美智子さま、お引っ越し総額4000万円越えの見込みーー旧高松宮邸、そして赤坂へ

『国立公文書館』で明治以降の皇室が全国を訪問された資料の特別展をご覧に(11月6日)

「ご公務から離れた上皇ご夫妻は、都内で開かれている展覧会や、ラグビーW杯のご観戦、コンサートなどにも足を運ばれる一方で、お引っ越しの作業も並行しておられます」(皇室担当記者)

 上皇ご夫妻はいったん、仮御所として東京都港区にある『■高輪皇族邸』にお住まいを移される予定だが、その進捗具合はというと……。

「宮内庁としては、今年の夏か秋に荷物を運び出そうと考えていましたが、お代替わり後、■美智子さまの両目の白内障や乳がんの手術が行われた影響でお引っ越し作業がなかなか進まなかったのです。

 美智子さまは“■ご迷惑をかけて申し訳ない”というお気持ちをこぼされていたそうですが、周囲としては“■ご体調を第一に”という考えが強かったのです」(上皇職関係者)

 遅れていた理由は、美智子さまのご体調だけではない。

「■ご夫妻のお荷物が、とにかく膨大なんです。前回のお引っ越しでは2トントラックがなんと約100台分。そのうちの約6割が御所に運び込まれたのですが、平成の在位中にも所有物が増えているので、前回以上の量になると思われます」(同・上皇職関係者)

 宮内庁ОBで皇室ジャーナリストの山下晋司さんによると、具体的に次のようなお荷物があるそうだ。

■期間は丸4日、担当会社は入札で決定

「上皇陛下の研究や公務に関する書籍や資料は、平成5年に赤坂から皇居に引っ越された以降も増え続け、■平成23年度には書庫を増築しました。上皇后陛下の洋服やピアノなどもあります。

 また外国ご訪問や国賓来日などの際に先方国からいただいたものや都道府県知事などからの献上品も26年間で相当増えているでしょう。■平成5年のお引っ越しのときより、お荷物が増えているのは間違いありません」

 ご体調が万全でなく、ご高齢でもある美智子さまには負担が大きいお引っ越し作業。しかし、上皇后としての責任感をお見せになっていて──。

「■大変な作業をされるご夫妻を見かねて、天皇陛下が“私たちが高輪に行きましょうか”と提案されたそうですが、美智子さまは“天皇家に迷惑はかけられない”と、断られたのです」(宮内庁関係者)

 そんな中、ついにお引っ越しの日程が決定したという。

「来年2月に、上皇ご夫妻が一時的に葉山御用邸に移居され、その間にお荷物を『■高輪皇族邸』に運ぶ予定です。■そのあと、9か月間をかけて皇居の改装を行った来年末に、天皇ご一家が皇居にお引っ越しされる見通しとなりました」(同・宮内庁関係者)

 そして、上皇ご夫妻は、約4か月間かけて改修された『赤坂御所』に再び、引っ越される。■一般人とちがい、お引っ越しの機会が少ない皇室の方々。どんな業者が上皇ご夫妻のお引っ越しを担うのだろうか。

「■皇室のお引っ越しなので、特別な業者が用意されると思われがちですが、実は、入札形式で一般的に知られている運送会社に決まるそうです。 

 ■ただ、ご夫妻が所有されている美術品などの文化遺産も運ぶので、専門的な技術を持つ業者に限られます。それ以外の私物を運ぶ運送会社にも依頼するようで、複数の大手運送会社が関わる可能性が高いと思います」(皇室ジャーナリスト)

 気になるのは、約120トンの荷物を運搬する“期間と費用”。どれほどかかるのか。

「■前回のお引っ越しでは丸4日、費用は約4000万円でした。お荷物が増える今回は、前回よりも間違いなく日数と費用が増加するでしょう。

 その費用は、外国賓客の接遇や儀式など、皇室の公的活動に充てる公金である『■宮廷費』から捻出(ねんしゅつ)される予定です」(前出・皇室担当記者)

関連記事(外部サイト)