事件現場清掃人は見た 息子が自殺、咽頭がんで余命宣告された独居老人の悲劇

 自殺や孤独死などで遺体が長期間放置された部屋は、目を覆いたくなるような悲惨な状態になる。それを原状回復させるのが、特殊清掃人と呼ばれる人たちだ。2002年からこの仕事に従事し、昨年『事件現場清掃人 死と生を看取る者』(飛鳥新社)を上梓した高江洲(たかえす)敦氏に、今も忘れられない80代独居老人からの依頼について聞いた。

 ***

 高江洲氏は、全国各地から仕事の依頼が来るため、各地のリフォーム会社とパートナー契約を結んでいる。

「私の携帯電話に、清掃を依頼するメールがありました。愛知県の公団住宅で、50歳代の男性が首吊り自殺をして、3日ほど経ってから発見されたと書いてありました」

 とは、高江洲氏。

 メールを見た後、すぐに依頼主に電話をした。


■ダース・ベイダー


「携帯から聞こえてきたのは、ロボットのような異様な声でした。『ワタシ、ハ、愛知県ノ、○○ト、イイマス……ムスコ、ガ、ジサ、ツ、シテ、シマイ……』。言葉が途切れがちなうえに、ガー、ピーという雑音も入ります。まるで映画『スター・ウォーズ』のダース・ベイダーのようでした」

 高江洲氏は最初、いたずら電話かと思ったという。

「不審に思いながらも、機械的な言葉をひとつひとつ拾っていき、復唱して依頼主に確認を取ってもらったのです。愛知県にはパートナー契約を結んでいるリフォーム会社があるので、現場に行って見積もりを出すように指示しました」

 その後、高江洲氏は現場へ向かった。

「経験の浅いリフォーム会社に仕事を任せる場合、私が直接現場で指導しながら作業を進めることにしています。現場に着くと、依頼主の男性も待っていました。男性は80代後半で、喉の手術をしたため話す時はマイクを首にあて、発声器を通して声を出していました。そのため、ダース・ベイダーのような声だったというわけです」

 亡くなった男性は、依頼主の息子だった。玄関のドアの上部にあるドアクローザー(ドアが自動で閉まる装置)にヒモをかけて首を吊っていたという。

「遺体のせいでドアが開けられず、通報で駆け付けた警官は部屋の窓を破って室内に入ったそうです。部屋には、ガラスの破片が散乱していました。遺体は、腐敗が進んではいなかったのですが、消化液が口からあふれ出て、玄関からドアの外へ流れ出し、廊下のコンクリートを溶かしていました。これが遺体の発見につながったのです」

 部屋の間取りは2K。高江洲氏は直ぐに異様なものを目にした。

■余命宣告されて


「玄関には曼荼羅とも魔法陣ともつかない奇妙な模様が入った布が広げられ、部屋の壁一面にお札が貼られ、宗教的な言葉が殴り書きされた紙が何枚も貼ってありました。新興宗教に入信していたようでした」

 男性の遺品からは、会社勤めをしている形跡はなかったという。

「通勤カバンや会社の書類などはありませんでしたからね。アルバイトをされていたようですが、かなり質素な生活をしていたようです。結婚もしていなかったのでしょう。目を引いたのは、机の上に置かれていた大量の薬です。なにか持病があったようです。自殺の原因は、生活苦と病苦だったのかもしれません」

 高江洲氏が作業を続けていくうち痛ましく思ったのは、依頼主の男性だった。

「私たちの作業を見守り、その後『ドウカ、キテ、クダサイ』と自宅に招いてくれました」

 男性は、現場の近くの公団に住んでいた。

「1DKの部屋には、生活に必要な最低限のものしかありませんでした。咽頭がんで、声帯の一部を取ったそうです。医者からは、余命宣告されていると言っていました。男性は、一生懸命事情を説明してくれました」

 息子さんとは、ほとんど行き来がなかったという。

「奥さんに先立たれ、侘しい一人暮らしでした。そんな中で息子さんが亡くなって、わずかな蓄えを切り崩して私に清掃費用を払わなければならないことを嘆いていました。もちろん、費用をできるだけ安くしました。この男性と同じように孤独な暮らしをしている人はたくさんいます。余命いくばくもないのに息子さんが自殺。その後始末もしなければならないとは本当にお気の毒でした。この時は、改めて家族の絆の大切さを学びました」

デイリー新潮取材班

2021年2月23日 掲載

関連記事(外部サイト)

×