立大生殺人事件が容疑者不詳で書類送検 父親が語る“警察不信”と“犯人への感情”

 1996年4月11日、立教大学4年の小林悟さん(当時21)が、JR池袋駅ホームで男と口論になり、暴行を受けて亡くなった。この事件で、警視庁は12月11日、容疑者不詳のまま書類送検した。「捜査を打ち切ってほしい」という遺族の要望をきいた形だが、異例の対応と言える。被害者の父親に、改めて事件について語ってもらった。

 ***

「捜査が終了したので12月8日、警察から息子の遺留品を返してもらいました。洋服が3点と靴、就職ガイダンスの教材、それに切符の計6点でした」

 と語るのは、父親の小林邦三郎さん(75)。

「警察は、事件が起きた時刻を23時10分と言っていました。ところが、切符を見ると、23時32分と刻まれています。20分以上ものズレがあります。これは、初動捜査をないがしろにしたということではないでしょうか」

 今一度、事件当日について聞こう。

「息子は男に胸ぐらを掴まれ、身動きが取れないでいた時、後ろから声をかけられて振り向いたのです。そこへ男が息子の顎に平手打ちを食らわせ、一瞬気を失いました。男は胸ぐらを掴んだ手を突き放したため、息子は仰向けにホームに倒れ込み、後頭部をホームの黄色いブロックに打ち付けました」

■早い措置をしていれば助かった


 昏睡状態となった悟さんは、救急車で近くの池袋病院へ運ばれた。

「深夜に警察から電話がありました。息子さんは大丈夫とは思いますが、念のためお越しくださいと。警察は当初、事件を重く見ていなかったように感じました。病院に着いたのは12日午前3時。息子は鎮痛剤を飲まされ意識はありました」

 ところが1時間後、足が痙攣を起こし始めた。すぐ看護婦を呼んだが、

「この病院では処置できないというのです。他の病院へ転院することになりましたが、病院を探すのに時間がかかってしまい……。新宿の東京女子医大に着いたのは午前7時を回っていました。もっと早くに処置をしていれば、息子は助かったかもしれません。後頭部を打ったのだから、脳の専門医がいる病院に運べば、手術ができたかもしれない。今も息子に申し訳ない気持ちでいっぱいです」

 悟さんは、4日後の4月16日早朝に息を引き取った。

 犯人は、年齢が28〜38歳、身長は178〜180センチほど。肩幅が広くがっちりした体格で、瞼が重く、右目の目尻に穴状の古傷が3つあった。グレーの背広を着たサラリーマン風の男だった。

「平手で息子を失神させたわけですから、相撲かなにか、武道をやっていたのかもしれません。犯行の時の様子は、防犯ビデオに映っているはずですが、警察は確認できなかったと言うばかり。なにか隠しているじゃないか、犯人は大物の息子ではないかとか勘繰りたくなりますね」

 小林さんは、4月29日と5月1、2日の3日間、事件当夜と同じ時間帯に池袋駅の7、8番ホームを中心にビラを配布。情報提供を呼びかけた。

「ビラを配ることを警察に言ったら、最初反対されました。犯人が逃げてしまう。自殺するかもしれない、と言われました。犯人が逃げたら追えばいいわけだし、被害者のことは何も考えてくれないような感じでした。結局、ビラは20万枚、犯人の似顔絵が入ったポスターを大学や商店街に2000枚貼りました」

■犯人とおぼしき人物と遭遇


 実は、事件から2カ月後、小林さんは北千住駅で犯人と似た人物に遭遇している。

「6月の終り頃でした。男は公衆電話で話をして、馬鹿野郎とかうるせえと乱暴な口調だったこともあり、犯人に違いないと確信しました。北千住から常磐線に乗ったので、切符も買わずに尾行すると、柏で降りました。改札を出ると、ビールを買ってまた構内へ戻ってきた。正面から男の顔を見ると、右目の目尻に窪みのような傷跡がありました」

 ところが、小林さんは思わず一瞬ひるんでしまう。男は常磐線の各駅停車に乗り換えたが、雑踏の中で見失ってしまった。

「柏で各駅停車に乗り換えたということは、次の北柏で降りた可能性が高い。そこで早めの夏休みを取って10日間、北柏駅で始発から終電まで、立って張り込みをしました。しかし、成果がありませんでした。あの時取り逃がしたことが悔まれます」

 小林さんは、犯人逮捕のため、96年の年末に懸賞金200万円を出すことに決めた。さらに、悟さんの26歳の誕生日にあたる2000年5月4日に懸賞金を1000万円にひきあげたが、有力な情報は得られなかったという。

「54歳で三井住友銀行を早期退職し、3万5000人の署名を集め、時効や量刑の改善を求める嘆願書を法務大臣に、また、救急車の搬送について、患者の病状を確認して、それに対応できる病院へ搬送するよう厚生労働大臣へ嘆願書を提出しました。結果、殺人罪の時効が撤廃され、救急車の搬送も改善されました」

 当初、犯罪容疑は傷害致死罪だったが、その時効が切れる直前の2003年3月に殺人罪に切り替わった。

「息子を突き倒したことが、殺人と認められたのです。これでやっと溜飲が下がりました。犯人は一生、殺人という罪を背負わなければならないからです」

 毎年、事件のあった4月11日には捜査員が小林家を訪れ、捜査の報告をするのが慣例になっていた。

「昨年の4月11日、池袋署の刑事がお見えになった時、『もう、そろそろ捜査を打ち切りましょう』とお願いしました」

 その要望が、容疑者不詳のままの書類送検につながった。

 最後に、犯人について、今どう思っているか。

「息子が殺され、最初の3年間は毎日涙が止まりませんでした。電車の中で涙を流すこともありました。でも今は、犯人に対して恨みはありません。恨みを捨てないと、前には進めません。人にもやさしくもなれません。心身ともに元気でないと、息子の供養ができないということにも気付きました」

週刊新潮WEB取材班

2020年12月15日 掲載

関連記事(外部サイト)