事件現場清掃人は見た 父親の遺体と共に数週間過ごした娘がとった意外な行動とは

 孤独死などで遺体が長時間放置された部屋は、死者の痕跡が残り、悲惨な状態になる。それを原状回復させるのが、一般に特殊清掃人と呼ばれる人たちだ。2002年からこの仕事に従事し、昨年『事件現場清掃人 死と生を看取る者』(飛鳥新社)を出版した高江洲(たかえす)敦氏に、現場で出会った女性について聞いた。

 ***

 特殊清掃の現場では、様々な事情を抱えた人と出会う。

「ある日、私の携帯電話に1本の電話がありました。『妻の実家で義父が亡くなったので清掃してほしい』という依頼でした」

 と語るのは、高江洲氏。

「さっそく、現地に行ってみると、敷地は100坪以上あるりっぱな一軒家でした。亡くなった男性と同居していた娘と、彼女の義兄が私を出迎えてくれました。義兄が、私に電話をかけてきたというわけです」


■人型に置かれた紐


 高江洲氏は、父親が亡くなった時の状況を聞いて、違和感を覚えたという。

「母親はすでに他界しており、父と娘さんの二人暮らしでした。父親が自宅で病死したということですが、当然孤独死したわけではありません。残された娘さんはどうしていたのでしょうか。彼女は30代で、誰もが知る大企業に勤めていたそうですが、話を聞いてみると、受け答えがおかしいのです」

 高江洲氏は彼女に、「お父様はどこで亡くなられたのですか?」と聞いてみた。

「すると、1階の居間を案内してくれました。そこには、紐が人の形に置かれていました。彼女はその紐を指差して、こう言うのです。『ドラマだと、死体の周りにチョークで線を描くでしょう?なのに警察が手を抜いてやらなかったから、私が紐を買ってきて、お父さんのまわりを囲んだんです』」

 紐で囲われたところには、人型の黒い染みがあったという。

「死後数週間は経ってから発見されたのでしょう。腐敗臭が家中に広がっていて、たくさんのハエの死骸も床に転がっていました」

 高江洲氏は彼女が言ったことや、なぜ遺体跡を紐で囲ったのか、まったく理解できなかったという。

「依頼主に詳しく話を聞くと、事情がわかりました。彼は、義父と連絡が取れず心配して様子を見に行ったところ、父親が居間で亡くなっているのを発見したそうです。ところが娘さんの方は『しばらく前からお父さんが動かなくなった。お風呂にも入っていないから臭いんだよ』と言ったそうです。実は、彼女は精神疾患を患っていたのです」

 彼女の部屋は2階にあった。

■遺体とともに暮らす


「部屋は、几帳面に整理整頓されていました。本棚に並ぶ参考書から、学生時代は成績優秀であったことが見て取れます。大企業に入社後、仕事の重圧が原因で発症したのかもしれません。精神疾患を患うと、自分のこと以外関心がなくなるそうです。父親が動かなくなっても、あまり気にもとめなかったのでしょう。父親の死を認識できないまま、彼女はしばらく、遺体とともに暮らしていたのです」

 彼女は警察が来て、初めて父親の死を認識した。

 高江洲氏が清掃した際は、依頼主は仕事で立ち会えず、娘さんしかいなかったという。

「遺品整理をするとき、一応彼女の指示を仰ぎました。彼女は仕切りたがって、『これいらない、これはいる』と、色々指示するので、その通りに整理しましたが、その度に義兄に電話して、彼女の指示で大丈夫か確認を取りました。そのため、作業はすごく時間がかかりました。なぜか、娘さんのお姉さんは、一度も現場には現れませんでした。妹とは没交渉だったのでしょうか」

 父親が亡くなったことが分からず、遺体と共に数週間過ごしたとは……。何とも気の毒な話である。

「依頼人の義兄が日頃から義父を気にかけていたから遺体が発見されたわけですが、もしあのまま放置されていたら……。今となっては、娘さんの体調が回復することを祈るばかりです」

デイリー新潮取材班

2021年3月1日 掲載

関連記事(外部サイト)