のこぎりで76歳「妻」が83歳「夫」を殺害 20年前に容疑者を激怒させた夫の所業とは

のこぎりで76歳「妻」が83歳「夫」を殺害 20年前に容疑者を激怒させた夫の所業とは

事件が起きた神奈川県茅ヶ崎市の住宅

 76歳の妻が、83歳の夫に馬乗りになり、のこぎりで首を切りつけ殺害するという事件が起きた。何が妻をこのような残忍な犯行に駆り立てたのか。現場となった神奈川県茅ヶ崎市で夫妻の軌跡を追った。

 ***


■のこぎりで樹々が切り取られた庭


 JR辻堂駅から徒歩20分。閑静な住宅街の一角に、現場となった2階建ての一軒家はあった。築45年の木造住宅は1年ほど前に黒いペンキで塗装されたといい、古めかしくは見えない。

 庭を覗くと、寒々とした光景が広がっていた。10坪ほどの大きな庭には、何一つ物がない。目につくのは、枝葉をことごとく伐採され、数十センチの幹のみを残した数本の木だけだ。近隣住民によれば、かつては庭を囲むように樹木が生い茂っていたという。今年になってからのこぎりで剪定を始める老婆の姿が度々見かけられ、日に日に枝葉が寂しくなり、3月に入るとほとんどが刈り取られてしまっていた。

 そして、3月5日に事件が起きたのだった。

 神奈川県警茅ケ崎署は、この住宅の寝室で寝ていた夫の丸壽雄さん(83)の首をのこぎりで切って殺害した疑いで、妻の洋子容疑者(76)を逮捕した。

「事件が起きたのは午前11時頃。妻は夫に馬乗りになり、刃渡り25センチののこぎりで喉ぼとけを数回にわたって切りつけ、夫が亡くなっていく様子を2時間ほど見届けたと供述しています。その後、近くに住む娘を呼び出し、殺害を告白。娘に促され、午後8時頃に警察に連絡を入れました。取り調べに対し、『暴力や家にカネを入れないなど長年の恨みがあった』と話しています。家には息子も同居していましたが、事件発生時は外出中でした」(県警担当記者)


■仙人のような姿だった


 突如起きた凄惨な事件に、近隣住民は驚きを隠さない。

「大人しそうなおばあさんですよ。足を悪くしているのか、ゆっくりと歩いて買い物に出かけていく姿をよく見かけました。顔を合わすと、挨拶もしてくる感じの良い方です。40歳くらいの息子さんが同居しているのは知っていましたが、旦那さんの姿を見かけたことはまったくなかったので、びっくりしています」

 だが、家が近い一部の住民だけは夫の存在に気づいていた。

「いつだかは覚えていませんが、窓からご主人の姿を見たことはあります。仙人のように、髪とヒゲが伸びた痛々しい姿でした。出歩いるのを見たことはもう20年近くないと思います。おそらく病気をして寝たきり状態だったのではないでしょうか。いつも窓は雨戸まで締め切られている家だったので、他の方々が知らなかったのは不思議じゃありません」


■共働きで二人の子供を育て上げた妻


 取材を続けると、30年来、妻と交流があるという人物に行き当たった。知人はこう振り返る。

「あの人は聡明な人で、自分の主義主張を絶対に曲げない人。人の話を聞かない頑固なところがありましたね。若い時は、辻堂駅前のスーパーで売り場を任されるような立場で頑張って働いていました。そうやって子供二人を育て上げたからこそ、旦那さんに対する積年の恨みが募っていたのでしょう」

 近所では大人しい人で通っていたが、気を許した相手には立ち話が止まらなかったという。

「ただ、プライバシーを大事にする人で、あまり家族については話したがらなかった。それでも夫に対する不満は何度か漏らしていました。何が原因かわかりませんが、夫妻は、20年くらい前に一度、離婚しています。旦那さんが60歳の定年退職と同時に家を出たのです。『退職金も貯金も全部、持ち出して家を出た』と彼女はとても憤っていました」


■離婚と復縁


 だが、数年経って、夫は変わり果てた姿で家に戻ってきたという。

「脳梗塞をやってしまって、一人では生活できなくなったのです。その時、間に立ったのが息子さん。『親兄弟もいない父親の面倒を見られるのは自分しかいないから、家に戻させてくれ。俺がちゃんと責任持って面倒見るって』って。『息子にそう言われたら私も反対できなかった』と彼女は話していた」

 だが、復縁したわけではなかったという。

「1階は父と息子、2階は妻と、家庭内別居するようなかたちで生活していました。戻ってきたからといって、彼女は夫を許したわけではなく、『何に使ったのか知らないけど、戻ってきた時には持ち出したお金を全部使い果たしていた』と怒っていた。『女性絡みの恨みだったんじゃない?』ってウワサをする人はいますけど、彼女の口からそんな話を聞いたことはありません。ニュースでは暴力もあったと報道されていましたが、私が聞いていた不満はすべてお金に関するものでした。食事は息子さんがコンビニで買っていると言い、『私はあの人の食事を用意する気になんか絶対なれない』って言っていましたね」

 自宅について調べると、1998年に所有権の2分の1が妻に移されていた。その際、書類上では姓が変わっていた。現在も家の玄関には「丸壽雄」の表札の下に、別姓の表札が掛けられている。知人によれば、彼女の旧姓だという。だが、逮捕時の彼女の名は「丸洋子」だ。子をかすがいにして、その後、復縁したということなのか。

「そんな話は一切聞いていませんでしたので、びっくりしています。最後に彼女に会ったのは1カ月くらい前。家の木がどんどん剪定されて寂しくなっていくから、『あんな切り方しちゃダメよ』ってたしなめたのです。けど、彼女は『こうやって切らないと新しい芽が出ないのよ』って聞く耳を持ちませんでした。コロナで家に閉じこもっている中で、精神的に参ってしまっていたのかもしれません」

 妻は庭の木をのこぎりで切りながら、何を思っていたのだろうか。

デイリー新潮取材班

2021年3月9日 掲載

関連記事(外部サイト)