4500億円と見積もられた導入経費のうち1787億円が契約済みで、そのうち196億円は既に支払っている。ここで契約そのものを見直せば、これが無駄金になるばかりか、違約金まで取られかねない。そうなれば、誰かが責任を取らざるを得なくなるのは必至である。

 さりとて、「代替案」をこのままLMSSR(SPY−7)で進めれば、更なる難点も生まれる。

「イージス艦にこれを搭載した場合、共同歩調を取る米海軍のレーダーはSPY−6と決まっていますから、連携がうまくいくか疑問が出てくる。また、LMSSR(SPY−7)は、まだ運用されたことのないレーダーなので、イージス・システムとの連接試験が新たに必要になる。これは日本の負担となり、600億円かかると言われています」(同)

 いずれにせよ、酷い話なのだ。

 これらの経緯を、ロッキード社の日本法人に尋ねてみたが、回答はなし。

 他方の防衛省からも締め切りまでに回答は来なかった。

「私も、選考方法には疑問を感じていました」

 と語るのは、元海上自衛隊自衛艦隊司令官の香田洋二氏。

「例えば、選定作業の詳細を見ると、防衛省になされた二つの提案のうち、SPY−6については、MDAの提案となっているのに対し、LMSSRについては、MDAとロッキードの提案となっているんです」

 SPY−6は既に米海軍に採用されているため、米政府が管理するシステムとなっている。他方の「LMSSR」はそれとは異なるため、企業も提案者に含むことができるという“事情”があるからだが、

「裁判で例えるなら、前者は当事者抜きの言わば『代理人』のみで戦っているのに対し、後者は『代理人』と『当事者』両方が出廷しているようなもの。企業そのものがさまざまにアピールや工作できるのです。選定段階で差があり、ボタンの掛け違いが起こっている。イージス・アショアを巡る一連の動きは、最初から偏って見えました」

 元陸上自衛官の佐藤正久・参議院議員も言うのだ。

「イージス・アショアは頓挫し、その間にも、ミサイルを巡る、世界の安全保障事情は激変している。だからこそ今は、すべてを白紙に戻し、日本のミサイル防衛について新たな環境に照らした上で、もう一度初めから議論をし直さなければならないはずです。しかし、防衛省の姿勢はどうも拙速で、イージス・アショアの代替案、そして当初の契約ありきで前のめりになっている。これでは、再び失敗を繰り返すことになるのではないでしょうか」

 本来は、日本を守る「盾」として構想されたイージス・アショア。それが迷走の果てに、逆に日本を危機へと陥れかねないのだとしたら、とんだ皮肉である。

「週刊新潮」2020年11月19日号 掲載

関連記事(外部サイト)