行楽地・サービスエリア訪問 食事でのコロナを防ぐ!―夏とレジャーとコロナ対策

行楽地・サービスエリア訪問 食事でのコロナを防ぐ!―夏とレジャーとコロナ対策

行楽地・サービスエリア訪問 食事でのコロナを防ぐ!―夏とレジャーとコロナ対策

行楽地やサービスエリアで飲食をすることは多いと思います。旅行気分を楽しむには、飲食することも重要なファクターです。しかし、飲食のときには、マスクを外さざるを得ないという問題があります。そのような無防備のときに新型コロナウイルスに感染しないようにするためには、どうしたらよいのでしょうか?

まず、誰と一緒に旅行するのか、ということがとても大切です。「同居家族」「友人や同僚」「通常は一緒に住んでいない親族(祖父母や孫など)」で対応が大きく異なります。「同居家族」の場合、すでに自宅にて長時間、生活を共にしていることから、行楽地やサービスエリアで一緒に食事をすることによって、さらに感染のリスクが高まると言うことはありません。そのため、同じ席に座って、楽しく飲食していただければ結構です。対面での座席も問題ありません。ただし、周囲1〜2m以内に他のグループがいないことが前提です。

「友人や同僚」と一緒の場合は、お互いに感染予防をしなければなりません。通常は一緒に暮らしておらず、濃厚接触もないのですから、マスクなしで飲食することによって、感染するリスクが増大するからです。そのため、対面に座らず、同じ方向を向いた座席に座り、食事中は話をすることを避けるようにします。大声を出したり、談笑することは是非とも止めていただきたいと思います。1m未満の距離で、マスクを取り外して、15分以上一緒に食事し、かつ、笑ったり大声を出したりして飛沫を大量に飛散させているような状況では感染のリスクは増大します。

「通常は一緒に住んでいない親族(祖父母や孫など)」も「友人や同僚」と同じです。たとえ親族といえども、通常は別世帯に住んでいるので、これまで濃厚接触をしていません。「感染している家族」から「感染していない家族」への感染伝播を避ける必要があります。友人や同僚と異なり、家族であることから、どうしても大声で楽しく会話をしてしまうかもしれません。しかし、高齢者や基礎疾患のある人がいるならば、そのような人を感染から守る努力は必要です。

(著者:浜松医療センター 院長補佐 兼 感染症内科部長 兼 衛生管理室長 矢野 邦夫)

関連記事(外部サイト)