2021年夏 こどもの「3大夏風邪」:ヘルハ?ンキ?ーナ

2021年夏 こどもの「3大夏風邪」:ヘルハ?ンキ?ーナ

2021年夏 こどもの「3大夏風邪」:ヘルハ?ンキ?ーナ

夏になると増えてくる感染症か?あります。こと?もの3大夏風邪とも言われる「フ?ール熱」、「手足口病」、「ヘルハ?ンキ?ーナ」て?す。 今回は、その1つの「ヘルハ?ンキ?ーナ」について述べます。

主にコクサッキーウイルスによる感染症で、発熱と、口の中特に喉の奥に小さな水ふ?くれや潰瘍などの発疹か?て?きる疾患です。ヘルハ?ンキ?ーナを起こすウイルスには複数の種類がありますので、何度もかかります。症状は、高熱、のどの痛みから始まります。咽頭に赤い粘膜疹がみられ、次に水疱となり、間もなく潰瘍となります。高熱は数日続きます。多くは2〜4日の自然経過で解熱し治癒します。しかし、発熱、頭痛、嘔吐がある場合は、髄膜炎が合併していることがありますので、小児科の受診が必要です。まれですが、脳炎を合併して、けいれんや意識障害を起こすこともあります。

感染経路は、飛沫感染や接触感染、経口感染(便の中に排泄されたウイルスか?口に入って感染すること)です。感染者の咳、くしゃみ、唾液なと?の飛沫に含まれるウイルスによって感染したり(飛沫感染)、便に排出されたウイルスか?手なと?に付着し感染します。他人への感染をしやすい時期は発熱なと?の症状か?ある時て?すか?、飛沫や鼻汁から1〜2週間、便へのウイルスの排泄は数週間以上続くとされ、症状がない時期でも感染する可能性か?あります。

予防のためのワクチンはありませんので、保育園・幼稚園での感染拡大防止策は、経口感染対策、飛沫感染対策、接触感染対策として、一般的な予防法の励行が大切です。流行阻止を目的とした登園停止は有効性が低く、また、ウイルス排出期間が長いことからも現実的ではありません。発熱やのどの痛みのある期間は登園を控えて、全身状態が安定してから登園を再開してください。ただし、その後も排便後やおむつ交換後の手洗いの徹底が重要です。

(著者:日本大学医学部小児科学系小児科学分野 主任教授 森岡 一朗)

関連記事(外部サイト)