新型コロナウイルス第2波・第3波にそなえた感染対策(手洗い)―うっかりやりがちな感染対策の間違い

新型コロナウイルス第2波・第3波にそなえた感染対策(手洗い)―うっかりやりがちな感染対策の間違い

新型コロナウイルス第2波・第3波にそなえた感染対策(手洗い)―うっかりやりがちな感染対策の間違い

新型コロナウイルス対策では手指の清潔が重要です。そのため、「石鹸と水道水による手洗い」をした後に、念のために「アルコール手指消毒」を追加する人がいます。このような手順は見かけ上、良い感染予防と思われるかもしれません。しかし、そうではないのです。両方を連続すると手荒れを引き起こすからです(1)。どちらか一方を選択するようにします。それでは、「石鹸と水道水による手洗い」と「アルコール手指消毒」のどちらを選べばよいのでしょうか? これらのどちらが、新型コロナウイルス対策として有用なのでしょうか?

その疑問に答える前に、どうして手指を清潔にすることが大切なのかについて解説しましょう。例えば、通勤の途中や買い物に出かけた時、手すりやドアノブなどに触れることがあります。そのような手指が頻回に触れる環境表面には新型コロナウイルスに感染した人の手指も触れているかもしれません。すなわち、そこにはウイルスが付着している可能性があるのです。そのようなところに接触した手指で自分の目、鼻、口の粘膜に触れてしまえば、ウイルスはそこから体内に侵入できるのです。そのために手指の清潔が必要なのです。もし、環境表面に触れるたびに「石鹸と水道水による手洗い」をするならば、その度に手洗い場まで移動しなくてはなりません。しかし、携帯用アルコール手指消毒薬を持っていれば、その場で手指を清潔にできるのです。すなわち、「アルコール手指消毒」の方が実践的なのです。

しかし、アルコール手指消毒薬にも弱点があります。それは手指が肉眼的に汚れている時には効果が減弱するということです。例えば、手指に土が付着しているとか、子どものオムツを交換する時に手指を汚してしまった時などです。このような時には石鹸と水道水で手指を洗い流します。もちろん、その後にアルコール手指消毒をすることはしません。手荒れをするからです。

(著者:浜松医療センター 院長補佐 兼 感染症内科部長 兼 衛生管理室長 矢野 邦夫)

〔文献〕
(1)WHO:WHO Guidelines on hand hygiene in health care, 2009.
http://whqlibdoc.who.int/publications/2009/9789241597906_eng.pdf

関連記事(外部サイト)

×