日本でDX(=ITを活用してもっと儲ける)が進まない納得の理由

最近、ニュースで取り上げられることの多いDX(デジタルトランスフォーメーション)の話題。端的に言えば「ITを活用してもっと儲ける」という意味のDX。世界ではかなり進んでいる一方、日本ではなかなか浸透せず、後塵を拝している印象を受けます。しかし、そこには世界と日本の仕事に対する姿勢の違いが根底にあるようです。元国連職員で海外就業経験も豊富な谷本真由美氏に、その理由を聞きました。

※本記事は、谷本真由美:?著『世界のニュースを日本人は何も知らない3』(ワニブックス:刊)より一部を抜粋編集したものです。

■DXという言葉自体、世界では一般的ではない

最近、日本では「デジタルトランスフォーメーション」(DX)というIT用語が流行っています。

経済産業省のDXを推進するための「DX推進ガイドライン」によれば、DXとは「企業がビジネス環境の激しい変化に対応し、データとデジタル技術を活用して、顧客や社会のニーズを基に、製品やサービス、ビジネスモデルを変革するとともに、業務そのものや、組織、プロセス、企業文化・風土を変革し、競争上の優位性を確立すること」と定義されています。

ひとことでいうと「ITを活用してもっと儲ける」という意味です。

日本ではなぜか、どこもかしこもDXですが、海外ではこのワードは一般的ではありません。コンサル会社とか、ごく一部のビジネス系メディアが使っているだけです。

かつての「IT化」と最近の課題が大きく異なるのは、技術面の激変と外部環境の変化です。技術に関してはAIの登場だけではなく、ビッグデータからソーシャルメディア、通信環境の向上、スマートフォンやタブレットの登場というように、ビジネスプロセスの大幅な見直しが必要なものが大量に登場しています。

外部環境の変化に関しては、市場の変化やグローバル化が大きく、さらに今回のコロナ禍による働き方改革やビジネスプロセスの見直しがあります。また日本に関しては、少子高齢化による労働力の減少、国内市場の縮小という他の先進国よりも厳しい条件が追加されます。

さて私が驚かされるのは、日本でいまさら「DXをやりましょう!」ということが話題になっている件です。ヨーロッパではそんな概念的な話はとっくの昔に終わっていて、今は何を実践し、より効率的に収益性を高めるかが課題になっています。

▲ヨーロッパではすでにDXの実践段階にある イメージ:PIXTA

カンファレンスでもメディアでも業界の集まりでも「DXをやりましょう!」なんて総論は話題にもならないし、語っている暇もありません。なにせ今はコロナ禍でどこもそんな余裕はなく、どうやってデジタル化を効率よく進めて組織を「潰さないようにするか」ということが中心です。

欧州のそのような状況は、マッキンゼー・アンド・カンパニーが2016年に発表した『2016 Industry Digitization Index』にもあらわれています。

欧州全体のデジタル化浸透度は12%で、もっとも高いのがイギリスの17%です。アメリカの18%には及びませんが、全体としては行政でもビジネスでも、かなりのデジタル化が進んでいます。

■効率化を求める以外方法がない欧州のビジネス環境

保守的にみえるヨーロッパですが、ビジネスでも普段の生活でも、さまざまな点で日本よりデジタル化が進行し、それが顕著なのが行政サービスです。納税や情報配布などのデジタル化の徹底度合いは、日本とは比べものになりません。

金融も進んでいる分野で、特に「Fintech」(従来の金融サービスとIT技術を組み合わせた領域)は欧州全土で展開する企業も多く、その柔軟性や利便性は驚くべきレベルです。

なぜ日本よりもアナログな国が多いヨーロッパで、デジタル化が進んでいるかというと、最大の原因は人件費の高さと労働慣習です。

ヨーロッパは雇用規制が日本よりもはるかに厳しいため、労働工数の管理に厳密な国が多く、有給も全部消化、ルーズな印象の南部でも労働時間をきっちり守るので、日本のようにダラダラと仕事をすることができません。

費用分しか仕事をしないので、収益性を高めたい場合は日本のように精神論などに頼らず、デジタル化して効率化するほかないのです。

実際にヨーロッパで経営企画や管理業務をやるとよくわかりますが、とにかく人件費が高い。その割には熱心に働かないので、いかに短時間で結果を出すかが大切で、効率化を進めるしかないのです。

▲欧州では人件費が高く、熱心に働かない人も… イメージ:PIXTA

お金を払っても働かないし、怒っても効果はなく、納期の遅れは当たり前。間違いも多く、間違っても気にしない。日本のような品質は期待できません。

とにかく日本式が通用しないので、管理側がうまく回る仕組みを工夫しなければなりません。そこで結局、システム化がもっともコストがかからないので進んでいきます。いちいち人を入れ替えて訓練するよりも、機械をいれてエイヤッでやってしまうのが一番確実なのです。

私が現場で観察してきた感覚では、日本でDXが進みにくい理由は、欧州のような環境がないがために効率化や付加価値の増加という動機が薄いからだと言えます。

日本の場合は「DX」というと、すぐに技術やトレンドの話になりがちで、バズワードの言葉遊びで終わってしまうのですが、ポイントはそこではなく、もっと根源的なものなのです。

関連記事(外部サイト)