事件現場清掃人は見た 完璧な準備の末、妹に母親との無理心中をハガキで知らせた姉

 誰にも看取られずに亡くなる“孤独死”は、年間3万2000人にも上るという。遺体は痛み、その影響で悲惨な状態になった部屋を原状回復させるのは、一般に特殊清掃人と呼ばれる人たちだ。ベテランの特殊清掃人が、介護疲れで無理心中した悲惨な母娘のケースを回想する。

 ***

 高江洲(たかえす)敦氏は、2002年から特殊清掃の仕事を始め、2010年に『事件現場清掃人が行く』(飛鳥新社)を出版、メディアで話題になった。昨年11月にも『事件現場清掃人 死と生を看取る者』(飛鳥新社)を出版した業界のベテランだ。

「今回お話するケースの依頼人は、亡くなった女性の妹でした」

 と語るのは、高江洲氏。

「彼女に、姉からハガキが届いたのです。そこには、『このハガキが届く頃は、私と母はこの世に居ないでしょう』と書いてありました」

 驚いた妹は、急いで姉に電話。応答がなかったので、警察官と一緒に、東京郊外にある3DKのマンションに向かった。

■母娘が並んで首を吊って


「母親と姉が亡くなっているのを発見しました。ぶら下り健康器に、母娘が並んで首を吊っていたのです。ハガキを出してすぐに自殺したようで、死後2日ほど経っていたそうです」

 なぜ、心中をしなければならなかったのか。

「母親は80代で、身体の自由がきかず、認知症も進んでいました。50代の姉は、母親を介護するため、数年前に仕事を辞めて、一緒に暮らしていたそうです」

 娘は母親を一人で介護していたが、身心ともに疲れ果て、心中を図ったという。

「母親が認知症だったこともあり、母娘でケンカが絶えなかったそうです。時には姉が母親を罵倒することもあったといいます」

 行政から介護認定などは受けず、姉が1人で母親の世話をしていたという。

「マンションは分譲ですから家賃はかかりません。ただ、遺品を整理していると、母親の年金以外、ほとんど収入がなかったことがわかりました。かなり苦しい生活だったようです」


■ブルーシートを敷いて


 高江洲氏を驚かせたのは、心中するにあたって、姉が完璧と言えるほど準備を整えていたことだという。

「妹に送ったハガキには、葬儀会社や清掃会社の見積もりを机の上に置いてある旨が書かれていました。姉はあらかじめ、複数の葬儀会社に見積もりを出させ、一番安い葬儀社に決めていました。さらに彼女は、私の会社にも電話をし、清掃や遺品処分の見積もりを出させていました。そこで私のところへ妹から連絡があったというわけです」

 さらに、

「首を吊ったぶら下り健康器の下は、床が汚れないようにブルーシートが敷いてありました。部屋もきちんと整頓され、そのおかげで、現場は特別な清掃が必要ないほど綺麗でした」
 
 母と姉を失った妹は、自分が2人を死なせてしまったと責任を感じていたという。

「妹さんも仕事で忙しく、離れたところで暮らしていたので、介護を手伝うのは難しかった。私は『お姉さんはあなたのことを恨んでいるとは思えません』と言うことだけしかできませんでした」

 遺品の中からは、母親の日記が見つかったという。

「卓上カレンダーの裏に、母親が綴った日記らしきものがあったのです」

 そこにはこんな記述があった。

《本当は〇〇(娘さんの名前)と仲良くしたいのに、なぜこの頃いつもケンカばかりしている》

《いつも迷惑ばかりかけていて、申し訳ない。こんな自分が情けない》

 日記は、最初はしっかりとした文章だったが、次第に間が空くようになり、意味も不明な記述もあったという。

「母親が、自分の娘から死のうと言われたときは、どんな気持ちだったのでしょうか。現場での仕事は手がかかりませんでしたが、私の心にはずしりと重いものがいつまでも残りました」

週刊新潮WEB取材班

2021年1月7日 掲載

関連記事(外部サイト)