新型コロナウイルス第2波・第3波にそなえた感染対策(手指温風乾燥機の使用禁止)―うっかりやりがちな感染対策の間違い

新型コロナウイルス第2波・第3波にそなえた感染対策(手指温風乾燥機の使用禁止)―うっかりやりがちな感染対策の間違い

新型コロナウイルス第2波・第3波にそなえた感染対策(手指温風乾燥機の使用禁止)―うっかりやりがちな感染対策の間違い

乾いた砂浜の上に、乾いた手のひらを押しつけてみると、パラパラと少数の砂が手のひらに付着します。今度は、濡れた手のひらを砂浜に押しつけたらどうなるのでしょうか? べったりと、かなり多くの砂が手のひらに付着することでしょう。濡れた手指には様々なものが付着しやすいのです。CDC(米国疾病管理予防センター)は「濡れた手指は、より多くの病原体を移動させる」と注意を促しています(1)。手指を乾燥させることは感染予防において大切なことなのです。

最近、ショッピングモールなどで、手指温風乾燥機が感染予防には不適切ということで、使用禁止となっています。エアロゾルが舞うからのようです。そのため、手洗いした後に手を乾燥させることができず、濡れた手のままトイレから出てくる人々を見かけます。ハンカチで手を拭けばよいのではという方もいるようですが、ハンカチは1日に何度も使用されており、汚れています。しかも、バッグやポケットという不潔なところに無造作に置かれています。ハンカチを何日も交換しない人もいます。せっかく洗った手指を汚染したハンカチで再び汚すのです。

それでは、手指温風乾燥機が新型コロナウイルスのクラスターを発生させたという事例はあるのでしょうか? そのような事例は現時点ではありません。むしろ、WHO(世界保健機関)は手を乾燥させるためには手指温風乾燥機もしくはペーパータオルを使用して手指を乾燥させることを推奨しているのです(2)。

手指の清潔は新型コロナウイルス対策で極めて重要なことです。濡れた手指(もしくはハンカチで汚染された手指)で、人々がトイレから出てくることは是非とも避けたいと思います。手指温風乾燥機を使用禁止するだけではいけません。禁止にするならば、ペーパータオルを設置してほしいと思います。ペーパータオルを設置できなければ、手指温風乾燥機を復活するほうが、濡れた手のままより感染対策では有用と思います。

(著者:浜松医療センター 院長補佐 兼 感染症内科部長 兼 衛生管理室長 矢野 邦夫)

〔文献〕
(1)CDC:Guideline for hand hygiene in health-care settings,2002.
https://www.cdc.gov/mmwr/PDF/rr/rr5116.pdf
(2)WHO:Coronavirus disease (COVID-19) advice for the public: Myth busters.
https://www.who.int/emergencies/diseases/novel-coronavirus-2019/advice-for-public/myth-busters

関連記事(外部サイト)