「70歳までは人生の予行練習」高齢化社会で日本が進むべき道とは?

少子高齢化による年金問題が取り沙汰されている現代日本。しかし、考え方を変えれば少子高齢化はうれしいことだと語る元外交官の馬渕睦夫氏。年金問題や社会保障といった問題にとらわれず、少子高齢化の社会を豊かな時代として生きるためには、我々はどのような考えを持つべきなのだろうか?

※本記事は、馬渕睦夫:著『道標(みちしるべ) -日本人として生きる-』(ワニブックス:刊)より一部を抜粋編集したものです。

■本当の人生は70歳から始まる

馬渕 田中英道先生(歴史家・美術史家)がお書きになった『老年こそ創造の時代』(勉誠出版/2020年)というご本のなかで、「70歳までは人生の予行練習」というくだりがありました。また、森信三先生(哲学者・教育者)の『修身教授録』(致知出版/1989年)にも同様の主旨で、「四十にして仕(つか)う」と書かれています。

これは何かというと、「40歳までは予行練習で、本当の人生は40歳から始まる」という意味です。森先生の本は戦前の本だから、その頃の平均寿命は50歳か60歳ですよね。

今は寿命が30年か40年延びている、とすれば、当時の40歳は今の70歳だから、言っていることは同じなんです。70歳までを準備期間として、そこで一つの転機に達するということだと解釈しています。

往々にして人は、自分の若かりし時代が準備期間であることを知らずに、ただ過ごしていくのですね。そして、一生を準備期間のまま終わってしまう人がほとんどじゃないでしょうか。

僕の講演を聞きに来る人は、シニアの方々が多いのですが、今のようなお話をするわけです。そこには会社をリタイヤした方もいれば、専業主婦の方もいる。

「皆さん、準備期間を終えて、これからがいよいよ本当の人生が花開くんですよ」というふうに話すと皆さんの目がキラキラしてきますよ(笑)。

――なるほど。勇気付けられますね(笑)。

▲本当の人生は70歳から始まる イメージ:プラナ / PIXTA

■少子高齢化は恐るべきものではない

馬渕 少子高齢化という言葉をよく耳にしますね。まるで高齢化が困った存在のように言われますけど、いま言ったことに気付けば、それは決して悪いことではない。高齢化社会というのは、いよいよ「創造の時代を迎えた人が日本に増える」ということです。

そういう人たちをいかに活用していくか、それまでとは違った形でいかに活躍していただくか、というのが、本当の意味での高齢者対策ではないでしょうか。こういった発想は、戦後の経済優先のものの考え方からは、残念ながら出てこないのですね。

それから、現役の厚労省の社会保障担当の、30代から40代の官僚の頭の中からも出てこないでしょう。なぜなら、彼らはまだ“準備期間”にいるからです。人生というものが包括的に見えていないのです。

――高齢化社会の一つの問題として、介護や年金制度の崩壊などが話題になりますね。

馬渕 確かにそういう問題もあります。ただ、そこで止まると、唯物論的な考えで終わってしまいますね。

老後を快適に過ごすとか、介護の充実というものは切実な問題かもしれないけど、若い人が働き、税金を納め、高齢者が年金という果実をいただくという、つまり「与える側と与えられる側」という一方通行の考え方だけだと、当然、限界があるわけです。

少子化で高齢化の社会においては、そういう発想は、もうすでに行き詰っていると言えるでしょう。

▲少子高齢化による年金問題 イメージ:阿部モノ / PIXTA

■培ってきた力を発揮できる老年は「創造の世代」

――すでに行き詰まっていますか?

馬渕 年金のシステムを変えられるかどうかはわからないけど、生き方は変えられる。それに気付けば、老年の人生もすごく楽になる。

現在、厚生年金を受給している人は月20万円くらいです。公務員の人が受け取る共済年金もほぼ同額ですし、国民年金のみだと5万円の方もいらっしゃいますね。この受給金額自体を増やすということは、現行のシステムでは無理なわけです。

マーケット・エコノミー(市場経済)から見れば、月20万で生活するのは大変かもしれないけれど、「老年こそ創造の世代」という視点から見れば、また違ったものが見えてくる。

それには、老人の、あるいは年金生活者のクリエイティビティ(創造性)を活かすような社会にしていくということですね。そうすると年金の受給額は同じでも、生きがいが変わってくるというか、生活の仕方が変わってくる。

「創造」というのは、「新しい価値」をつくっていくということです。その新しい価値にこそ市場価値もついていくのではないでしょうか。

例えば今、学校の先生が不足していて、先生がオーバーワークしているというけれど、学校を定年退職したベテランの元教師をなぜ活用しないのだろう、といつも思います。

そういう先生は、現役時代に培った創造力というものがある。創造力が熟成された時点で定年になって、現場を引退しなければいけない。実にもったいないことです。ベテランの先生が創造力を発揮して、現役時代にはできなかった広い意味での社会教育を行えるような社会になれば、結果的にそれは日本全体のプラスになる。

今までのようにね、年金とか社会保障とかいった、狭い、唯物的な観点からだけではなく、これからはそれを超えた発想というものが求められてくるのではないでしょうか。

――定年を迎えてからがむしろ、やりたいこと、やれることが見えてくるというわけですね。

馬渕 一生懸命に働いてきてね、予行練習をようやく終えて、自分が培ってきた能力をいよいよこれから活かそうと思っても、活かせない社会になっているのです。

政府は高齢化社会に向かって全世代的な社会保障とか、そんな難しいことを考えているようだけど、そんなことよりも、老人のクリエイティビティをどう活かすかを考えたほうが、むしろ年金問題の解決には役立つのではないでしょうか。

先に挙げた田中先生の本は、厚生労働省の役人は参考にすべきですね。役人的な頭からすると、基礎的な計算は大事なことかもしれないけれども、そこで終わっていたのでは、いつまでたってもこの問題は解決しない。

▲培ってきた力を発揮できる老年は「創造の世代」 イメージ:Luce / PIXTA

■家族の相互的な関係を取り戻す社会へ

日本はだんだんと老人を大切にしない社会になりつつあるのではないでしょうか。昔の大家族のシステムの下では、老人はとても大切にされていたのです。

今、痴呆老人や認知症の問題がクローズアップされていますね。家族が介護ノイローゼで自殺してしまうなんて話もよく聞きます。でも、昔は認知症の老人がいなかったかといえば、いたわけですよ。それをお世話することが苦であるという発想がなかった。老人介護なんて言葉もなかったわけです。

例えば、昭和30年代は今より日本はずっと貧しかった。経済的にはずっと大変だったのにもかかわらず、子育てはもっと楽だった。それは、子や孫がおじいちゃん、おばあちゃんと一緒に住んでいたから。

おじいちゃん、おばあちゃんは子どもの面倒をみながら、自分の経験を教えてあげることができる。そのおじいちゃん、おばあちゃんが老いて動けなくなったら、家族みんなで世話をする。

つまり、関係が与える側から与えられる側への一方通行ではなくて、双方向の関係だったわけです。今は物理的にそういう関係は成立しにくくなっている。孫とは、せいぜいお盆かお正月に会うぐらいでね。これは実にもったいないことだと思いますね。

老人は単にケアされる対象じゃないのですよ。老人も与えることができる。周りの人に、社会に貢献できるのです。その機会を奪っているといえますね、今の社会は。

人間はどんな年齢になっても、どんな環境にあっても、「与える存在」であり得るということです。そういうことに気付いていけば、我々の毎日の生活というのは、もっと幅が広がってくると思うのですよね。

老人の経験なり知恵を活かす社会を目指すべきです。そうなれば、高齢化社会なんてそう恐れる必要はないと思います。人間はどんな厳しい環境の下に置かれても、なおかつ他人や社会に何かを与えることが出来る存在であり続けるわけですから。

▲家族の相互的な関係を取り戻す社会へ イメージ:MAPS / PIXTA

関連記事(外部サイト)