〔家族と自宅編〕コロナの接触感染を防ぐ!―受験生を守るコロナ感染対策

〔家族と自宅編〕コロナの接触感染を防ぐ!―受験生を守るコロナ感染対策

〔家族と自宅編〕コロナの接触感染を防ぐ!―受験生を守るコロナ感染対策

新型コロナの最も重要な感染経路は飛沫感染ですが、接触感染もあり得ます。この場合の接触感染というのは、ウイルスが付着している環境表面などに手指が触れ、その手指にウイルスが移動し、そのまま受験生が自分の眼や鼻などの粘膜に触れることによって感染する、ということです。そのため、手指消毒を徹底すれば、接触感染を防ぐことができます。それに加えて、ウイルスが付着しているかもしれない環境表面を除菌クロスなどによって拭き取るということも重要な感染予防策となります。この場合、「手指の高頻度接触面」がどこなのかということをイメージすることがとても重要です。そこを重点的に拭き取ればよいからです。床や壁のようなところには手指が触れることはほとんどないので、拭き取りの対象外となります。

受験生の自室に誰も立ち入らないのであれば、環境表面にウイルスが付着していることはありません。しかし、リビングルーム、トイレ、風呂場などの共有場所では、ウイルスが付着しているかもしれません。リビングルームではテーブルの上や椅子の肘掛けなど、トイレではドアノブ、電気のスイッチ、温水洗浄便座のスイッチ、トイレの使用後に水を流すための洗浄ボタンなどがあります。風呂場も同様に、ドアノブや電気のスイッチが「手指の高頻度接触面」となります。このようなところは除菌シートなどで拭き取るとよいでしょう。

環境表面ばかりでなく、共有物についても注意を払います。トイレのタオルや風呂のバスタオルなどは決して家族と共有してはいけません。感染者が使用したタオルにはウイルスが付着している可能性があり、それを使って、顔面などを拭けば、ウイルスが眼や口などの粘膜から体内に侵入してしまうからです。そのため、バスタオルは1人1枚にします。トイレはタオルではなく、ペーパータオルを用いるとよいでしょう。少しお金がかかるかもしれませんし、ゴミも増えますが、受験が終わるまでの期間限定の対応です。

(著者:浜松医療センター 院長補佐 兼 感染症内科部長 兼 衛生管理室長 矢野 邦夫)

関連記事(外部サイト)