新幹線・特急列車 どこにコロナいる?―夏とレジャーとコロナ対策

新幹線・特急列車 どこにコロナいる?―夏とレジャーとコロナ対策

新幹線・特急列車 どこにコロナいる?―夏とレジャーとコロナ対策

新型コロナウイルスの伝播経路で最も重要なのが、「飛沫感染」です。次に重要な伝播経路は「ウイルスで汚染した環境表面」です。ここでは車内や座席周囲で注意すべき環境表面について解説します。

どうして、環境表面が伝播経路になり得るかを説明しましょう。感染者が咳やくしゃみをするときに手指や手のひらなどで口や鼻を覆うことがあります。そのとき、手に飛沫や鼻水が付着します。飛沫や鼻水にはウイルスが含まれているので、手がウイルスで汚染します。そのまま、環境表面に触れれば、ウイルスがそこに付着して、しばらく感染性を保っています。その間に別の人が汚染した環境表面に触れれば、その手指にウイルスが付着し、そのまま目、鼻、口の粘膜に触れれば感染するのです。したがって、手指が高頻度に接触するような環境表面が感染源になるのです。

それでは、車内や座席周囲で注意すべき環境表面とはどこでしょうか?「手指の高頻度接触面」をイメージすれば簡単に回答が得られます。まず、車内では扉のドアノブは汚染しているかもしれません。新幹線は自動扉なので、ドアノブに触れることはありませんが、特急列車の場合にはドアノブがありますので、注意が必要です。また、車内の通路を歩いているときに、列車が揺れると近くの座席の肩の部分につかまって、安定を保つことがあります。その肩の部分にもウイルスが付着しているかもしれません。特急列車では手すりがありますが、そこにも多くの人が触れているので、汚染している可能性が高いと考えるべきです。

座席周囲で注意すべきところは、座席の肘掛け、リクライニング操作レバー、テーブルといったところが「手指の高頻度接触面」と言えます。このようなところは、鉄道会社が拭き取ったり、消毒したりしていますが、十分な時間をかけて消毒することは困難です。また、一つの座席には全区間の間に何人もの人々が使用するので、やはり、ウイルスが付着している可能性があると考えるべきです。そのため、座席周囲の「手指の高頻度接触面」の清拭や消毒を自分自身でも行うとよいでしょう。座席の座面については直接座るので、自分の臀部の衣類が汚染するのではないかと心配する人もいるかもしれません。そのようなところは感染者の手指が直接触れることは少ないし、自分自身の手指が触れることもほとんどないので、気にすることはありません。環境表面を考えるときには「手指の高頻度接触面」に集中します。

(著者:浜松医療センター 院長補佐 兼 感染症内科部長 兼 衛生管理室長 矢野 邦夫)

関連記事(外部サイト)