キャバクラ「リレー方式」の“客引き”で初の逮捕者 現役客引きはどう見たか?

キャバクラ「リレー方式」の“客引き”で初の逮捕者 現役客引きはどう見たか?

池袋の客引きの実態とは(写真はイメージ)

 11月9日、東京・池袋のキャバクラ店を無許可で営業していたとして、会社役員の藤井兄治容疑者(47)が風営法違反の疑いで逮捕された。件の店は「リレー方式」と呼ばれる客引きを行っており、これに関わった男たちも逮捕されている。「リレー方式」の容疑で逮捕されるのは全国初のこと。作家の酒井あゆみ氏が、夜の街の客引き事情を取材した。

 ***

 藤井容疑者が無許可で営業していたのは、池袋駅西口から劇場通りを渡った先、夜の店がひしめく一角にある「Club Riche」という名のキャバクラだった。藤井容疑者は、この店を別人の名義で経営していた。藤井容疑者に名義を貸したとして、高橋一輝容疑者(30)も逮捕された。店は昨年12月から今年9月にかけ、1億円以上を売り上げていたという。

 藤井容疑者は、池袋界隈ではかなりの有名人だったようだ。さる事情通によると、

「他の町では別の名前を使っていて、元ホストの男です。極真空手をやっていて、メールアドレスに『kyokushin』の文字を入れるほどの愛好家。摘発された『Riche』とは別のキャバクラの事実上のオーナーですし、加圧トレーニング店や焼き肉店など手広く手掛けています。なんだかんだで、数は10以上の事業をやっているじゃないかな……」

 逮捕された際は「システム開発会社役員」という肩書だったので、こちらも藤井容疑者の顔のひとつなのだろう。名義を借りた高橋容疑者との関係についてははっきりしないが、キャバクラ経営を公にしたくなくて、名義を借りたのではないかと言われる。

 逮捕が報じられた直後の週末に池袋を訪れたが、藤井容疑者が事実上のオーナーを務めているとされる別のキャバクラ店は、何事もなく営業していた。摘発された『Riche』から100メートルほどしか離れていない店である。


■わざわざ「リレー方式」にする理由


 むしろ今回の一件で注目すべきは、「リレー方式」で逮捕者が出たことである。リレー方式とは、客をバトンよろしく、客引きの人間(キャッチとも呼ぶ)たちの間で回すことを指す。

 道行く客に声をかけた客引きが、次の人間に客を引き渡し、その客引きは最終的に店の人間に客を渡す。最終的な行先は、キャバクラやガールズバー等など、客の求めに応じてさまざまだ。読者の中にも、声をかけられて着いて行ったら次々と別の人間を紹介され、“たらい回し”にされた……という経験をお持ちの方がいるかもしれない。往々にして、こうして行った店はぼったくりのことが多いので、あまり良い思い出ではないかもしれないが。

 報道によると、客引き関連で逮捕された男たちは計6人。今年6月と8月の容疑だ。6人のうち2人は路上で活動していた客引きで、逮捕容疑は都迷惑防止条例違反(客引き行為の禁止)。残る4人は、客引きから連絡を受けた店側(『Riche』ということだろう)のスタッフで、こちらは東京都ぼったくり条例違反(客引き行為を用いた営業の禁止)容疑だ。役割が違うため、容疑も異なるわけだ。

 そもそも、最初の客引きがそのまま店に連れて行けばいいものを、なぜ、わざわざ「リレー方式」にするのか。池袋で客引きとして活動するAさんは、次のように解説する。

「いちばんはやっぱり、警察対策ですよね。今回逮捕されちゃったように、客引きは条例で禁止されています。当然、直接店に連れて行ったら捕まります。でも、路上で声をかけて客を他の人に引き渡すことは、客引き行為には当たりません。店は店で“お客さんを店に案内しただけ”と、俺たちとは関係ないと言い張ってしまえばいい。こういう理由で“リレー”がされるようになったのは、東京都で条例が制定された2000年頃からですかね」

 リレーであれば客引きにあたらないのでは――という客引きたちの言い分は、今後は通用しなくなる可能性が高い。ちなみにAさんに言わせれば「『リレー方式』なんて呼び方は報道で初めて知りましたよ」とのこと。客を繋ぐのは日常的に行っているから、わざわざ呼び方もなかったそうだ。なお、店側の容疑者たちは〈「客引きから紹介されていないことにすれば、取り締まりを受けないと聞いていた」などと供述している〉(11月9日配信「毎日新聞」)というから、Aさんの解説とも一致する。


■助け合い


 現在、池袋で活動する客引きの数は「新宿・歌舞伎町はコロナで閉めてしまったキャバクラが多く、池袋に流れてきた者が結構います。東口と西口、あわせて2〜300人くらいじゃないですか」(同)。「リレー方式」で逮捕者が出たことに彼らは慄く。客の立場からはなかなか知り得ないのだが、客引きはフリーランスの立場の人間が圧倒的に多い。

「お店が雇っている客引きもいますが、自分を含め、基本的に客引きはフリーの人間です。店に客を連れて行けば、客が使った金額のうち良くて20%、基本は15〜10%がバックとして収入になるのです。別の人間にお客さんを繋げば、実入り分は別の客引きと折半、あるいは4:6などで分け合うことになります。なぜそんなことをするかと言えば、“助け合い”なんですよ。

 平日なんて飲みに行く人も少ないから、お客ゼロで仕事が終わる夜も多い。週末にしたって、いまは居酒屋に行くだけで帰っちゃう若い人が多いでしょう。コロナもあって、特にみんな夜のお店には行かなくなりました。そういうとき、自分がボウズ(※一人もお客がかからなかったことを指す)であっても、他から繋いでもらえれば、少しは収入を得られます。だから自分は親しい客引きに客を回しますし、逆もしかりなわけです。ですから、今回、逮捕者が出たことは我々にとって死活問題でもあるわけです」

 店にとっても、お客がこなければ従業員の女の子の時給ばかりが発生し、赤字が膨らむばかり。そんな時に救世主になるのが客引きだ。フリーの客引きと何人付き合いがあるかが、店の売り上げに影響してくる。

 さらにいえば、その点で池袋という街と客引きは相性がいい。新宿や六本木などの街と比べ、往々にして池袋のキャバクラは“ゆるい”。夜の仕事で本気で稼ごうという女の子は少なく、その代わりにノルマを課している店は少ない。腰掛け程度に働いている子が多いのだ。となると、必死にお客に営業をかけるようなこともしないから、店は客引きに頼らざるを得ないというのだ。

 今回話を聞いたAさんは、過去は暴力団に所属していたという。彼のように、普通の仕事に就くことができない元ヤクザ、元ホストが客引きになることは珍しくない。ある意味で客引きは、夜の人々の“セーフティーネット”のような仕事なのかもしれない。

酒井あゆみ(さかい・あゆみ)
福島県生まれ。上京後、18歳で夜の世界に様々な業種を経験。23歳で引退し、作家に。主な著作に『売る男、買う女』『東電OL禁断の25時』など。

週刊新潮WEB取材班編集

2020年11月23日 掲載

関連記事(外部サイト)