雅子さま、秋色コーデはもう少し先?残暑の中涼やかマリンカラーで秋田県へ

式典ではマリンブルーに白のラインが入った涼しげジャケットで、稚魚が入った容器を(9月8日) 撮影/JMPA(伊藤和幸)、JMPA

 台風一過の残暑が厳しかった9月10日、皇居・吹上仙洞御所に乳がんの手術をされた上皇后美智子さま(84)をお見舞いした雅子さま。

 天皇陛下(59)とともに、■麻っぽい素材の涼しそうなオフホワイトのお召しもので皇居に入られた。

レセプションの華やかな場では、フリルをあしらった白のジャケットで(9月7日) 撮影/JMPA(伊藤和幸)、JMPA

 前々日の8日まで足を運ばれていた秋田県でも、■青や白のマリンカラーで動物愛護センターなどをご視察。

 重要な公務のひとつと言われる「全国豊かな海づくり大会」での訪問だったので、■海をイメージしてのコーデだったのだろう。暑い日が続く秋田の気候に自然と溶け込んでいるようだった。

 この気候が続けば、雅子さまが秋ファッションをお取り入れになるのは、もう少し先になるかも。

関連記事(外部サイト)