「大みそかの終夜運転」取りやめは「超異常事態」 いつ始まった? 取りやめはいつ以来?

「大みそかの終夜運転」取りやめは「超異常事態」 いつ始まった? 取りやめはいつ以来?

大晦日の終夜運転取止は異常

■利用者の大多数は初詣客


 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、東京都知事、埼玉・千葉・神奈川の各県知事は2020(令和2)年12月16日、鉄道会社各社に対し、大みそかの晩に列車を夜通し運行する終夜運転を取りやめるよう要請した。長年の慣例もコロナの影響からは逃れられなかったわけだが、ではそもそもこの終夜運転とはどういう歴史があるのか。鉄道ジャーナリストの梅原淳氏が解説する。

 ***

 要請を受け、大みそかに終夜運転を予定していたJR東日本、京成電鉄、京王電鉄、京浜急行電鉄、東京メトロ、東京都交通局(都営地下鉄)、埼玉高速鉄道、多摩都市モノレール、東京臨海高速鉄道、湘南モノレール、江ノ島電鉄の各社は相次いで中止を発表する。

 この動きは全国にも波及し、京阪神圏ではJR西日本、阪急電鉄、大阪メトロ(地下鉄)、能勢電鉄、水間鉄道、岡山地区ではJR西日本、九州地区では西日本鉄道も相前後して計画していた大みそかの終夜運転を取りやめるという。

 誤解のないように言っておきたい点として、大みそかの終夜運転は新型コロナウイルスの感染を拡大させる原因と断定されたのではない。

 利用者の大多数は初詣客であり、著名な神社や寺に多くの参拝者が訪れて密集、密接状態となるのは感染予防の観点からよろしくないと考えられたからである。

 大みそかの終夜運転の規模は毎年少しずつ変化しており、先に名を挙げた鉄道会社以外でもかつては実施されていたという例も多い。

 ともあれ、大みそかの終夜運転の規模が最も大きいJR東日本について言うと、今回のように12月31日の終電後、そして1月1日の始発電車前の時間帯に初詣客を対象とした列車が運転されない年は、1987(昭和62)年4月1日の発足以来初めてだという。

 少なくとも平成の時代には毎年行われていた大みそかの終夜運転は、果たしていつから始まったのであろうか。

■国鉄の終夜運転はいつから?


 鉄道会社の社史などを見ても載っていない。

 新聞の記事で当たってみると、どうやら今から118年前の1902(明治35)年の大みそかから始まったらしい。

 場所は東京で、終夜運転を行ったのは東京電車鉄道という鉄道会社、区間は新橋-上野-浅草間であったという。

 今日の東京メトロ銀座線や都営地下鉄浅草線によって結ばれている区間だ。
 
 東京電車鉄道は道路に線路を敷いて営業を実施していた鉄道会社で、今日の東京都交通局が運行している都電の前身である。

 とはいえ、この年は社名に反して走っていた車両はモーターを動力とする電車ではない。鉄の車輪を装着してレールの上を走行する客車を馬が引く馬車鉄道であったのだ。

 終夜運転はたいそうな規模であったらしい。

 馬は延べ2000頭、馬を操る馬丁や車掌延べ1200人、車両延べ232台で1400台の馬車が通ると1902年12月31付け朝日新聞朝刊の記事に載っていた。

 どういう趣旨の情報かは不明だが、馬は青森県と岩手県との一部にまたがる南部地方産だそうで、要するに頑強で酷使に耐える馬を取りそろえたから、安心して利用してほしいと言いたかったのかもしれない。

 今日のJRの前身となる国有鉄道(国鉄)で大みそかに終夜運転が実施されたのはいつであろうか。

 1921(大正10)年12月29日付けの朝日新聞朝刊によると、この年の大みそかかららしい。

 現在のJR東日本の首都圏の区間で、具体的には山手線、そして今日の京浜東北線のうち桜木町〜上野間、同じく中央線のうち東京〜中野間だ。

 列車がどのくらいの頻度で走っていたのかはよくはわからない。

 新聞を見ると、1905(明治38)年から昭和初期にかけて、東京では毎年10月12日の晩にも終夜運転が行われていたことがわかる。

 1928(昭和3)年の終夜運転では今日の京浜東北線の桜木町-赤羽間で10分おき、山手線・赤羽線・中央線の東京〜荻窪間で13〜15分おきに列車が運行されていたそうだ。

■終夜運転が復活したのは?


 ちなみに、10月12日の晩になぜ終夜運転が実施されていたかというと、日蓮宗を開いた日蓮が入滅した東京都大田区の池上本門寺で例年10月11日から10月13日にかけて会式(えしき)が盛大に執り行われているからだ。

 なかでも万灯練供養(まんどうねりくよう)が営まれる10月12日の晩には30万人以上の人出でにぎわい、東京の鉄道は人々の移動の便を図るため、終夜運転を行っていたのだ。

 今日では終夜運転は行われていないが、近くを走る東急電鉄池上線では列車が増発される。

 昭和に入ってすっかり恒例行事となった大みそかにおける東京の終夜運転も、1941(昭和16)年12月には国有鉄道、地下鉄、都電の前身の市電のすべてで中止となった。

 理由は「都合により」とのことだが、容易に推測できる。

 この年の12月8日に日本はアメリカ、イギリス、オランダに対して宣戦を布告し、太平洋戦争に突入した。

 恐らく、政府は初詣どころではないと鉄道会社各社に対して終夜運転の取りやめを命じたものと思われる。

 大みそかの終夜運転は戦時中、そのまま中止となっていて、復活したのは1946(昭和21)年12月で、市電改め都電で行われた。

 もっとも、都電では1946年3月4日の晩からずっと終夜運転が実施されていて、大みそかだけが例外ではなかったらしい。

 戦後直後の東京は人の行き来が激しかったので都電は24時間体制で運行されていたのかと思いきや、1946年2月28日付けの朝日新聞朝刊の記事には「司令部命令」とある。

 当時日本を占領していた連合国軍の総司令部、つまりGHQが強制的に命じたものであり、深夜の輸送需要が存在したからではない。

 その証拠に記事には「司令部命令」に苦慮する都電の運行管理者の言葉が載っており、輸送動向を踏まえて主要路線だけで実施し、ほかの路線では終電の延長にとどめると語っていた。


■自粛ムード一色の中でも


 都電での連日にわたる終夜運転がいつ取りやめになったのかはわからない。

 サンフランシスコ平和条約の発効により、日本が主権を回復した1952(昭和27)年4月28日ごろではないかと思われる。

 東京を走る国鉄の終夜運転が再開されたのは1952(昭和27)年の年末だ。

 このとき、山手線の原宿駅では外回りの電車用に臨時のホームが開設されている。

 臨時のホームは明治神宮に直結しており、初詣客への便宜を図るとともに、もともと用いられている外回り、内回り共用のホームの混雑を緩和する役割を果たした。

 なお、この臨時ホームは長らく初詣期間中しか開設されていなかったが、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会に備えた原宿駅の改良工事の一環として整備され、2020年3月21日から常に用いられている。

 大みそかの終夜運転は先述の通り太平洋戦争中は中止となっていたものの、関東大震災が起きた1923(大正12)年の年末も、昭和天皇のご容態が悪化して自粛ムード一色の世となった1988(昭和63)年の年末も行われていた。

 それだけに2020年の年末は異常な事態と言える。

 新型コロナウイルス感染症が終息し、来る2021(令和3)年の大みそかには終夜運転が復活することを願いたい。

梅原淳
1965(昭和40)年生まれ。三井銀行(現在の三井住友銀行)、月刊「鉄道ファン」編集部などを経て、2000(平成12)年に鉄道ジャーナリストとしての活動を開始する。著書に『新幹線を運行する技術』(SBクリエイティブ)ほか多数。新聞、テレビ、ラジオなどで鉄道に関する解説、コメントも行い、NHKラジオ第1の「子ども科学電話相談室」では鉄道部門の回答者を務める。

週刊新潮WEB取材班編集

2020年12月31日 掲載

関連記事(外部サイト)