仮想通貨の詐欺で子どもの教育費を失ったシングルマザーの悲劇

「OZプロジェクト」と呼ばれる投資グループの主犯格4人が、2021年7月12日、愛知県警に逮捕された。彼らは「暗号資産をAIで運用すれば儲かる」などとうたい、名古屋市緑区に住む男性などから、現金およそ220万円をだまし取ったとされている。

しかし、これは氷山の一角。このOZプロジェクト一連の投資詐欺による被害者は1万5000人以上、被害総額は60億円以上とも言われている。

今回、このOZプロジェクトをはじめ仮想通貨の投資詐欺に引っかかってしまった、シングルマザーのS子さん(51歳)から話を聞いた。

最初にS子さんから「詐欺かもしれない。一体どうしたらいいのだろうか」という話を聞いたのは、2018年初夏のことだった。その後、たびたび彼女の相談に乗ってきたが、100万円以上の投資したお金は一切返ってきていない。

■「詐欺かもしれない」そんな噂が立ち始めた

S子さんが「これは詐欺かもしれない」と気づいたのは、2017年11月頃のことである。

OZプロジェクトの前身とされている「NEST(コインの名称)」が上場する、という連絡が“グループリーダー”となっている男性T氏からあったのだが、その後は、次のような連絡がときどき転送されてくるのみとなったのだ。

▲上場が延期される旨の連絡が繰り返させる (S子さん提供)

▲なかなか公開されず、やきもきする日々 (S子さん提供)

年末を迎える頃には「もう返金はされないのではないか……」という話が、仲間内で上がるようになった。

雲行きが怪しくなっていくとともに、出資したメンバーが情報収拾をするようになり「どうやら詐欺らしい」という噂も掴んでくるようになる。そのうちに、被害者同士がつながり「どうすれば返金されるのか」「詐欺だとしたら訴えたい」という話がまとまっていき、弁護士や詐欺被害支援者に相談に行くようになっていった。

詳しい情報を知りたいと願う人たちがつながりあっていくと、LINEやTelegram(テレグラム)などでグループが作られていった。

だが、実は、その相談し合うグループの中にも、OZ側の人間が含まれているケースがあった。

▲主犯格の詐欺犯が被害者の会を立ち上げていた! (S子さん提供)

「あの人は運営に近い人で、私たちの情報を取りに来ている」と、グループ外で話題が出てくるようになると、もはや誰が味方で、誰が敵なのかわからない……そんな混乱状況に陥っていった。そんなときに「ちょっと話を聞いてほしい」と、私のところにS子さんから連絡があったのだ。

■投資未経験の女性が“仮想通貨”に手を出した理由

「投資未経験の私が、仮想通貨なんてものに手を出すなんて……」とS子さんは話す。だが、結果的にOZプロジェクトやNESTなどの投資商品に、100万円以上もつぎ込んでしまっている。なぜ、気持ちの変化が起きたのだろうか。

「この投資話に誘ってきたのは、10年近い付き合いのある友達のR子さんでした。R子さんとは仕事で知り合い、年齢が近かったこと、最初から気が合いそうだなと思ったこと。それから、彼女には子どもはいませんでしたが、自分と同じく離婚歴があり結婚に失敗していること、そして現在独身という部分でも話が合いました。しだいに一緒に飲みに行くようになり、婚活を相談するくらい仲が良くなっていったんです」

また、お互いに不安定な職についており、将来に不安を抱えていました。「いつまで収入を得ていけるのだろうか。いつか生活に困るときがくるかもしれないね」という心細さを話し合うこともあったという。そんな日々のなかで、R子さんは投資の勉強を始めていったという。

「R子さんは投資の勉強を始めて、いろんなセミナーに行くようになりました。そこで株や仮想通貨への投資を知っていったようです。『〇〇がいいんだって』などと話してくれるのですが、私はよくわからなかったので『へえ、そうなんだ』くらいにしか聞いてなかったんですよね。その時点でも、R子さんが投資に誘ってくることもなかったし、私も投資をしようなんて思っていなかったんです」

ところが、ある日、R子さんを介して知り合ったT氏という人物(のちにグループのリーダーとわかる)から、OZプロジェクトの投資をしないかと誘われたのだ。

「T氏とは、R子さんの紹介で、私の仕事関連の用件があって知り合いました。そのため、関係を簡単に断ち切ることのできない状態にありました。T氏は、OZプロジェクトやNEST以外にも、さまざまなネットワークビジネスに手を出していたので、いろいろと話を持ちかけてくるんですよね。私も誘われていたのですが、1年くらいずっと断っていたんです。でも、あるとき『R子さんも始めたからやってみない? 今の早い段階なら、この値段で手に入るよ』と、OZプロジェクトとNESTに誘われたんです」

R子さんからも、T氏について「投資についてさまざまな知識を持っていて、ビルのオーナーもしている、すごい人物である」とも聞いていた。

「T氏から熱心に誘われ『説明会があるから、一度聞いてみてほしい』と言われ、R子さんもやっているし、こんなに勧めてくるなら聞いてみようかなと思ったんです。R子さんが投資について勉強をしているのも知っていたし、(別の投資で)儲かっているという話も聞いていたので、彼女が勧めるものなら間違いないだろうという安心感もありました。話を聞いてみて、おかしかったら断ればいいし……と、T氏から説明を受けることにしたんです」

▼ビットコインの値上がりについて報道され始めた時期だった イメージ:PIXTA

■最初は5万3000円だったが気づけば100万円以上に

説明会には同じシングルマザーの女性も来ていた。少し話してみると、その人も「始めるつもりだ」という。その言葉を聞き「私と同じような立場の人だから、そんなにたくさんの貯金もあるわけじゃないはず。でも、この人は可能性を感じてやることにしたんだ」と、S子さんは背中を押された気持ちになった。

「それに、当時はビットコインの値上がりがテレビのニュースでも報道されていて『これからは仮想通貨の時代だ』『もっと値上がりする』などと言われていました」

S子さんが、OZプロジェクトを始めた2017年は「仮想通貨元年」と呼ばれている。同年1月は、仮想通貨の基軸通貨と呼ばれているビットコイン(BTC)は、1 BTC約10万円で取引されていたが、12月には160万円を突破している。

同時に、草コイン〔※今は時価総額が低いが大化けする可能性を秘めているコインのこと〕が急騰して、億り人〔※投資で億単位の資産を築いた人のこと〕になった人がメディアでも報道されるなど、大きな注目を浴びていた。

また、ビットコインが大手家電量販店や飲食店で支払いに使えるようになり、少しずつ「怪しいものではないのかもしれない」という認識が広がっていた時期だった。

「仮想通貨はそんなに怖いものではないのかもしれない、と思ってしまったんですよね」

とはいえ、やはり当初は怖さもあり、OZプロジェクトを“1口”だけ申し込んだ。手数料込みで53,000円。小さな金額ではないが、すぐに用意できる額ではあった。物は試し、そんな気持ちで申し込んだという。

▲最初の投資は53,000円。勇気のいる額ではあるが、出せない額ではなかった (S子さん提供)

▲お客様がいる美容院で申し込めるのは敷居が低く、珍しいことではない気がした (S子さん提供)

すると、T氏は何人もの投資仲間を紹介してくれたという。その人たちとはLINEのグループでつながった。そのグループでは「〇〇でこれくらい儲かった」「〇〇さんはこれくらい儲かっている」などの会話が、日々飛び交っていたという。

▲経験をしたことのない景気のいい話が飛び交っていた (S子さん提供)

「これまでの生活だと出会わないタイプの人たちばかりで、進んだことをしている、すごい人たちなんだと感じました。アービトラージとかブロックチェーン3.0型新機軸通貨とか、難しい言葉が飛び交っていて、正直言ってよくわからなかったんですけど、こんな難しいことを理解して、日常的に投資をやっているすごい人たちばかりだし、その人たちがやっていることならば大丈夫なのだろうと思うようになっていったんです」

いつしか、投資に対して前向きな気持ちがどんどんと育っていった。R子さんも、OZプロジェクトとNESTに30万6000円を投資したと聞くと、S子さんも追加投資をし、合計で48万9000円を注ぎ込んだ。

「その後も、R子さんがオススメしてくれた、ウィズコインやワットコインなどを購入し、気づけば120万円近く投資をしていました。クレジットカードのキャッシングも利用していましたし、子どもの教育費として積み立ててきたものでもあり、それはなくなったら困るお金でした」

■「投資詐欺」は心の隙間を突いてきた

なぜ、そんな大切なお金を投資に回してしまったのかと疑問が湧くだろう。だが、それにも理由があった。

「当時、息子が大学に入学したばかりで、入学金や学費で100万円以上のお金を支払った頃だったんですよね。『これから卒業まで、毎年この学費がかかるのか……』と思ったら、ものすごいプレッシャーでした。卒業まで無事に払っていけるだろうか、いや、どうにかして稼がなきゃと悩んでいるときでした。そんな心の隙間に投資の話が入り込んできたんです。詐欺って、本当に困っているときにつけこんでくるのかもしれませんね」

騙されたとわかり、同じような被害者と知り合うようになっていくと、今回の投資を紹介してくれたR子さんは、S子さん以外にも何人かをT氏に紹介しており、R子さんは被害に遭っただけでなく、収益も得ていることがわかった。だが、さらにその上のグループリーダーのT氏には、R子さん以上の収益があるはずである。

「なのに、T氏は『僕も被害者です。S子さんより、もっとたくさんOZプロジェクトに投資していて、それは返ってきていない』と言い張るんです」

OZプロジェクトは、仮想通貨のICO(上場)詐欺である。しかし「紹介者へのキャッシュバック」がある、MLM(ネットワークビジネス)の側面もあるのが特徴である。そのことにより、お金を失うだけでなく、人間関係にもヒビが入ってしまうという二次的な被害も生む。

▲騙されたのではと疑いを持つグルーブの仲間とS子さんとのやりとり (S子さん提供)

そのあとも、S子さんはR子さんと付き合いは続いており、R子さんに対しては訴えたいなどの気持ちもないという。

しかし「T氏のことは許せないですね。今回、首謀者が4人逮捕されましたが、私はあの人たちのことを知らないし、逮捕されたのは良かったと思いますけど、お金は返ってきてないし、全然納得がいきません。T氏も逮捕されてほしいですよ。いちばん憎いのはT氏です」と話す。

詐欺被害、特に投資詐欺に関しては「こんな儲け話に乗るほうが悪い」「被害者にも非がある」と、騙される側が悪いという意見も少なくない。

かつては私も同じように思っていた。たしかに「知識がないのに投資に手を出すな」「勉強もしないで儲かると思うな」「簡単に儲かる話は世の中にはない」という言い分はよくわかる。

けれども、そう思っている人でも騙されてしまう現実を目にして「なぜ、人は騙されてしまうのだろう」と深く考えるようになった。実際、私も「騙される側にも非がないわけではない」と今でも考えているが、同時に詐欺被害にも遭っている。今後、自分が騙されないという自信もない。

だから、詐欺被害者を取材していくうちに「なぜ、騙されてしまったのか?」と丁寧にすくい上げていくことで、詐欺被害を未然に防ぐための一助になるのではないか、と考えるようになった。

騙されてしまった側の人たちの声にじっくりと耳を傾け、詐欺犯罪の身近さ、怖さをお伝えできていれば何よりだ。

▲勇気を持って話をしてくれたS子さん

関連記事(外部サイト)