人気たこ焼き店が所得隠し 「はなだこ、もう食べれん」嘆く愛好家も

たこ焼店の所得隠しに嘆く声

 大阪・梅田のたこ焼き店「はなだこ」の運営会社「芭食サービス」と、関連会社の計3社が大阪国税局の税務調査を受け、2018年までの5年間で計約1億4000万円の所得隠しを指摘されたことが26日、分かった。同店は「ミシュランガイド2018」で5000円以下の良質な料理を提供する「ビブグルマン」に選出され、外国人観光客からの人気も高い。ツイッターではショックを受けたという声が相次いだ。

 レジを操作して商品の販売記録を消去する手口で売り上げの一部を除外し、法人税や消費税の支払いを免れていたとみられる。重加算税を含む追徴税額は約8000万円。3社は既に修正申告を済ませ、納税したという。

 ツイッターでは「悪質すぎる。もう二度と、はなだこでたこ焼き食べれんやん」「所得隠し?なにやっとん」などと非難し嘆く愛好家が多かった。刻んだネギをたこ焼きが隠れるほど盛った名物「ネギマヨ」などのメニューを挙げ、「美味しかったからまた行きたいと思ってただけにショック」「関西行った時に食べた思い出があるのに」と不祥事を残念がるコメントもあった。

 また昨年7月、大阪城公園(大阪市中央区)でたこ焼きなどを販売する飲食店が、3年間で約1億3000万円を脱税し、店主が所得税法違反罪で摘発されたのを振り返って「たこ焼き屋も儲かるんだな」と驚く人もいた。

関連記事(外部サイト)