EV(電気自動車)の問題はリチウムイオンバッテリーの危険性にもあり

EV(電気自動車)は“未来のクルマ”だと思っている人も、きっと多いのではないでしょうか。実際、新聞やテレビのニュースではそのように伝えられていますが、実はまだまだ問題もあるのが実情です。そのなかでも、特にEVの心臓部である「リチウムイオンバッテリー」については、その特徴や危険性についてまったく知られていません。

加藤康子氏(元閣官房参与)、池田直渡氏(自動車経済評論家)、岡崎五朗氏(モータージャーナリスト)の3名が、EVの性能や機能性について語り合います。

▲電気自動車を通して見えてくる日本の産業や政治の問題点を徹底討論

※本記事は、加藤康子×池田直渡×岡崎五朗:著『EV推進の罠 「脱炭素」政策の嘘』(ワニブックス:刊)より一部を抜粋編集したものです。

■冬場のEVがヤバい!

加藤 2021年の1月、北陸の日本海側は大変な大雪で、1500台の自動車が道路で立ち往生しているというニュースが飛びこんできましたけれども、EVが雪道で“電欠”になると、どうなるのでしょうか?

▲雪に埋もれる自動車 イメージ:PIXTA

岡崎 EVにとって冬はきつい時期なんですよね。たっぷりとバッテリーが残っている状態でも、暖房をつけていると結構すぐになくなります。そこがまずガソリン車との大きな違いです。

こういう話をすると、EV推しの人たちは「いや、ノルウェーなんかではEVがガンガン走ってる」って言うんですけど。ノルウェーは、日本のようなドカ雪が降らないんです。寒いところですが、豪雪地帯ではないんですね。

日本は世界でも豊かな自然環境ですが、大雪や水害など自然災害も多い国です。そういう国で、すべてのクルマがEVになって、ちゃんとうまく回っていくのか? 答えはNOだと思います。

加藤 あのときは自衛隊が出動して、ガソリンを配っていましたね。

岡崎 そうです。ガソリンなら配れますけど電気は配れません。

池田 軍隊は当然インフラがないところでも戦争しなきゃいけない。だから、そういう場所に燃料を運んで、配って回れるような技術と設備はだいたい持っているわけです。だけど電気については、そんなものはないですよね。

加藤 電欠になったら何日間もずっと身動きがとれない……。

池田 電気が切れたクルマが100台あれば、レッカー車100台分が必要なのが現状です。

■「EVは環境に優しい」の嘘

岡崎 そもそも「なぜEVなのか?」というと、「地球のため」「脱炭素のため」って言うわけじゃないですか。

加藤 ほぼそれです。

岡崎 あれ嘘です。確かにエンジン車(ガソリン車、ディーゼル車)の排気管からはCO2が出るけれど、EVにはそもそも排気管がない。

でも「充電する電気はどこで作られていますか?」「発電所の煙突からシューっと出ているのはなんですか?」ということです。

電気を作るときにCO2が大量に出ていますから、出ている場所が違うだけなんですよね。

EVになったらゼロ・エミッション(CO2排出ゼロ)って言われますけど、この理屈を考えた人はちょっと天才だっていうくらい、“わかりやすい大嘘”です。

池田 まぁ、最初は手心を加えられていたわけですよ。「環境に対して良い技術だから、多少の誇張は許しましょう」ということだったんですけど、現実にはバッテリーを作る段階でもCO2はいっぱい出ます。

それから、クルマが走っているあいだには、これは発電の際の化石燃料の構成比によるんですけれども、日本の場合には70%以上が化石燃料で、ものすごい勢いでCO2が出てしまう。それからバッテリーを廃棄するときなども、とてもCO2負荷が高い。

岡崎 そこに関しては、さまざまな試算があるんですけど。じゃあ「EVと普通のガソリン車とでは、どっちがいっぱいCO2を出すのか?」と言うと、EVはバッテリーを生産する段階で多くのCO2を出すので、だいたい10万km走ってトントンになるくらいなんですね。

それ以上走ると、EVの方がちょっとずつ良くなっていきます。

でも、日本のクルマってだいたい13万km平均で廃車になるんです。だから、トータルで考えるとあまり変わらないということにもなりますね。

▲クルマはだいたい13万km平均で廃車になるので… イメージ:PIXTA

■「EVのバッテリーは環境に悪い」の本当

加藤 「EVは環境に優しい」と言われますが、リチウムイオンバッテリーは実のところ環境に厳しいと思います。

例えば、日産はEVにおいては先駆的な取り組みをしていて、廃車後のバッテリーの処理まで考えてビジネスを設計しており、福島にはリサイクル工場もあります。

EVが廃車になったとき、バッテリーをどこに廃棄していくのかは実に大きな問題です。もし、日本のクルマ全部がEVになったとしたら、これは将来、大変な環境問題になります。車載バッテリーという巨大な産業廃棄物をどう扱っていけばいいのか……。

池田 この問題で難しいのは、まだ何も確立されていないということです。

本当に全部の日本車がEVになったときにどうなるか? そんな話をすると、出来る派と出来ない派で対立が起こるわけですよ。スマホやパソコンのリチウムイオン電池とは量が違いますからね。

また、将来的な目標値の話をしているのか、今の話をしているのか、といった時間軸での議論が置き去りになって、いつも話がすれ違ってしまうんですね。

岡崎 リサイクルもそうですし、あとはリユースの議論もあります。使用後のバッテリーを、家庭用の蓄電池として使う方法も検討されていますね。

加藤 2年前のことですが、スマホ・PC・加熱たばこ等で使われる充電池が捨てられて集積される産業廃棄物の処理場で、発火事故が多発しているという新聞記事を読みました。

池田 これは本当に大事なことなんですけど、バッテリーというのは、実によく燃えるものなんですよ。恐ろしいことなんですけど……。

▲リチウムイオン電池の発熱と発煙 イメージ:PIXTA

関連記事(外部サイト)