高田馬場「ミャンマー料理屋」店主が語る“祖国のクーデター”と意外な軍への抗議方法

 ミャンマーで連日続く国軍クーデターへの抗議デモで3月3日、治安部隊による弾圧によって1日の死者が最多の38人出たことが明らかになった。これで死亡したデモ参加者は計60人に達した(3月5日現在)。在日のミャンマー人は、母国クーデターをどう見ているのか。“リトル・ヤンゴン”と言われる東京・高田馬場にある老舗のミャンマー料理店主に聞いた。

 ***

 2月1日未明、国軍はウィンミン大統領、アウンサンスーチー国家顧問、与党である国民民主連盟(NLD)幹部、NLD出身の地方政府トップら45人の身柄を拘束した。ウィンミン大統領とアウンサンスーチー国家顧問は首都ネピドーにある自宅にそれぞれ軟禁されている。

 軍出身のミンスエ第一副大統領が大統領代行に就任し、国軍が政権を掌握。また、ミン・アウン・フライン国軍総司令官に立法、行政、司法の三権が委譲され、事実上の国家指導者となった。

 軍事クーデターが起こったきっかけは、昨年11月の総選挙。国民民主連盟が改選議席476のうち8割以上を占める396議席を獲得し、国軍系の野党・連邦団結発展党(USDP)が大敗を喫したからだ。

 国軍とUSDPは、選挙に不正があったと抗議。さらに軍は、票の再集計や議会の開会延期を要求したが、政府側は拒否した。軍は、選挙後初の議会が2月1日から開会されることを反対していたのだ。

■モヒンガー


 日本在住のミャンマー人は現在、3万人以上といるとされるが、

「2月1日から、ミャンマービールの仕入れをやめました。というのは、ミャンマービールを製造しているのは、国軍系の企業だからです。クーデターへの抗議です」

 と語るのは、高田馬場にあるミャンマー料理店「ノング・インレイ」の店主、サイ・ミンゾウさんだ。

「高田馬場には、ミャンマー料理店が10軒以上あり、『リトル・ヤンゴン』と言われています」

 話は少し逸れるが、「ノング・インレイ」ではミャンマーの少数民族シャン族の料理が食べられる。食材は、納豆や高菜漬けなど発酵食品が多く、和食と共通点がある。ミャンマー料理は、主食は米で、もち米やインディカ米も食される。副菜は香辛料を入れた煮込み料理が中心で、カレーの種類も多い。もっとも、インドやタイのように香辛料は多く使わないという。

 お客は当初、ミャンマー人だけだったが、2017年に話題になった『孤独のグルメ』に登場してから、日本人客も増えたという。

 ドラマで松重豊演じる井之頭五郎が食べた「シャン風高菜漬炒め」は、意外と味は濃く、モヒンガーとの相性もピッタリだ。

「ミャンマーで最も人気の料理は、モヒンガーです。ナマズで出汁を取ったスープにライスヌードルを入れたもので、国民食になっています」

 ライスヌードルのほか、レモングラスや唐辛子、生姜、ニンニクで香をつけ、ゆで卵やさつま揚げが入っている。スープは濃厚だが、そんなに辛くはない。麺はさっぱりしている。

 ミンゾウさんは2001年に来日して、彼の親戚が1999年にオープンした「ノング・インレイ」に勤務。2013年に経営を引き継いだ。


■数千人の犠牲者


「高田馬場がリトル・ヤンゴンになったのは、1988年の国軍クーデターがきっかけでした。当時、民主化運動が活発でしたが、国軍がこれを徹底的に弾圧したのです。正確な記録は残っていませんが、数千人の犠牲者が出たと言われています。そのため、国外へ逃亡するミャンマー人が続出。日本へも多くのミャンマー人が入国しました。私も逃れるように、日本へ留学しました」

 ミャンマー人は当初、ミャンマー人の僧侶の寺がある西武新宿線の中井駅周辺に集まった。その後、高田馬場に拠点を移したという。高田馬場駅前にあるビル「タック・イレブン」には、ミャンマー料理店の他、雑貨店、カラオケ、美容院、マッサージ店もある。

 ところが、2015年の総選挙で与党のNLDが圧勝し、事実上のアウンサンスーチー政権が誕生すると、帰国するミャンマー人が増えたそうだ。

「民主化が一気に進められたため、帰国する人が増えたのです。しかし、今回再びクーデターが起きてしまった。そのため、銀行は営業停止、商店も閉鎖しています。ミャンマー経済は大打撃を被り、さらに貧困層が増えるでしょう。国連は、国軍に圧力をかけてはいますが、常任理事国である中国が国軍と関係が深いので、完全な包囲網にはなっていません。欧米のどこかの国が国軍と交渉して、早く元の政府に戻してもらいたいです」

 日本在住のミャンマー人は、今回の国軍クーデターに抗議するため、大規模なデモを行っているという。

「週に3日の割合で、品川のミャンマー大使館前や、国連大学、霞が関などでアンウンサンスーチー氏の釈放を要求するデモを行っています。うちの店の若い店員にも参加してもらっています。1000〜3000人規模のデモです」

 スーチー氏についてはどう思うか。

「クーデターが起こるたびに軟禁され、それでも頑張って民主化を推し進めようとしている。彼女の忍耐力にはいつも頭が下がります」

デイリー新潮取材班

2021年3月9日 掲載

関連記事(外部サイト)

×