海千山千のシングルマザーから逃れられない48歳男性 すでに狂い始めたエリート人生

■シングルマザーの彼女にどんどん引きずられて


 男性はよく、妙なところで義侠心を発揮する。「ここでそういうことをしたら、あの海千山千の女に取り込まれるだけ」と思うような場面でだ。周りの女性たちのハラハラをよそに、彼は結局、どっぷりと「取り込まれて」いく。そして女性たちは思うのだ。「あ〜あ、やっぱり」と。

「シングルマザーの女性とわりない仲になって、二進も三進もいかなくなっている男友だちがいる」と女友だちから聞かされ、その人・コウジさん(仮名=以下同・48歳)に会わせてもらった。中肉中背、どこにでもいるサラリーマンの彼だが、女友だちによれば有名企業に勤めるエリートなのだという。

 ふたりで会って雑談から仕事の話になると、その闊達で論理的な話し方から、仕事ができる人なんだろうなと思わされた。

 そんなコウジさんが結婚したのは、37歳のとき。

「仕事と当時はまっていたフットサルに夢中になっていて、気づいたら35歳を過ぎていました。僕はイケメンでもないしモテないから焦ったけど、あちこち声をかけていたら、たまたま友だちが5歳年下の女性を紹介してくれて。穏やかでいい人だったので、このチャンスを逃したらもう結婚できないと思って3ヶ月くらい付き合って決めました」

 ごく普通の結婚生活が始まり、1年後の出産を契機に妻は仕事を辞めた。妻は迷っていたが、双子だったため、「どうしてもキャリアを積みたいわけでないなら、いったん子育てに集中してもらえないだろうか」とコウジさんが頼んだのだ。もちろん、彼も極力、仕事をセーブして子育てをした。

「楽しかったですよ。こんなに毎日、成長がわかる生きものがいるなんて(笑)。かわいい娘ふたりと接していた時期は、人生でいちばん楽しかったかもしれない」

 妻は変わらず穏やかだ。娘たちが幼稚園に上がるころには料理教室に通い始め、もともとおいしかった食事にも磨きがかかった。

「これを幸せっていうんだろうなと実感していました。平日はめいっぱい働いて、週末は休んで家族と過ごす。それが何よりの楽しみになりました」

 幸い収入も悪くない。40歳のとき、彼はマイホームを手に入れた。


■同僚につきあわされたスナックで…


 何も不満がないというのは、人間にとっていいことなのだろうか。もちろんコウジさんにも、仕事上の悩みはあった。だが、それは同僚や上司に相談すれば解決していく。そして、さらに新たな道を切り開けば、周りがさらに認めてくれる。だから結局、不満はないのだ。

「妻と小さな諍いのようなものはありましたけど、そんなものはどこの家庭にもありますよね。もともと彼女とは価値観が合わないのはわかっていました。だけど価値観が合うなんてこともあり得ない。妻はきちんとした人。それだけで尊敬に値すると思っていたから、まったく不満のない結婚だったんです」

 恋愛感情から結婚したわけではない。家庭を一緒に構築していくために最適な人と出会えたのだ、と彼は言う。妻とは常に対等、お互いに上でも下でもない。

 そんな彼が1年半前に「出会ってしまった」のは、シングルマザーのヤヨイさん(32歳)だ。珍しく同僚につきあわされたスナックで、彼は客として来ていたヤヨイさんを見かけた。サラリーマン風の男とベタベタしながらカラオケで歌っていた彼女を見て、同僚は「また来てるな」とつぶやいた。

「彼女、シングルマザーなんだよと同僚が言うんです。そのあたりのスナックに来ては男とべったりして、なんとなく小遣いをもらったりしているらしい。昼間はアルバイトをしていると同僚は言っていましたが、僕はなんだか彼女のことが気になって……」

 しばらくしてコウジさんは彼女に話しかけてみた。

「5歳の子どもを寝かしつけてから遊びに来たというので、僕、つい怒ってしまったんですよ。小さな子をひとり残して何かあったらどうするんだって。すると彼女は驚いたような顔をして『お父さんみたい』と。お父さんはどうしているのか尋ねたら、顔も知らないと。彼女自身もシングルマザーの母親に育てられたそうです」

 その日、同僚は家から電話がかかってきて先に帰った。ヤヨイさんは、妊娠したとたんに逃げた男の愚痴を言いながら、ぐいぐい呑む。コウジさんは彼女を放って帰れなくなってしまった。

「店のマスターは、放っておけば1人で帰るよと言ったけど、そんなわけにもいかない。店から連れ出して家はどこか尋ねました。そこは繁華街だったんですが、裏のほうの路地裏のアパートで……。一間の部屋に子どもが寝ていました。彼女を子どもの横に寝かせて帰ろうとしたら、すごい力で首に手を巻きつけてきたんです」

 彼女は酔ってなどいなかったのではないか。彼を狙っていたのではないだろうか。だが彼は、彼女は泣いていたと言う。

「なんだか、たまらなくかわいそうになってしまって。と同時に、僕の人生で感じたことのないような欲望を覚えたんです」

 彼はそんな自分を恥じるように言った。男と女、何があっても不思議はない。そして彼は彼女と関係をもった。自分を律することができなかったのだ。

「子どもは起きないと彼女は言ったけど、やはり気にはなりました。でもそれすら、そのときの僕には大きな刺激で。本当に恥ずかしいことですが」

 暗闇の中、無言でふたりはつながった。自分たちの欲望の激しさに彼自身がとまどっていたという。理性で生きてきた彼が、初めて欲望の渦に巻き込まれた時間だったのだろう。

■ハタと目が覚めたが…


 それ以来、コウジさんはときどき彼女と会った。愛情なのか同情なのか、あるいは欲望にとらわれているのか自分でもわからなかったが、会わずにはいられなかった。

「建設的な話ができるわけでもないし、彼女のどこかだらしない感じが嫌でした。だけど引きずられるように会ってしまう。子どもが保育園に行っていて、彼女のバイトが休みのときに家に行ったこともあります。散らかっていたので片づけたら、『ごめんね。ちゃんと片づけるようにする』と言う。そういうときのヤヨイは本当にかわいいんです。だけど次に行くとまた散らかっている。ああ、自分がいないとヤヨイはきちんと生きていけないんだと思うようになっていったんです」

 頼られる心地よさ、自分でなければ彼女をきちんとさせられないだろう、自分がいないと彼女はダメになる。そんなふうに感じて、コウジさんはヤヨイさんに溺れていく。

「直接、お金をあげることもありましたが、一緒にスーパーに行って買い物をするほうが多かったですね。炊飯器を買ったこともあります。とにかく子どものためにも食生活をきちんとしてほしくて、料理を作ったりもしました」

 そんなとき彼女は涙を見せた。ちゃんと育ってこなかったから、ごめんねという言葉とともに。気づけば月に3万、5万と使っていた。彼が月に自由になるお金は5万に満たない。そのすべてをつぎ込んでいたが、彼女は控えめな言い方ながら、さまざまなものをねだるようになる。

「冷蔵庫が壊れたとか掃除機がないとか。半年ほどたったとき、アパートから立ち退くよう連絡があった、と。シングルで定職もない彼女だから、僕の名義で次のアパートを契約しました。一応、内縁関係ということにして」

 そこまでして大丈夫なのだろうかとは考えなかった。彼女を救いたかったのだというが、実際には彼女の魅力に取り憑かれていたのだろう。ヤヨイさんの息子は、いつしか彼を「パパ」と呼ぶようになっていた。それなのに彼には何の危機感もなかったようだ。

 つきあって1年足らずで、彼はついに社内預金に手をつけた。その直後、世界はコロナに見まわれたが、彼の生活は特に変わらなかった。

「妻は怖がっていましたね。僕はほぼ毎日出社だったので、ウイルスを持ち帰るのではないかと。気をつけるけど、たまに会社で寝泊まりするよと言って彼女の部屋に泊まることもありました。僕、なぜか罪悪感がなかったんですよね。家庭が大事なのは変わってなかったし、家庭とヤヨイは比べる対象にならなかったのかもしれない」

 だがこの秋、妻から「子どもたちが私立中学を受けたいと言っている」と相談された。そんなつもりはなかったのだが、塾に行かせていたら成績がいいので中学受験を勧められ、本人たちもその気になっているというのだ。

「なんだかハタと現実に舞い戻ったんですよね。子どもたちの教育費にと思っていた貯金に手をつけてしまったことも、とんでもないことをしたと気づいた」

 考えてみたらヤヨイさんにまっとうな生活をさせようと思っていたのに、彼女はほとんど変わっていない。アパートの家賃はコウジさんの口座から引かれているのだ。

「ヤヨイとちゃんと話さなければと思ったけど、顔を見ると何も言えなくなってしまう。しなだれかかられると今も僕の中に強い欲望があって……」

 どうしたらいいかわからない。別れたほうがいいのはわかっているのに、そして現実に目覚めたのに、それでもヤヨイさんから逃れられない気がすると彼は言う。このままいけば家庭は破滅するかもしれない。すでに妻の様子が少しおかしい。気づいているのかもしれない。

 そう思いながらも、彼は今も週に1度はヤヨイさんの部屋に泊まっている。彼の人生が狂い始めている。早く行動を起こさなければ、なにもかも失ってしまうかもしれないのだ。

亀山早苗(かめやま・さなえ)
フリーライター。男女関係、特に不倫について20年以上取材を続け、『不倫の恋で苦しむ男たち』『夫の不倫で苦しむ妻たち』『人はなぜ不倫をするのか』『復讐手帖─愛が狂気に変わるとき─』など著書多数。

週刊新潮WEB取材班編集

2021年1月14日 掲載

関連記事(外部サイト)