普通とはまったく違う大学生活を送る女子大生の泥臭い青春

防衛大学校の全学生に女子学生が占める割合はわずか12%、まだまだ世間的に認知度が低いとされる「防大女子」。一般の女子大生とはまったく違う世界に飛び込んだ彼女たちの生活、苦悩や喜びなどを防大OGや女性自衛官に取材し、自らも防大女子だった松田小牧氏が実体験を交えながら、特殊な環境で働く女性たちの本音、現在の問題点や課題をあぶり出す。

▲防衛大学校本部庁舎で国旗を降下する学生 [松田氏所有写真]

■防大の学生だって「女子」なのだ!

「防衛大学校(以下、防大)の学生」と聞いて、どういった姿を思い浮かべるだろうか。

多くの人が想像するのはおそらく、屈強な若い男性の姿ではないかと思う。だが、防大は男女共学であり、全学生の約1割を女子学生が占める。かつて私もその一員であったがゆえに、防大の女子学生の認知度の低さは身をもって知っている。

防大女子のイメージが湧きづらいのは、その数の圧倒的少なさにも起因する。1992年に女子が初めて入校して以降、2021年に至るまでの30年間に入校した女子の総数は約1300人。

ちなみに“女子が少ない”と言われている東大には、2021年5月の時点で2768人の女子学生が在籍している(約2割)。つまり防大女子は、東大女子よりよほど数が少ないうえ、卒業した者の多くがそのまま自衛隊に進むため、社会との接点は極めて限られる。

次に「防大の女子学生」のイメージはどうだろうか。気が強そう、運動ができそう、女らしくなさそう……。確かにあながち間違いではない。だが、それだけが全てではない。彼女たちだって「女子」なのだ。

▲防衛大学校卒業式で答辞を読む学生 [松田氏所有写真]

■防衛大学校の歴史・組織・設置場所の意図

はじめに、防衛大学校とはどういった組織なのかを簡単に説明しておこう。

建学の目的を「将来陸上・海上・航空各自衛隊の幹部自衛官となるべき者の教育訓練をつかさどるとともにそれらに必要な研究を行う」と謳う防衛大学校は、1952年に保安大学校として神奈川県横須賀市に設置。

1954年に保安隊から自衛隊と改編されたのに伴い、防衛大学校と改称され翌年に同市小原台の現在の地に移った。幕末にペリーが来航した場所にほど近い場所で、当時、京浜急行がゴルフ場を作っていたところ、初代学校長が開校を頼み込んだという。?

一般的な大学と異なり、文部科学省ではなく防衛省所管。英語では「university」ではなく「academy」、学生も「student」ではなく「cadet(士官候補生)」だ。おそらく、ほとんどの日本人が人生でそう使うことのない英単語だろう。

防大生とて自分が「cadet」だと名乗る機会はそうはない。私自身で言うと、おそらく横須賀の米軍基地に所属する米軍人にナンパされたとき「I'm NAVY(俺は海軍だよ)」の返しとして「I'm cadet」と答え、彼に「Wow……」と肩をすくめられた記憶しかない。

学校の場所は、京浜急行馬堀海岸駅からバスに乗ること数分、坂道を登ったところにある。校内からは、場所にもよるが東京湾を望むこともできる。

『防衛大学校五十年史』によると、同地が選ばれたのは

東京またはその近郊 海に接していて海上訓練に適している 十万坪の土地が確保でき、将来拡張の可能性がある

という理由によるという。

正門には警備員が常駐し、関係者以外の立ち入りはできない。なお、同校が置かれた地名から、しばしば防大は「小原台」とも呼ばれる。

防大の開校に当たっては、戦前・戦中の反省が大いに生かされた。まず、戦中は陸軍と海軍がバラバラだったことから、全ての要員が1ヵ所で学べる環境が望まれた。海外では、陸海空の士官学校は別々に設置されるのが普通であり、防大のように陸海空の士官候補生が一堂に介して学ぶ環境は極めて珍しい。

精神主義が軍部の暴走を招いたという反省を受けて、科学的思考を重視したことなどから、当初は理系学部のみが設置された。後に文系学部もつくられたが、今も理工系学科が11に人文系学科が3つと、学生の8割は理工系だ。

私が卒業した人間文化学科は、2000年に誕生した最も新しい学科となっている。開校当初は学位が授与されなかったが、1992年の卒業生から学位授与機構の審査を経て、学位が認められるようになった。

また、これらいわゆる「本科」の上には「研究科」も設置されている。研究科とはいわゆる大学院だが、防大は“大学”ではないため大学院とは銘打てず、研究科となった。研究科には卒業生以外、自衛官だけではなく一般からの入校も許されている。ただし、一般的には「防大」というと本科のみを指すことが多い。

防大生の身分は、特別職国家公務員たる自衛隊員。防大生は階級がない(武官ではない)ため、1佐・2尉のように階級のある“自衛官”ではなく「自衛隊員」となる。

■大学生だが自衛隊員であり公務員でもある

ただし、携帯を契約するときやカラオケ店、映画館などでは学割も適用されるため、そういうときは堂々と“大学生”として振る舞う。自衛隊員・公務員・大学生という肩書きを、時と場合によって使い分けることになるが、実感としては大学生という感覚が最も強くあるように思われる。

本来であれば、比較対象は諸外国の士官候補生たちであるべきだが、どうしても一般大学の学生と比べがちで、自由を謳歌する世間の大学生たちを羨む者が多い。

また公務員なので、一般の大学と異なり、学費はかからない。それどころか月額11万7000円(2019年12月現在)の学生手当が支給される。年2回のボーナスもある。朝昼晩のご飯は食堂で出され、制服も支給。寮費もいらなければ、校内に医務室があって薬も処方されるため、医療費もかからない。つまり、基本的に衣食住全てにお金がかからないのだ。

▲ボーナスも支給される! イメージ:PIXTA

平日は外出が禁止されているため、お金を使う機会は極めて限られる。給料すべてを休日のみで使うことを考えると、それなりの手持ちとなる。特に1学年は私服外出が許されず、お酒も飲めないため、よっぽどの使いかたをしない限りはお金が足りなくなるという事態は起こらない。ただし「下の学年には奢る」という風潮が強いため、4学年ともなると“足が出る”月もある。

学生服は「学生はもちろん、一般的にも魅力的でスマートなものを」と模索した結果、旧海兵と学習院の制服をミックスしたものとなった。ちなみに、このとき「旧陸軍制服は魅力がない」と指摘されている。冬服の色は「花紺」といい、当時は同じメーカーでも同じ色の紺の服地を作り出すことが困難だったため、同じ色を指定するために新たに花紺という色を作り出したと言われている。

■気になる防大学生の学力

2022年度の募集定員は推薦150人、総合選抜50人、一般280人の計480人で、うち女子は70人(文系20人、理系45人、総合選抜5人)と定員の約15%。私が在学していた2000年代後半には、女子の数はおよそ8%だったので、ほぼ倍増している計算だ。

学生の人数比に伴い、学力は文系女子が最も高く、理系男子が最も低いという傾向がある。文系は地方の旧帝大レベル、理系はMARCHレベルと言われている。

ただし、幹部候補生を育てる学校というのは、日本に1つしかないので、学力の幅はそれなりにある。そして一度入校してしまえば、あまり学力でどうこうということはない。

また、募集定員は定められているものの、合格者の多くが他の一般大に流れていくため、毎年かなりの数の合格者を出している。そのため、実際の入校者数は“期”によって人数のばらつきがある。私の入校時、一大隊の1学年女子は14人いたが、2学年の女子は7人しかいなかった。

防大は日本国籍を有しない者の入校が認められないが、世界各国の士官学校からの留学生の数は6%程度に及ぶ。ごくまれにあまり真面目ではない留学生もいるが、総じて彼・彼女らはエリートであり、日本人学生を差し置いて学科トップの成績を取る留学生も存在する。

▲教場で授業を受ける学生。少人数の授業が多い [松田氏所有写真]

授業は、普通の大学と同じような一般教養や英語、学部ごとの勉強が基本だ。そこに防衛学や統率、訓練といった防大ならではの授業が加わる。

防大を卒業すると曹長に任命され、陸海空それぞれの幹部候補生学校に進む。ここで初めて、それぞれの要員だけの教育が始まることになる。基本的に全員が幹部自衛官になることが前提なので、就職活動をすることはない。というより、してはならない。

毎年一定数は存在する、卒業後に任官しない学生(いわゆる「任官拒否」)も同様に就職活動をしてはならないため、民間への就職希望者はバレないようにこっそり探すか、卒業後に改めて職を探すことになる。

このような環境下で、全員が校内の寮に住み、4年間の学生生活を送る。それは間違っても「憧れのキャンパスライフ」とは言い難いものではあるが、そこには確かに泥臭い青春がある。この場所で得た経験は、良くも悪くも一生忘れられないものとなる。

▲訓練開始前に肩を組む陸上要員 [松田氏所有写真]

※本記事は、松田小牧:著『防大女子 -究極の男性組織に飛び込んだ女性たち-』(ワニ・プラス:刊)より一部を抜粋編集したものです。?

関連記事(外部サイト)