不倫の加害者にはなりたくない… 会社の部下に恋する49歳男性の苦悩

不倫の加害者にはなりたくない… 会社の部下に恋する49歳男性の苦悩

妻といても彼女といても献身は報われない。それでもイサオさんは、求められれば会いに行く(写真はイメージ)

■好きな女性と一緒にいられるだけで幸せなのに


 何を持って「不倫」と規定するかは個人差がある。夫に敷く「ここからが不倫」というラインを既婚女性に聞いてみると興味深い。「ふたりきりでランチはいいけどディナーはダメ」とか、「仕事の流れでたまたま食事をするならしかたがないが、示し合わせてランチに行くのはNG」とか。だいたい女性のほうが相手に対してのラインが厳しい。

 自分の事となると「ふたりでお酒はOK」「挨拶のキスくらいなら不倫には入らない」という女性もいる。中には「ホテルへ行っても行為がない限り不倫とはいわない」と断言する女性もいて、それも一理あるかと考えさせられる。

 一方、男性には、己に敷く「ここからが不倫」というラインがあるのだろうか。

「僕はやはり行為をしたら不倫だと思っています」

 そう言うのはイサオさん(仮名=以下同・49歳)だ。結婚して18年、16歳になるひとり息子がいる。1歳年下の妻は、この息子に全精力をかけて育てていると、少し皮肉交じりに話す。

「小さい頃から過保護でしたね。過保護で過干渉だから、何度も僕とケンカになりました。もっと自由にさせたほうがいいというと、金切り声で『そんなことじゃ、あの子がダメになる』と言いつのる。小学校に入るとすぐ中学受験を意識し始めたようで、息子はよく泣きながら勉強させられていました。『辛かったらしなくていいんだぞ』とこっそり声をかけたこともあります。でも5年生くらいになると『お母さんが悲しむから、中学に合格できるようがんばるよ』と。健気ですよね、子どもって」

 妻の熱心な応援により、息子は中高一貫教育の名門校に合格。その発表直後、妻は息子を前に言った。

「これからは東大目指してがんばらないとね」

 イサオさんはそれを聞いて愕然としたという。

「息子がかわいそうになって『今言うことじゃないだろ』と思わず言ってしまいました。すると妻は『今だから言うのよ、ここで気を抜いたら負けるの。あなたみたいになるの』って。ああ、妻はそう思っていたんだと本音を聞いた気がしました」


■不倫に悩んでいた妻と結婚


 そもそもイサオさんが結婚したのは、長年の友人だった妻が不倫に悩んでいたからだ。妻子ある10歳年上の男性とつきあっていた妻は、いつか彼が離婚してくれると信じて5年もつきあっていたのだという。

「『騙されているに決まってる。オレと結婚しよう』と口説いたんです。彼女が別れを告げたとき、相手の男は『もうじき離婚できるのに』と言ったそうです。それでいったん妻は僕との結婚をやめると言いだした。『わかった。半年待つ。彼にも半年の間に進展がなかったら別れると言ってほしい』と彼女に告げました。半年後、彼女は『やっぱり彼には離婚するつもりがない』と泣いていた。それで僕と結婚したんです。確かに僕はエリートではないけど、妻のことを真剣に愛してきたつもり。だけど彼女にとっては、結婚してみたら頼りにならない、出世もしない男だとがっかりしたのかもしれませんね」

 妻がつきあっていた既婚男性は東大出のエリートだった。だからこそ彼女は東大にこだわり、息子にすべての期待をかけたのかもしれない。

 中学に進学した息子に、イサオさんは「好きなことをやれ」と言った。スポーツでもゲームでもいい。好きなことを見つけてほしい。それがイサオさんの願いだった。

「実は僕には趣味と言える趣味がないんですよ。昔、野球をやっていたから野球は好きだけど熱中して見ているわけでもない。だから息子には、『これさえやっていれば楽しい』と思えるものを持っていてほしかった。それを仕事にしなくていいんです。好きなものがあれば絶望したときでも、なんとか這い上がれると思うから」

 当時、妻の態度に絶望していたイサオさんは、自分を救うものはないと気づいたのだという。だからこそ、息子には何があっても「これがあればいい」と思えるものを見つけてほしかった。

「中学で息子はバレーボールを始めました。でも妻は『サッカーとかラグビーにすればいいのに』と。子どもの意志を尊重しない姿勢を危惧し、話し合おうとしましたけど『あなたに言われたくない。私はひとりで息子を育ててきたんだから』と。息子が小さいとき、僕は仕事が忙しくて確かにきちんと面倒を見てはこなかった。その負い目につけ込んで、妻は僕に口出しさせなかった」

 イサオさんの言い方に恨みがこもっているわけではない。妻の悪口でもない。淡々と,少し哀しげに彼は語り続けた。今まで誰にも話したことのない、妻とのたくさんの亀裂を、傷口を触るかのようにそっと話しているという印象だった。


■あと10年若かったから…


 彼はエリートではないかもしれないが、職場では非常に人望があり、仕事はできると、彼を紹介してくれた知り合いは言う。5年ほど前、彼は社内のあるプロジェクトのリーダーに選ばれた。それは彼にとって「肩書きが嬉しかったわけではなく、今までの自分を見てくれている人がいたという意味で嬉しかった」という。

 そのときイサオさんのサポート役となったのが、社内の期待の星と言われていたエリカさん(33歳)だった。

「当時、彼女はまだ20代。勉強熱心で視野が広い、若いのに人脈もある。男女関係なく、立派な若者。足りないのは経験だけ。だから僕は彼女を始め、若手の意見をどんどん取り入れていきました。僕のやることは調整だけにしました」

 それが功を奏したのか、2年がかりのプロジェクトは大成功となった。チームは社長賞を受賞した。

「プロジェクトが進んでいるころから、僕とエリカさんはよく食事に行ったり飲みに行ったりしていました。他の社員がいることももちろん多かったけど、ふたりきりということもあった。仕事の話ばかりしていましたよ。だけどそんな中にもプライベートな状況が見えてくることもある。彼女は当時、つきあっている同世代の彼がいたんですが、仕事が佳境に入ったころ別れたそうです。『彼といるより仕事のほうが楽しくなっちゃって』と言っていましたが、涙ぐんでいました。5年もつきあっていたらしいので、どちらから別れると言ったかは知りませんが、やはり辛かったんでしょう」

 あと10年若かったら「オレが」と思ったかもしれないとイサオさんは苦笑する。いつしか彼は彼女に惹かれていたのだ。「男として、はっきり彼女に恋心をもっていると自覚していた」そうだ。ところが彼は何の行動も起こさなかった。

「好きだからとアプローチするわけにはいきませんよ。妻帯者ですから。プロジェクト終了後も、彼女はなにかと僕を頼ってくれて相談に乗ったりしています。月に数回は会ってるかなあ。ただ、彼女は明らかに僕から仕事の進め方や社内根回しの方法を盗みたいと思っているだけ。もちろん、好意をもっている上司ではあるんでしょうけど、それ以上の関係は望んでいない。それがわかるから、僕としては“いい上司”を貫くしかない。下心を隠し続けて」

 人間関係がうまくいかないと荒れた彼女が酔っ払い、ひとり暮らしの自宅まで送り届けたこともある。水を飲ませてベッドに寝かせたとき、彼女のしなやかな腕が彼の首に絡みつき、自身を抑えきれなくなりそうになった。だが彼はそうっと彼女の腕をふりほどき、メモを残し、外から鍵をかけてその鍵を新聞受けに落として帰った。

「ここ4年間で2度くらい、そんなことがありました。今日はひとりの部屋に帰りたくないと言われたこともある。そういうときはバーやカラオケで朝までつきあいましたよ。それでもキスひとつしていません。僕だって一応、まだ男なので(笑)、本当はつらいんですけどね。でも何かあったら、きっと彼女はあとで後悔する。人生の汚点になる。だから僕はあくまでも兄か父親の立場で接しているんです」

 それは妻を見ていたせいかもしれないと彼は言う。既婚男性とつきあってぼろぼろになりかけていた妻のイメージが、エリカさんと重なるのだ。自分はそういう男になってはいけないと彼は肝に銘じている。だがそうやって「救い出した」妻から尊重されていないと感じるとき、彼はひどく落ち込んでいく。それでも「加害者」にはなりたくない一心なのだ。

「それでももし、僕がエリカさんと会っていることを知ったら,妻は怒るでしょうね。僕は不倫関係ではないと断言できるけど、妻からみたら若い女性とふたりきりで朝までカラオケにいるというだけで腹が立つかもしれない」

 妻といても彼女といても、彼の献身は報われない。それどころかあらぬ疑いをかけられる怖れもある。それでも彼はエリカさんに求められれば会いに行く。

「正直言えば、彼女のことが好きなんです。その下心をなんとか昇華して、部下思いの上司として役割をまっとうしたい、そうやって自分をごまかすしかないんです。彼女の笑顔を見ているだけで幸せなのは本音。それ以上の関係になりたいのも本音。でもならない。そこにある種の快感を覚えるしかないんです」

 男の美学ってやつですね。そう言うとイサオさんは、なんとも寂しそうな笑みを浮かべた。

亀山早苗(かめやま・さなえ)
フリーライター。男女関係、特に不倫について20年以上取材を続け、『不倫の恋で苦しむ男たち』『夫の不倫で苦しむ妻たち』『人はなぜ不倫をするのか』『復讐手帖─愛が狂気に変わるとき─』など著書多数。

デイリー新潮取材班編集

2021年2月17日 掲載

関連記事(外部サイト)