〔模試・入試会場編〕会場でのコロナを防ぐ!―受験生を守るコロナ感染対策

〔模試・入試会場編〕会場でのコロナを防ぐ!―受験生を守るコロナ感染対策

〔模試・入試会場編〕会場でのコロナを防ぐ!―受験生を守るコロナ感染対策

模試や入試の会場は新型コロナに感染しやすい状況であることから、集中的な感染対策を実施します。そのためには、マスクを着用して、20〜30分毎にアルコール手指消毒をします。試験の真っ最中は手指消毒をできませんが、休憩時間や昼食時間などでは必ず手指消毒をします。

特に、受験生は布マスクではなく、サージカルマスクを着用することをお奨めします。布マスクは感染者が飛沫を周辺に拡散しないために着用します。サージカルマスクも同様の効果がありますが、それに加えて三層構造となっており、フィルタにて飛沫を捕獲する効果があります。医療では、細菌濾過率(細菌を含む約3μmの粒子が除去される割合)が95%以上のマスクとして知られています。ただし、サージカルマスクの効果を期待するためには手指消毒と併用することが大切です。サージカルマスクであっても、その外表面にはウイルスが付着している可能性があり、多くの人は無意識のうちにマスクの外表面に触れて、その後、眼や鼻の粘膜に触ることがあるので、アルコール手指消毒によって、ウイルスの伝播経路を遮断します。

感染対策をさらに強化するならば、サージカルマスクを1日2〜3枚(午前に1枚、午後に1枚など)を使用するとよいでしょう。マスクは濡れたら効果が減弱するからです。マスクを使い続けると、その内側には唾液や飛沫が付着し、フィルタが目詰まりします。そのため、息を吸ったときに、空気がマスクを通過して濾過されることがなく、マスクの周囲から漏れ込んできます。そのため、マスクのフィルタの効果が減弱するのです。濡れた頃に新しいマスクに交換すれば、フィルタの効果が期待できます。マスクの外表面にはウイルスが付着している可能性があるので、使用後のマスクは廃棄します。

会場での昼食のときにはマスクを取り外さざるを得ません。周囲に感染者がいて、その人がマスクせずに咳き込めば、飛沫が飛んできます。そのため、マスクを外して食事をするときには周囲の人から身体的距離を確保するようにします。それが困難ならば、壁を向いて食べるようにします。

(著者:浜松医療センター 院長補佐 兼 感染症内科部長 兼 衛生管理室長 矢野 邦夫)

関連記事(外部サイト)