断水・悪臭・停電…テレビでは伝わらない本当の水害被害

浸水被害は地方のみに限ったことではありません。2019年の台風では、東京都多摩川の周辺では街中がドロドロの状態になってしまい、武蔵小杉のタワーマンションが機能不全に陥ってしまったことが大きなニュースとなりました。自分が住んでいる地域で水害が起きたときに、どのような事態が起きる事が想定されるのか。それには「ハザードマップで確認することが大事」だと、災害危機管理アドバイザーの和田隆昌氏は話します。

※本記事は、和田隆昌:著『【最新版】中高年のための「読む防災」 -一度読んでおけば一生安心!-』(ワニ・プラス:刊)より一部を抜粋編集したものです。

■水害には断水・悪臭・停電などの二次災害がある

水害の現場は、土砂と悪臭があふれ、直後であれば水が溜まっている状態になります。斜面がある地域では、鉄砲水が流れ家屋が全部倒壊してしまい、まるで津波を思わせます。土砂災害のことを昔から「山津波」と呼びますが、まさにそのものだと思います。

水害の発生したあとの被災地の復旧には大変な困難が伴います。家に入った泥を流せば終了という単純な話ではありません。下水と混ざった土砂は異臭を放ちます。畳などをすべて剥がし、消毒しなければなりません。浸水が深ければ、建て替えをしたほうが安く上がるという結果にもなります。地域から水が抜けるには、数日かかります。さらに、土砂はすぐにコンクリートのように固まり、人力での撤去が難しくなります。

洪水になると、ほぼ確実に断水が発生します。下水道が詰まってしまうと、上水道も止まってしまうのです。さらに電気が止まっても、水圧を上げるためのポンプが使えなくなるので、水道が止まってしまいます。

生活インフラは単独では成立しないので、すべての連携ができないと回復は望めません。水がなければ土砂を流すこともできませんし、結果、家は放ったらかしになってしまいます。

▲洪水になると、ほぼ確実に断水が発生する イメージ:PIXTA

2019年の台風による浸水被害で、多摩川の周辺地域は、街中がドロドロのひどい状態になってしまいました。マンション上層階は泥に浸かっていないだけ“まし”でしたが、電気施設が被害に遭ったマンションは長期間の停電や断水に見舞われ、生活が維持できなくなってしまいました。

また山間部でも豪雨の発生時、山から来ている水で生活している地域では、自分の住むところに直接の水害がなくても、土砂災害の発生で上流域の取水地がやられてしまうと、水道がストップしてしまいます。

さらに、大規模な土砂災害が発生すると、地盤自体が崩れてしまうことや、安全確保のために行う工事の必要性から、同じ場所に住み続けることができなくなり、先祖代々の地から転居しなければならないケースも出てきます。その結果、村自体が消滅してしまうという事態が、地方では実際に起きているのです。

ポイント・・・土砂災害が起きると土砂と悪臭があふれ、水道も止まる

■水害対策には「ハザードマップ」が必要不可欠!

■ハザードマップの必要性と活用法

水害では「ハザードマップ」が非常に高い効果を発揮します。水害用のハザードマップでは、土地の高さと河川からの距離、河川決壊が想定される箇所が示されていることが多いようです。自治体ごとにフォーマットは異なっていて、残念ながら、お世辞にも「わかりやすい」とは言い難いものも多数あります。

ハザードマップは、それを見て避難する際、現在の自分のいる場所がマップ上で危ない地域と指定されていた場合に、より安全な場所を見つけ、移動するためにも使えます。何度も目を通して頭に入れてから、非常用持ち出し袋にしまっておきましょう。

河川の堤防は「決壊することを前提で造られている」ことをご存じの人は少ないかと思いますが、絶対に決壊しない堤防などありません。被害が最小限に抑えられるように、決壊する箇所が決まっています。現実的にはすべての堤防を直したり、護岸工事を施すことは不可能なので、大きな被害が出そうな箇所の改修を優先しているのです。

河川の改修(治水事業)は、戦国時代から行われていることで、その目的は被害を最小限にすることです。たとえば、東京にある「隅田川」は、もともとは「荒川」でした。関東一円を襲った明治43年の大水害で、当時の東京府だけで150万人もの被災者を出した反省から、大規模な改修工事が行われました。

東側の地域を守るために水門を設け、幅500メートル、全長22キロメートルを開削して造った「荒川放水路」を現在の「荒川」とし、水門より下流の以前からの荒川を「隅田川」に改称したのです。

▲中央区洪水ハザードマップ 出典:東京都中央区HP

??ハザードマップを手に歩いてみよう

水害では、とくに「避難」が重要なポイントになります。避難場所や避難所に指定されていた建物が水没してしまったケースもありますので、必ずしも公共の避難場所や避難所が安全な場所とは限らないと心しておいてください。「避難所に行けばいいや」と思って行ってみたら、実はそこは地震の避難場所で水没してしまっていた――そんなことも現実的にはあるのです。

水害が起きた際、より高い場所、より安全に移動できるルートを自分と家族で共有しておくことが重要です。そうしておけば、生命上の問題はありません。間違っても大きなリスクがあるところに逃げないようにしてください。

水害用のハザードマップは見ておくだけでは十分ではありません。実際にハザードマップを手にして家の近所を歩いてみましょう。

海抜などを調べて「ここは低い土地なんだな」とか「ここは歩いて行きやすい場所だな」と確認しておくことで、より安全な避難ができます。「あっ! こんなところに急な斜面がある」「土砂災害の可能性がある」「ここには近づかないようにしよう」など、危険な箇所には“なんらかの兆候”があるはずなので、そんな実地検証を含めてハザードマップの確認をして防災の備えを怠らないでください。

ポイント・・・水害の際に安全に移動できる、高い場所をハザードマップで調べておく

▲ハザードマップを手に歩いてみよう イメージ:PIXTA

関連記事(外部サイト)