【茨城県・高齢夫妻殺傷事件】複数箇所をメッタ刺し、怨恨の原因は“危険な趣味”か

近所の防犯カメラに映っていた不審人物。フードをかぶり、動きからは若者のように

 のどかな地域で起きた凄惨な出来事に付近の住民は戸惑うばかり。以前、続発した窃盗事件と結びつける人もいたが、実は親子が没頭していた“娯楽”がきっかけではと……。

「3人とも穏やかで仲睦まじい一家だから、人の恨みを買うようなことはないはず。なぜこんなひどいことに……」

 近隣の住民が口をそろえていぶかしがる高齢夫婦殺傷事件が起きた。15年前に深田恭子が主演して話題になった映画『下妻物語』の舞台である茨城県下妻市にほど近い、田園地帯の結城郡八千代町でのことだ。

■のどかな田舎で凶悪事件

 8月24日午前3時15分ごろ、消防署から茨城県警下妻署へ通報があった。直前に無職・大里功さん(享年76)方の次男(42)から、

「犬の鳴き声が異様だったので、母屋に行ってみたら、両親が血だらけで倒れている」

 と救急車を要請する119番通報があったからだった。

 署員が駆けつけると、功さんは寝室で胸などを10数か所刺され搬送先の病院で死亡が確認された。妻で無職の裕子さん(73)も縁側で腹部を複数か所刺されて重傷を負った。

 凶器と見られる出刃包丁はそばで発見されている。犯人は逃走し、茨城県警は捜査本部を下妻署に設置し、殺人と殺人未遂の疑いで行方を追っている。

 大手新聞の社会部記者が次のように明かす。

「■単独犯で土足のまま上がり、金品をとった形跡がない。“目出し帽をかぶった人がいきなり刺してきた”と裕子さんが親族に語っていますが、何回も刺したのは怨恨の線が強いと思われます。

■ 何年か前は窃盗が相次ぎ、八千代町内で67件の被害があったといいますが、それとの関連性は低いと思います」

 犯人らしき怪しい人物は、約300メートル離れた民家の防犯カメラに映っていた。

「■深夜2時50分ごろ東側からカメラをのぞき込むように歩いて通り、3時過ぎには東側へ全力疾走しています」(捜査関係者)

規制線が張られた大里さん宅。左の2階建てが、次男が寝ていた離れで、右の平屋が犯行現場

 東側に逃走した先、1・3kmほど離れたコンビニの防犯カメラにも不審者が映っていた可能性が。同店のゴミ箱には、合羽のような衣類が捨てられていたが、その時間帯は日中だったので、近所のカメラに映っていた不審者のものかどうかは不明だという。

 さらに、現場から4km離れたところには、犯人が出刃包丁や手袋などを購入したと見られているホームセンターも。

 この店にも近くの道路にも、防犯カメラが複数あり、これらの映像の解析が待たれる。

「確かにここらは施錠せずに寝ていますが、それにしても気味が悪い話ですよ」

 と住民らはのどかな田舎で発生した事件に声を震わせる。

■近所の住民からの評判は……

 はたして大里さん一家は、恨みを買うような一家だろうか──。近所の主婦は、

傷のひとつは、心臓まで達する深さだったという功さん

「功さんはきょうだいが多く、いちばん上だったので中学校を出て働き、苦労していました。車の免許がないので、徒歩や自転車で通える範囲内の産廃業者や化学製品会社に勤めていました。口数の少ない人で、こつこつまじめに働く人ですよ」

 と評する。功さんが働いていた化学製品会社も、

「■昔、外国人労働者が数名、働いていたので、コミュニケーションを図るために、仕事が終わったあとにみんなでよく食事に行ったんですよ。ところが、功さんは“妻が手料理を作って待っているのでオレはいいよ”と言って、1度も参加したことがない。それくらい恐妻家というか、愛妻家でした」

 妻の裕子さんは功さんより10センチほど背が高く、天真爛漫ではきはきした人のよう。

「彼女は東京から嫁に来た人。食品加工会社や、金属加工会社などでパートを長くしていた。旦那さんを車に乗せて、いろんなところに出かけていました。2人とも、つれあいの悪口や愚痴は聞いたことがないくらい」

 と友人は円満ぶりを語る。次男については、

「長男は生まれてすぐに亡くなっているから、戸籍上は次男なんですが、実質は一粒種で、両親から溺愛されて育ってる。まだ独身で、親とも非常に仲がよくて、最近でも仕事を休んで、功さんを車で人工透析に連れて行っていました」(親族)

 しかし、裕子さんに関しては昔、こんな話も。

「都会育ちなので、田舎の老人会の古い因習やしきたりにはっきり反発してね。一時期は対立したこともあったけどさばさばした性格なので、後腐れはなかった」(友人)

 恨みまで買うような一家ではないようだが、父子がたしなむ「趣味」がトラブルを引き起こしたのでは──という話が地元で浮上してきている。

■浮上してきた父子の「趣味」トラブル

 亡くなった功さんの趣味はニワトリの一種である軍鶏の飼育。数十年前から自宅で20羽ほど飼育しているという。

 食用でもあるが、気性が荒いことから闘鶏用のニワトリで賭博の対象ともなる。

鋭いくちばしと爪だが、闘鶏で負けると食用に(イメージ写真)

「■賭博で儲けすぎた、あるいはトラブルになって、暴力団などに狙われたという話だね。でも、われわれの軍鶏は庭先で3、4人集まってやる闘鶏で、賭けでやっているのではなくて、あくまで趣味。

■ 彼はもともと鳥が好きで、昔からメジロや伝書鳩を飼っていましたから。車の運転ができないので、われわれに隠れて闘鶏場に行くというのも考えにくい」(趣味仲間)

 功さんのもうひとつの趣味は、川釣りだ。

「近くの工場や農家では、外国人労働者が多くてね。連中は釣れても、魚を川に投げ捨てるのよ。それで功さんは“魚が逃げる”などと何度も注意したので、その恨みじゃないかって」(近所の男性)

 ゴミ捨ての問題もトラブルになったのでは、と別の男性が証言する。

「■功さんの自宅近くの公民館がゴミ収積所だけど、外国人は分別をしないで捨てるの。それを功さんは何度も注意していたみたいだから」

 さらに、次男の「趣味」についても気になる話が。次男は50ccバイクを改造して乗っているというが、

「近所ではバイクに乗る人が3人いてね。それを夜に乗っているから、うるさいと怒っているやつが腹いせにやったんじゃないかと。となると、功さんは巻き添えになったということになるけど」(大里家を知る男性)

 さらには、こんな話も。

「■功さんがバイクの運転を叱って、叱られた人物が逆恨みをして襲ったのではないかとも言われているんです」(同)

 功さんの葬儀は、裕子さんが入院中ということもあって、近隣の人を集めることもなく、密葬で行われた。

 事件後、エサを求めて鳴き叫ぶ犬や軍鶏たちは、主の帰りを待ち続けている。

関連記事(外部サイト)