「運命の人」だから妻子を捨てて再婚したのに… アラフィフ男がW不倫の末に見た現実

 不倫関係に陥ったとき、かつては女性が「結婚してから本当に好きな人に出会い、恋をしてしまったんです」と言っていたものだが、今は違う。男性が「運命の人に出会ってしまった」と言うのである。

 10年ほど前だろうか、40代から50代にかけての男性たちがやけに「恋をしたい」と言うようになっていると感じたことがある。その年齢の男性が「恋」という言葉を口にするんだと少し驚いたのだが、さまざまな職業、さまざまな環境の男性たちから同じような時期に聞いたので男たちが「恋」を語れる雰囲気が世の中に出てきたのかもしれない。

 コウヘイさん(仮名=以下同・52歳)も、「運命の人に出会ってしまった」のだという。5年前のことだ。当時、19年連れ添った妻との間に大学に入ったばかりのひとり息子がいた。

「実はデキ婚だったんですよ。たった1回で妊娠し、彼女に迫られて結婚しました。僕は当時、まだ結婚するつもりはなかったけど、子どもができたと言われれば逃げるわけにはいかない。妻となった女性との関係も、交際していたといえるようなものではなかった。婚姻届を出すときに初めて、4歳年上だったと知りました」

 それでも結婚してしまえば、夫婦としての日常が回ってしまうのだから興味深い。昔の見合いは顔さえ合わさず結婚したというのも頷ける。「生活のため」の結婚なら、それでもいいのかもしれない。

「いろいろありましたけど、子どもが生まれてから何とか夫婦の形も整っていきました。彼女は、自分で思っていた以上に仕事が好きだったようです。出産後はふたりで協力しながら家事育児をこなしました。僕のほうは、イマイチ出世街道から外れてしまいましたが、彼女は見事に出世していったようです。同期でいちばんの出世頭、ママでも出世できると彼女の会社では評判になったとか」

 残業続きの妻に代わって、定時で帰って子どもと夕飯をとるのはコウヘイさんの役目となった。彼はそれも楽しかったという。

 ところが人生は何が起こるかわからない。彼はある日突然、上司に呼ばれて会社の中枢である営業部への異動を言い渡された。45歳のときだ。同じ時期、妻は会社の派閥人事に巻き込まれて出世街道から外れる。

「のんびり働いていられればいいやと思っていた僕が、怒濤の仕事三昧生活になりました。妻はそんな僕に異常なまでの嫉妬をしていたようです。同じ会社でもないのに。自分の仕事のこともあるとは思うけど、彼女はいつも不機嫌だったから疲れて帰宅するのは気が重かった」

 徐々に夫婦間に溝ができていく。それを埋める時間もないほどコウヘイさんは忙しかった。そして妻は埋める気などさらさらないように見えた。たまに早く帰宅しても、コウヘイさんの食事はない。早く帰ると連絡をしているのに、だ。せめて温かいご飯でもあればと呟いたら、翌日、電子レンジでチンするご飯がぽつんとテーブルの上に置かれていた。

 4年がんばって、ようやく営業にも慣れてきたころ、コウヘイさんを助けてよく働いてくれたミカさんという女性が会社を辞めるかもしれないと言い出した。彼女に辞められたら仕事が回らなくなる。コウヘイさんは彼女を夕食に誘い出した。

「彼女は当時、40代半ば。既婚者で高校生の息子がひとりいましたが、夫の親の介護をしなければならない、と。仕事を辞めたくないと涙ぐんでいました。なんとか夫婦でよく話し合って、あなたが辞めなくてすむようにしてほしい、僕も会社もそれを望んでいるからと説得しました」


■「あと1年待って欲しい」


 半年ほどかかったが、結局、夫の父はグループホームへ、まだ元気な義母はミカさん一家が引き取ることになった。義母はむしろ「夕飯の支度は私に任せなさい」と急に活気づいたそうだ。その半年の間、コウヘイさんはそれまで以上にミカさんの私生活を覗き見てしまい、彼女の夫が妻の仕事をまったく理解していないことに苛立ったりもした。

「僕が文句を言ってやる、ダンナに会わせろと言って彼女を困らせたこともあります。知らず知らずのうちに僕にとって彼女は、仕事だけでなく、近くにいてもらいたい存在になっていた。それに気づいたとき、妻ではなく、彼女こそ僕の運命の人なのではないかと真剣に考えたんです」

 ふたりとも結婚しているのに告白などできるはずもない。だがコウヘイさんは日に日に苦しくなっていく。仕事でミスなどできないときなのに、ミカさんのことばかり考えてしまう。自分が告白することで彼女を苦しめたくはない。それなのに言わずにいられない。

「彼女の家庭の問題が一件落着したあとも、ときどきふたりで食事をすることはありました。彼女、少しくらい遅くなっても大丈夫だったし。それでふたりとも気が緩んだのかもしれない。あるときふたりでべろべろになってしまったんですよ」

 ホテルの前を通りかかり、「入っちゃおうか」「入っちゃおう」という若者のようなノリで本当に入ってしまった。そして深夜に目覚めてから、ふたりはゆっくりと愛し合った。コウヘイさんは、「前から本当に大事な人だと思っていた。好きという言葉では気持ちを伝えきれない」と告げた。言いながら涙が出そうになったという。

 ミカさんも「うれしい」と泣いた。

「もうじき50歳になるおっさんが何を言ってるんだと自分でも思っていました。だけど彼女を思う気持ちは止められなかった。彼女もはっきりと『夫と別れたい』と。そこからふたりでどうしたら一緒になれるのかを話し合う時間が多くなりました。彼女はあと1年待ってほしい、そうしたら息子が高校を卒業するからと」

■晴れて一緒になるも…


 彼女の気持ちがわかったので、彼はとにかく必死に仕事をした。仕事で評価を得られれば、あとで私生活がバレたときも誰かが助けてくれるのではないかと考えたからだ。実際、彼の仕事ぶりは会社に高く評価された。

「そのころ再度、妻の立場が会社内で復活したみたいなんですよ。息子ももう成人していたし、僕が離婚を切り出したら妻はあっさり承諾しました。どうやら、つきあっていた男がいたようです。彼女のほうは揉めましたが、最終的には義母が味方してくれた、と。夫のモラハラは母親から見てもひどかったようです」

 今から1年数ヶ月前、ふたりは晴れて一緒になった。彼女は部署を異動になったが、懲罰的な意味合いではなかったようだ。ふたりとも密かに離婚してはいたものの、きちんと再婚したことで社内で噂にはなっても非難はされなかったという。

「ただ、楽しかったのは再婚して何ヶ月かでしたね。僕は彼女が自立している女性だと思い込んでいたんですが、実はかなり息子に依存していたんですね。そして彼女の義母は彼女に依存していた。僕が忙しかったので、彼女は前夫がいないときを見計らって、義母と息子がいる元の家に入り浸っていたんです」

 コウヘイさんもなるべく時間を作って彼女と一緒にいるように心がけたのだが、恋愛しているときとは違って結婚後は彼女の快活さが失われていった。再婚したことを後悔しているのかと尋ねると、「後悔はしていないけど息子が恋しい」と彼女は泣いたという。

「ところが息子のほうはわりとあっさりしていて、食事に誘ったら来てくれてふたりで会ったんです。『アルバイトをしてお金を貯めているんです。貯まったら少し世界を見たいと思っている』と言っていました。しっかりした子でしたね。ミカにそう言ったら、『あの子はまだ子どもよ』って。母と息子の感覚は違う。彼女が再婚したから息子は解放されたのかもしれない。そうなると僕の存在価値はどこにあるんだと考え込んでしまったんです」

 再婚したものの、妻は息子のことばかり考えている。大人の男女としていい夫婦になりたかったコウヘイさんと、別の男性を夫にしたかっただけで心は息子に占められている妻。そんな図式が見えてしまった。

「僕は現在、コロナの緊急事態宣言以前と同様に出社しています。彼女は今も週に1、2度の出社です。毎日、つまらないらしくて、息子を呼んでいいかというのでいいよと言ったのですが、息子に断られたようです。在宅といっても仕事をしなければいけないんですが、仕事への熱意もなくしたみたい。なんのために離婚して再婚したのか、急に魅力が失せた彼女にがっかりしています」

 恋だったから燃えたのかもしれない。結婚はまた「日常生活」の繰り返しなのだから。どんなに運命の人だと情熱をもっても、一緒になれば日常生活に埋没していってしまうものなのではないだろうか。

亀山早苗(かめやま・さなえ)
フリーライター。男女関係、特に不倫について20年以上取材を続け、『不倫の恋で苦しむ男たち』『夫の不倫で苦しむ妻たち』『人はなぜ不倫をするのか』『復讐手帖─愛が狂気に変わるとき─』など著書多数。

週刊新潮WEB取材班編集

2021年1月6日 掲載

関連記事(外部サイト)