帰省中のコロナ対策 帰省先でのコロナを防ぐ!―夏とレジャーとコロナ対策

帰省中のコロナ対策 帰省先でのコロナを防ぐ!―夏とレジャーとコロナ対策

帰省中のコロナ対策 帰省先でのコロナを防ぐ!―夏とレジャーとコロナ対策

新型コロナウイルスの流行地域の人が非流行地域に帰省している場合は、十分な家庭内感染対策が必要です。特に、帰省先に高齢者や基礎疾患のある人がいればなおさらです。発熱や咳などの症状のある人は帰省することは避けるべきですが、帰省先に到着した後に症状が出る人もいます。また、感染しているけれども、症状がみられない人もいます。

帰省すると家族との濃厚接触が始まります。1日中、一緒にいるかもしれません。そして、1m以内でマスクを着用せずに会話をすることも多いでしょう。帰省によって、帰省者は同居家族となったと考えてよいと思います。そのため、帰省者が新型コロナウイルスの感染者であった場合には、家族に伝播する可能性は高くなります。逆に、帰省先の家族に感染者がいた場合には、帰省者が感染することでしょう。それでも、確率を少しでも減らすための努力は必要です。

まず、帰省中に誰かに咳、発熱、倦怠感がみられたら、他の家族との距離を空けるようにします。そのような人とバスタオルや顔拭きタオルを共有しないようにします。マスクを家の中で1日中着用することは困難ですが、少なくとも、症状のある人は是非ともマスクを着用し、家族内であっても社会的距離を空けてほしいと思います。

また、高齢者や慢性疾患を持病に持つ家族がいれば、そのような人を守ることに全力を尽くします。特に流行地からの帰省者が戻ってきた場合には、十分な対策が必要です。具体的には、別室で生活をしてもらい、帰省者の飛沫を浴びないようにします。折角、娘や息子、孫が帰省したのに、直接会えないと思われるかもしれませんが、ワクチンや有効な薬剤ができるまでは我慢してもらうことになります。

(著者:浜松医療センター 院長補佐 兼 感染症内科部長 兼 衛生管理室長 矢野 邦夫)

関連記事(外部サイト)