秋篠宮さまのご発言「結婚と婚約は違う」の意味とは 「お誕生日会見」で激震

■未公開の「会見」


 13日に公表された秋篠宮家の長女・眞子さまの「お気持ち」は、世間にただならぬ衝撃を与えた。一方、小室圭さんとの結婚への「理解」を求められた秋篠宮さまは、30日のお誕生日に先立ち20日に記者会見。眞子さまの強靭な熱意に白旗を揚げられたというが、一方で意味深なご発言もあり――。

 ***

 令和の皇室を支える皇嗣家が、激しく軋んでいる。眞子さまと小室さんの結婚行事が「2年後に延期」と決まったのは2018年2月。そして“再び延期では”といった大方の予想を裏切り、先ごろ公表された眞子さまの「お気持ち」には穏やかならざる表現がちりばめられていた。曰く、

〈お互いこそが幸せな時も不幸せな時も寄り添い合えるかけがえのない存在〉

〈(結婚は)自分たちの心を大切に守りながら生きていくために必要な選択〉

 そうしたご心情の迸(ほとばし)りが、立皇嗣の礼を終えて名実ともに皇位継承順位1位となられた秋篠宮さまにとって、大きな重圧となるのは言うまでもない。そんな折、

「内容はまだ公表されていませんが、秋篠宮殿下は先ごろ、お誕生日に先立ち、恒例の記者会見に臨まれました」

 とは、宮内庁関係者。それは、眞子さまのお気持ち表明からちょうど1週間が過ぎた20日のことだった。

「宮邸は現在改修中で、昨年に続いて北側に隣接する赤坂東邸で午前10時から行われました。平成時代には、会見なさる秋篠宮さまの傍らに紀子妃が寄り添い、時に記者の質問に交互に応えたり、掛け合いのような形で回答されたりするシーンも見受けられました。皇太子に準じる皇嗣となられた昨年からは、前例を踏まえてお一人で臨まれています」

■設問の変更


 当日は宮内庁の記者会から、五つの問いがなされたという。

「殿下のお手元には、あらかじめ皇嗣職を通じて記者会が作成した質問が渡っています。今回の内訳は、毎年の定番である『この一年を振り返って』『お子様方のご様子』といった設問と、『立皇嗣の礼を終えて』『特殊なコロナ禍の状況でのご活動』という今年の大きな動きに関連したもの、そして眞子さまと小室さんについての計5問でした」(同)

 これをもとに秋篠宮さまがお答えを練られ、当日は読み上げられた質問の後に肉声でご回答なさるという段取りなのだが、

「今回は、眞子さまの『お気持ち』公表を受け、お二人についての質問である3問目を差し替えることになりました。通常、五つの質問は遅くとも3週間前には殿下に届けられ、その後の変更はできないのですが、今回は設問の前提が変わってしまったため、例外的に認められたのです」(同)

 この関係者によると、本来の設問は大略、

〈結婚行事の延期発表から2年が経ちます。殿下はこれまで「何らかの発表はする必要がある」と仰っていました。まもなく延期の期限を迎えますが、どのようにお考えでしょうか〉

 との内容だったといい、これが新たに、

〈13日に眞子さまがお気持ちを公表されました。皇嗣職大夫の説明では、殿下は「お二人のお気持ちを尊重された」とのことでしたが、これはどのような意味合いでしょうか。また殿下はこれまで「多くの人が結婚に納得し、喜んでくれる状況」を作るべきだと仰ってきました。現在は、どのように受け止められていますか〉

 概ね、こうした文面に差し替えられたというのだ。


■「二人の結婚を認めるということです」


 そして、この3問目への秋篠宮さまのご回答に、出席した記者のみならず宮内庁関係者も、「お気持ち」以上の衝撃を受けたのだった。関係者が続ける。

「殿下はまず『お気持ちの尊重』の意味について、ストレートに『二人の結婚を認めるということです』と言い切られました。むろん“結婚容認”を公にされたのは初めてです。そして『二人がそういう意思なのであれば、親として尊重するしかありません』『時期に関しては、これから本人たちが考えるでしょう』とも述べられていたというのです」

 ただし、質問の後半に対しては、以下のような趣旨のご回答をなさったという。

〈私は以前“多くの人が喜んでくれる状況”と述べたわけですが、何をもって多いか少ないかというのは、客観的には難しい。この結婚に批判的な人、喜んでくれる人、そして無関心な人など、さまざまいると思いますが、私としては現在、多くの人が喜んでくれる状況にあるとは認識しておりません〉──。

 ご結婚をお認めになりながらも、二人を取り巻く状況はなお厳しいと指摘なさったわけである。

 秋篠宮家の事情を知る人物が言う。

「殿下は皇室の結納にあたる『納采の儀』には難色を示されながらも、憲法の『婚姻は、両性の合意のみに基いて成立』という条文を尊重され、全面反対の姿勢を打ち出すことはありませんでした。それが今回のご回答でも色濃く表れている印象です。お二人の結婚の意思を否定なさることはすなわち、憲法に反することだと痛感なさっている。いわば板挟みの状態であるといえます」


■「結婚と婚約とは違います」


 会見では、5問のやり取りの終了後も、結婚問題について質問が続いた。

「毎年、5問のご回答が終わった後、記者には『関連質問』が認められています。これは先のお答えを受け、さらに掘り下げた質問を記者がその場で組み立てて発し、秋篠宮さまにアドリブでお答え頂くというもの。この日は関連質問が全部で3問、うち二つが結婚問題に充てられていました」(前出・宮内庁関係者)

 とのことで、

「まず、『殿下は先ほど“多くの人々が納得し、喜んでくれる状況ではない”と仰いました。そうした状況を作るには問題を解決する必要があるとのお考えも、かつて述べられていますが……』といった内容の質問が出たのです」(同)

 これに秋篠宮さまは、現在も同じお考えである旨、答えられたという。そして、

「別の記者が『小室さんのトラブルは解決したとは思えない。一般の人に理解してもらうには、当人が説明する必要があるとお考えですか』と問うたところ、殿下は『説明はすべきです』との認識を示されました。さらに『結婚に至るまでには、さまざまな段階があります』と前置きしながら、結びで『結婚と婚約とは違います』と口にされたのです」(同)

 間を置かずして、会見は終了したという。

 この関係者が続ける。

「最後の部分は実に意味深でした。これまで納采の儀を迎えるために『それ相応の対応』という課題を小室さんに求めてこられた殿下からすれば、課題は依然クリアされていないというご認識。だからこそ、家同士の行事である納采の儀には進めないというお考えは、いまも強いのだと拝察いたします」

「週刊新潮」2020年12月3日号 掲載

関連記事(外部サイト)