児童養護施設の職員が語る「見守ってもらえている」ことの大事さ

■孤立する子どもたちの心に潤いを与える

社会には、夜の街に対して一線を引く空気が確実に存在する。

平常時はそれに目をつぶり、それぞれ相手をうまく利用しながら共存しているが、コロナ禍のような災厄時には、違いが明確になって非難の応酬が起こる。

水商売や風俗は善か悪か、という議論がたまに起こる。

僕は、この議論にはあまり価値がないと思っている。

夜の街は、家庭や社会の問題が重なりあって生まれた結果の1つだ。結果の善悪を論じるより、そこにいたる家庭や社会の問題に目を向け、改善していくことのほうが重要だ。

少なくとも、たまたま劣悪な家庭に生まれ育ったがゆえに、自らの意思とは関係なしに、夜の街へ流されるということは防がなければならない。

▲孤立し問題行動を起こす前に子どもたちを保護する イメージ:PIXTA

こうしたことに取り組んでいるのが、児童相談所をはじめとした児童福祉に携わる人たちだ。

児童相談所は、親が暴力や貧困で子育てが困難になっている場合、その親の相談に乗って家庭を支援するか、場合によっては子どもを引き取って保護する公的機関だ。

子どもたちは家庭で悪影響を受けることで問題行動を起こすようになり、夜の街にいたるレールに乗せられる。児童相談所は、こうした子どもたちを未然に保護し、家庭環境を改善させ、それが困難だと判断すれば児童養護施設や里親のもとで生活をさせる。

施設で親代わりとなる大人たちが行なうのは、子どもたちに対する衣食住の面倒だけでなく、十分な愛情を注いで心に潤いを与えることだ。子どもたちの言葉に耳を傾け、気持ちに寄り添い、思いやりのある言葉をかける。大人への信頼、社会への安心を取りもどさせることも重要だ。

児童養護施設の職員は次のように語る。

「家庭に恵まれなかった子どもたちは『何をやってもムダ』『どうだっていい』っていう言葉をよく発します。家庭でずっと裏切られてきたので、他人どころか、自分のことさえ大事にできないんです。私たちの仕事は、そういう考え方を変えることです。

彼らの心に寄り添い、信頼関係を築いていくことで、自分を大切に思ってくれる人が、こんなにいるんだとわかってもらう。見守ってもらえているという意識は安心を生みますし、夢を抱いてもいいんだ、努力してもいいんだという気持ちにつながる。自分のため、人のためにがんばって道を切り開いてけるようになるんです」

夜の街にいたるプロセスのなかに、劣悪な家庭環境・低学歴・心理的影響・危機管理力の欠如などがある。児童福祉に携わる人々が行なっているのは、そうした悪影響から子どもたちを守り、自分やまわりの人を大切にする心を養わせるための取り組みだ。

■義母に捧げる夏のコンサート――川嶋あいさん

児童福祉によって支えられ、社会で活躍した人として僕が思い出すのは、川嶋あいさんだ。『明日への扉』などのヒット曲があるシンガーソングライターだ。

1986年、お母さんは1人で川嶋さんを出産したそうだ。複雑な事情があり、お父さんは行方不明になっていたという。産後、お母さんは体調を壊し、川嶋さんを育てることができなくなった。そのため川嶋さんは、乳児院という主に0〜2歳までの子どもを育てる施設に預けられた。

その後、川嶋さんは主に3〜18歳までの子どもたちを育てる児童養護施設へと移ることになった。虐待を受けて保護されたり、親を病気などで失ったりした子どもたちが集まって暮らす施設だ。そこで暮らしながら、お母さんの体調が戻って、一緒に暮らせるようになる日を待っていた。

▲児童養護施設には親を病気などで失ったりした子どもたちもいる イメージ:PIXTA

ところが、体調不良が続いていたお母さんは亡くなってしまう。

そうしたこともあり、川嶋さんは里親制度によって別の夫婦のもとに迎えられ、後に養子になった。

里親制度とは、施設などにいる身寄りのない子どもを養子として迎え入れて、代わりに育てる制度だ。

その家は土木建築の会社を経営していて、新しいお父さんもお母さんも温かな人だったそうだ。

食事の時間は、従業員の人たちも招いてにぎやかで、食後はオセロやトランプをして遊んだ。愛情をたっぷり注いでもらったのだろう。川嶋さんはそんな環境のなかでまっすぐに生きていくことができるようになっていく。

川嶋さんが歌と出会ったのは、養子になって間もない頃だった。

新しい家に来たことで、最初は不安があったのだろうか。「施設に帰りたい」と泣くことがあり、歌の体験レッスンをさせたところ、笑顔になって泣かなくなったそうだ。それからレッスンを本格的にはじめ、だんだんと歌の魅力に取りつかれた。歌うことはもちろん、家族がそれを喜んでくれるのもうれしかったという。

そんな歌の好きな少女が、歌手になることを夢見るまでに長い時間はかからなかった。

10歳のときにお父さんが亡くなるなど、養子に出た先の家庭でも困難はたくさんあったが、新しいお母さんは、彼女の歌手になろうとする目標を全力で応援してくれた。決して簡単な道ではないことはわかっていたはずだが、それを凌駕するほど娘に対する信頼があったのだろう。

川嶋さんは、そんなお母さんの声援から勇気をもらい、小学校時代から歌手活動をし、10代で本格的にデビュー。路上ライブなどを経て、10代の半ばで大ヒット曲を出し、誰もが知るミュージシャンへと成長した。

後年、川嶋さんは生い立ちを明らかにしたうえで、自分を育ててくれた両親の存在について印象に残る言葉を語っている。以下がそれだ。

母は私が16歳でデビューする直前に病気で亡くなってしまったのですが、ずっと、私が歌手になることを誰よりも応援してくれて、私だけを見つめ、あふれんばかりの愛情をかけて育ててくれました。父は私が10歳のときに病死しているので、母娘ふたりだけの家族になって、母のために歌手になりたい、母の夢をかなえたいという気持ちでがんばれた面があります

この言葉は、そばにいる人間の存在がどれだけ大きいかを物語っている。

▲歌の好きな少女が誰もが知るミュージシャンへと成長した イメージ:PIXTA

たとえ実の親と離れ離れになっても、身近にいる大人と愛情に基づいた信頼関係を築くことができれば、それは生涯にわたる心の支柱になる。

そのことを象徴するのが、川嶋さんが毎年夏に行なっているコンサートだ。

彼女を育ててくれたお母さんは、デビューの直前に他界した。川島あいさんは、そんなお母さんに感謝を込めて、命日である8月20日にコンサートを行なっている。

それだけお母さんの存在が大きいということなのだろう。

※本記事は、石井光太:著『格差と分断の社会地図 16歳からの〈日本のリアル〉』(日本実業出版社:刊)より一部を抜粋編集したものです。

関連記事(外部サイト)