元特殊部隊員に聞く「すごい身体」になる秘訣 ワニ、アシカの動きから学んだこととは

■元海自特殊部隊員が伝える、自衛隊のリアル!(1/3)


 元海自特殊部隊員、伊藤祐靖氏の『邦人奪還〜自衛隊特殊部隊が動くとき』は、北朝鮮にいる拉致被害者を、特別警備隊(海自特殊部隊)が救出するというストーリーとそのリアルな描写が話題だ。暗い海に忍び潜る様や具体的な戦闘シーンなど、その圧倒的なリアリティを裏付けるのが、特別警備隊小隊長時代、そして、退職後にミンダナオ島で培った身体技術だ。その身体はどうやって作られるのか、東工大教授(メディア論)の柳瀬博一氏が伊藤氏に切り込んだ。

(2020年9月25日に「下北沢B&B」で行われたトークイベント「自衛隊特殊部隊が動くとき」より)

 ***

柳瀬博一(以下柳瀬)『邦人奪還』を読むと、特殊部隊の人たちの常人離れした能力にひたすら驚かされます。訓練は何から始めるのでしょう、想像が全くつかないんですが。実は、今日は「本格的な訓練がある」と伺ったのでパタゴニア(アウトドア用品ブランド)で揃えてきたんですが?

伊藤祐靖(以下伊藤)残念ながら雨天のため、今日は肉体訓練は中止です。

柳瀬 そ、そんな……。

伊藤 まず、「立つ」ことですね。言われたので私もこんな格好ですが、まずは基本からです。

柳瀬 え、立つことですか?

伊藤 はい。正しく立つことはすべての基本です。骨盤の真上に頭蓋骨があることを意識して立ちます。骨盤の真上に頭蓋骨がないと、体は必ずどこかに傾きます。例えば前傾していると背骨の周りの筋肉は全部緊張状態になります。

柳瀬 前に引っ張られてしまいますね。

伊藤 そうなると背骨に波を打たすことができなくなります。脊椎動物にとって、背骨に波を打たせることが動きの基本ですから、体の中で一番重たいもの(頭蓋骨)を背骨の上にちゃんと置く意識は欠かせません。正しく立って頭蓋骨の重さを、背骨に全て託して、背骨の周りの筋肉を弛緩させることが初歩中の初歩ですね。

■特殊部隊の基本は「正しく立つ」こと


柳瀬 これは泳ぐ時も陸上で動くときも共通しているんですか。

伊藤 そうです。特殊部隊と聞くと、想像も及ばない訓練をしている印象があるかもしれませんが、基本はシンプルなんです。体をいかに上手に使うかに尽きます。そのためにはまず正しく立つ。正しく立って体をうまく使えば、筋力に過剰に頼る必要もなくなります。 
 
柳瀬 えっ、そうなんですか! 特殊部隊と聞くと、物凄いトレーニングをして筋肉を鍛えているイメージですが。

伊藤 もちろん、筋力は重要です。ただ、我々の場合は海中に潜って、呼吸を止めるなど、特殊な環境下での任務を想定しています。筋肉は重いし、カロリーも消費します。少ない消費量で長く行動するという前提に立つと、実は筋肉は必要以上にはつけたくないんです。多すぎる筋肉は行動の妨げになりかねないので、体の使い方でカバーするという発想に至るわけです。

柳瀬 その体の使い方の基本が、「背骨が波打つ」なんですね。『邦人奪還』の中でも特殊部隊員たちが、フィンを使って真っ暗な海を泳いで島に上陸するシーンがあります。僕も趣味でダイビングをやっているので想像が多少はつきますが、海は波も潮流もあるので、泳ぐのに体力を使いますよね。あれも背骨を波打たせているんでしょうが、特殊部隊は泳ぎに関してはどんな訓練をされているんですか。

■ワニ、アシカの動き方を真似る?


伊藤 動物から学んでいますね。動物が先生です。

柳瀬 えっ、動物から泳ぎを学ぶんですか。

伊藤 動物と人間は背骨を中心として骨格が似ていますから、その動きは参考になります。実は、参考にできる体の動きはないかなと、時々水族館に行っては観察しています。彼らは凄いですよ。例えば、アシカは重量がありますが一蹴りで何メートルも移動しますし、カメは手足が短いのに水中で競争しても人間は到底勝てないほどの動きです。

柳瀬 特に参考になる動物がいるんですか。

伊藤 全ての動物が参考になります。例えば、上陸の動作を学びたいときはワニを見ます。水の中の動きだったら、アシカは手の使い方が抜群に上手ですね。そして、全ての動きに共通するポイントが背骨や手をいかに波打たせるかです。いかに鞭のように使えるか。

柳瀬 確かに、オリンピッククラスの水泳選手はそういう動きをしていますね。背骨と体が一体となって、フィンがないのにフィンがあるように泳ぐ。あれは、一流水泳選手だからだと思っていましたが、誰でも会得できるものなのですか? 運動が得意でなくても、後から習得できる可能性はあるんでしょうか。

伊藤 できますよ。もちろん習得のスピードに違いは出るでしょうけれど、基本的には特殊な技能ではありません。理屈を理解して、あとは数をこなしていけば、できないことはないはずです。

柳瀬 そうなると、我々一般人は体の使い方を意識することが重要なわけですね。骨盤の上に頭蓋骨を置く意識で、正しく立って、水族館に行く。

伊藤 動物を先生として、動きを学ぶと。

■人間が「永遠」に水中にいられる技術


柳瀬 その次に、いざ体を動かす段階に入った時には、動物に学ぶこと以外に何からすればいいんでしょうか。

伊藤 何をしたいかによりますよね。例えば、泳ぎたい、水の中に長くいたい、となると「泳ぐって何だろう」ということを掘り下げて考えればいいわけです。自分の体を水の中に入れると、どこか体の一部が浮いてきますよね。極論ですが、浮いたのが鼻と口であれば、いくらでも浮いていられる、そこで何をするか。

柳瀬 動物は体の先端に口と鼻があると考えると、実際に口と鼻を浮かせて長い時間泳ぐのは簡単ですね。

伊藤 はい。ただ、人間の鼻と口は頭の上にはないので、体の構造上、難しい。ただ、呼吸ができれば、鼻と口がずっと水上に出ている必要はありません。私の感覚だと、仮に1分間水の中にいるとするとそのうちの10分の1の時間だけ、口と鼻を水面上に出せる技術を持っていれば永遠に水中にいられます。つまり、10秒に1秒間だけ、口と鼻を水面上にどうにかして出す技術をもっていれば、ずうっと水中にいられます。これが「泳げる」ということです。そうなると、クロールを速く泳ぐ、バタフライが泳げるということは重要ではなくなるわけです。

柳瀬 そんなこと考えたこともなかったですね……。
 
伊藤 そのためには、リズムを作らなければいけません。例えば、水にペットボトルを沈めると浮いてきます。あれをイメージして、リズムを作ればいいわけです。沈んでは浮いて、沈んでは浮いて。1秒で吸って、残りの9秒間で水の中で吐き出して、また浮かんでくる。

柳瀬 そのリズムをうまく作ることができれば、力をいれずに水中にいられますね。
  
伊藤 はい。重要なのは目的をはっきりとさせて、合理的に考えることです。そうすると、必要な技術が限定されて、やりたいことをできるようになる可能性が高まります。


■海図からわかること


柳瀬 『邦人奪還』での特殊部隊員の動きをいくつか教えていっていただきましょう。本の中では大雨の中、暗闇の海を泳いで敵国に侵入するわけですが、こうしたことを可能にするために、どのような訓練をされているんですか?

伊藤 真似されて溺死されても困るんですが、実は、そんなに難しいことではないんです。これもシンプルな話です。

 暴風雨の最中の海でも普通の海の中でも、水の動きは人間の体の大きさくらいでは変化しません。波と波がぶつかって不規則な動きをする時もありますが、水面が、1秒後にどの高さになるかは、想像がつきます。波にも周期があるので、暴風雨の中にいようとも、海の中であれば想像がついてわかるんです。陸から見ていると、とてつもなく海が荒れているように見えますが、中にいる人にしてみれば、自分と水との関係、浮力は一定ですからそうでもありません。

柳瀬 そうか。うねりに乗っているあいだ、波に上下動はあるけれども、実際は予想外の動きをするわけでもなく、ふりまわされるわけでもないんですね。

伊藤 周りの水が上下しているだけなんですね。もちろん、行きたい方向と潮が逆だったらそれは大変なことになります。海で潮と逆の方向へ泳ぐのは、川ならば上流に向かって泳ぐのと同じ、ヘトヘトになります。

柳瀬 本の中では、冒頭に魚釣島に上陸しますけれど、どこで入水するか、どこに上陸するか、ポイントはだいたい決まっているわけですね。

伊藤 海図をみれば潮の概ねの方向と流速が書いてありますから、ポイントがしぼれます。魚釣島だと、西から東に流れてますから、東から入水することを避ければいいわけです。海図には、とんでもなくたくさんの情報が含まれていますから、じっくりと見ればよいと思います。

柳瀬 それを読み解けるかどうか(笑)。


■孤島に一つだけ持っていく道具は…


柳瀬 実際に伊藤さんは、孤島に上陸して過ごされたことはあるんですか。

伊藤 あります。

柳瀬 上陸されてまず何をするんですか? 全く想像がつきません。

伊藤 まず、水は欲しいですね。地形や気温など環境要因で左右してきますが、入手の方法はいくつかあります。雨水を集める方法もあるし、海水を沸かして蒸留する方法もあります。湧いてくる水を探す、つまり、井戸を掘る方法もあります。井戸と聞くと大がかりに聞こえるかもしれませんが、30センチほど掘れば、土壌によってはたまってくる場合もあります。

柳瀬 なるほど。井戸って思っていたより、簡単に掘れるんですね。無人島に漂着してもやっていけそうな気がしてきました。気がしただけ、ですが(笑)。ちなみに、伊藤さんが、孤島に持っていきたい道具はなんですか。ひとつだけ持っていけるとしたら?

伊藤 刃物は欲しいですね。

柳瀬 本の中でもナイフの描写がありましたね。刃物もいろいろありますが?

伊藤 持っていくならばナタですね。

柳瀬 えっ、ナタですか。

伊藤 ナタです。包丁のような形ではなく、先端がとがった形が望ましいですね。

 ナタが1本あれば、料理をしたり、木を切り落としたり幅広い用途に使えます。刃の場所によって研ぎ方を変えれば、一つのナタで違う目的にも使えるようになるんです。

柳瀬 急に、ナタが格好良く思えてきました。ナタ、いいですね、買っちゃおうかな。ナタは孤島には必須でも、さすがに今日は持ち歩いていませんよね。

伊藤 さすがに、持っていません。


■伊藤さんが常に持ち歩くモノ


柳瀬 ちなみに、伊藤さんが常に持ち歩いているモノってあるんですか。

伊藤 ケミカルライトは持ち歩いていますね。

柳瀬 アイドルのライブやコンサートで使われるペンライトですよね。AKBのコンサートでは使用が禁止されているみたいですが。伊藤さんの用途はもちろんコンサートのためでは、ない。

伊藤 ケミカルライトは火や電池を使わずに発光できるので、災害時や非常時に便利なんです。例えば、「ケガ人がここにいる」と示すための目印になったり、緊急時の合図になったりもします。

柳瀬 ナタに続き、ケミカルライトも欲しくなってきました。伊藤さんのお話を聞いていると、ナタとケミカルライト、すぐにでも買わなければという衝動にかられるのは私だけか。


■特殊部隊が鍛える「5つの能力」


柳瀬 本を読み、伊藤さんと今日お話ししたことで、特殊部隊への認識がかなり変わりました。ハリウッド映画の影響で、特殊部隊の隊員は筋骨隆々になるトレーニングに励んでいるとばかり、これまでは思っていましたから。

伊藤 あれは、皆さんの考える「鍛える」の延長線上の姿をわかりやすく描いているんでしょうね。特殊部隊の求められる能力は文字通り特殊なので、「鍛える」方法もかなり違うんですね。

柳瀬 そうですね。「鍛える」と聞くと腕立てやジョギングを思い浮かべますが、そういうものではないと。

伊藤 はい。特殊部隊では、鍛える能力は5種類あると考えられています。

 一つ目がダッシュ系、二つ目が持久系、三つ目が筋力。ここまでは皆さん、ある程度、想像がつくかと思います。四つ目が、俗に言う「身体能力」です。もう少し具体的にいうと、関節をしっかりコントロールできるかということになります。そして、五つ目が、自分の体重が足の裏にかかっていない状態で自分の体をコントロールする能力です。 

柳瀬 ちょっと、待ってください。自分の体重が足の裏にかかっていない状態ってなんですか。

伊藤 例えばぶら下がっていたり、水の中にいたり、落下している状態ですね。

柳瀬 落下! 日常生活では、なかなか落下しないですね……。

伊藤 落下するかしないかは別にして、通常、生活している上では、自分の体重は足にかかっていますよね。これは、ほとんどのスポーツが当てはまります。ラグビー、サッカー、野球、ボクシング、全てそうです。一方で、水泳や体操の鉄棒は足に体重はかかりませんよね。

柳瀬 なるほど。そういう状態でも自分の体を思い通りに動かせる能力があるかということですか?

伊藤 はい。これは特定のシチュエーションを想定した能力というわけではありません。この五つの能力を持っていれば、それを組み合わせることで、いかなる現場で危機に遭遇しても自分の好きなように体を使いこなせるようになります。

柳瀬 イメージはなんとなく浮かばないでもないんですが……。


■体が「知っている」ということ


伊藤 鉄棒をイメージされるとわかりやすいと思います。遠心力と自分の関節を曲げることによって、作用点が変わって回転速度が変わる――そういったことを体が知っているかということです。体がそれを知ることによって、例えば、走りながら狭い窓から飛び出す時に、自分の体が思い通りに動かせるようになるんです。

柳瀬 走りながら狭い窓から飛び出す……。そんなアクション映画みたいな状況が私に訪れるときが来るか? でも、今からイメトレしておきます。

伊藤 柳瀬さんも鉄棒にぶら下がって、手を曲げた状態と膝を曲げた状態をくらべていただければわかりますよ。ぶらさがって、なるべく遠くまで飛んでみようと試行錯誤を重ねてみるといろんなものが見えてくるはずです。

柳瀬 伊藤さんに言われると、本当にこれまでと違う景色が見えてきそうですね。ちょっとこの歳になって恥ずかしいんですが、近所の公園に子供と行って子供の面倒を見るふりをして、40年ぶりに鉄棒にぶら下がってみようかな。

伊藤 まずは自分の身体で試してみることです。

柳瀬 はい、明日から特殊部隊訓練に入ります。とりあえず近所の公園で(笑)。

2021年1月1日 掲載

関連記事(外部サイト)