アーカイブなくして国家なし! なぜ公文書管理が必要なのか?

「アーカイブ(公文書管理)は、私の救国シンクタンクの研究テーマであり、世の中に普及させていきたい政策」だと語る倉山満氏のもとに、熱のこもった投稿論文が集まった。「救国シンクタンク」の記念すべき第一回懸賞論文の授賞式の模様を、ニュースクランチ編集部が特別リポート。

■豪華審査員による初の懸賞論文企画

『救国のアーカイブ――公文書管理が日本を救う』(ワニブックス、2021年)の著者である倉山満氏(憲政史家)が所長・理事長を務める一般社団法人「救国シンクタンク」において、令和3年9月7日〜令和4年1月31日の期間に初の懸賞論文の募集が行われました。

課題は、倉山満氏の著作『救国のアーカイブ』の内容を踏まえ、「なぜ文書管理が必要なのか」について論じるというもので、応募資格はなし。審査を務めたのは、所長の倉山満氏のほか、同シンクタンク研究員の江崎道朗氏(評論家)、渡瀬裕哉氏(国際情勢アナリスト)、中川コージ氏(戦略科学者)といった、現在の日本の言論界をけん引する豪華な顔ぶれです。

そして、厳正なる審査の結果、大賞は岡澤亜希さんの『なぜ文書管理が必要なのか〜東京オリンピック・パラリンピック競技大会から学ぶ日本における文書管理の課題』、奨励賞は福永文子さんの『民主主義へ繋がる民意の爪痕〜アーカイブの発展は納税者の権利意識の向上と共に』が受賞となりました。

【大賞】岡澤亜希

『なぜ文書管理が必要なのか〜東京オリンピック・パラリンピック競技大会から学ぶ日本における文書管理の課題』

【奨励賞】福永文子

『民主主義へ繋がる民意の爪痕〜アーカイブの発展は納税者の権利意識の向上と共に』

■倉山満氏の「アーカイブ」を普及させたい思い

授賞式は研究員の中川コージ氏の司会のもと、理事長・所長の倉山満氏の開会のあいさつに始まり、表彰状の授与、審査講評、受賞者の一言という流れで進行していきました。

「アーカイブ(公文書管理)は、私の救国シンクタンクの研究テーマであり、世の中に普及させていきたい政策」だと語る倉山満氏。今回の懸賞論文企画では、熱のこもった応募作品が投稿されてきたものの、最初に目を通した段階では「正直、受賞作なしかな……」と考えていたそうです。

しかし、岡澤さんと福永さんの作品に“光るもの”を見つけたため、修士論文や博士論文の口頭試問のような形で倉山氏がお二人と個別に面談。問題点を修正する意志があるか尋ねたところ、お二人とも丁寧に書き直して、受賞にふさわしいクオリティに仕上げてきたといいます。以下は倉山氏の審査講評です。

「2人の受賞理由はまったく違います。岡澤さんに関しては、最初は“佳作”かなと思ったんですが、ここまで完成度が高いものになった以上は大賞かなと、審査員一同、衆目一致で決まりました。極めて学術論文的なものになっておりますので、今後、救国シンクタンクで懸賞論文企画を続けていくときに、この水準を目指さなければいけないとなると大変だな、というところは懸念ですけれども、しっかりとしたものを書いていただいたと思います」

「福永さんは、“奨励賞”にしようか、あるいは“頑張ったで賞”にしようかと、審査員の間で大変激論になりましたけれども、『これはもう論文でも感想文でもなく、活動記録だな』という点は全員一致しまして(笑)。一方で『面白かった』という点も全員一致です。この面白さを残したまま、本当に問題があるところだけ直していただいて、賞をとれるクオリティに仕上げてくださいました」

「これを機に『アーカイブ』という言葉を普及させることが、今回の目的でしたので、お二人が参加してくださったことで、意義がある文書を世に問えるということになりました。次回以降は別のテーマになると思いますけれども、第1回にふさわしいお二人になったかなというふうに思います。兎にも角にもおめでとうございます」

■1行でも誰かの何かの役に立ったら

倉山氏に続いて、江崎氏、渡瀬氏、中川氏よる審査講評が行われたあとは、受賞者のお二人から次のような言葉が述べられました。

▲岡澤亜希さん 出典:救国シンクタンクHP

岡澤亜希さん この度は貴重な賞をいただきましてありがとうございます。私の場合は、夫が倉山先生の大ファンで、本が出たときにまず「素晴らしい本が出たから読め」と言われて読んで、素晴らしい、面白い本だなと思って。

さらに、懸賞論文の応募が出た時点で「書け」と言われて、「私が書くんですか?」と思ったんですけれども(笑)。やっぱり、論文を書くという作業を通じて、すごく咀嚼して自分事に置き換えて考えたというのが、とても楽しかったですし、勉強になりました。

こういう素晴らしい研究員の先生方に読んでもらえる機会だと思ったので、全文というよりは、1行とか1パラグラフでも読んでよかったな、と思っていただけるようなものを書きたいと思って書いたので、このような賞をいただけて本当に光栄に思います。

講評されるのは正直、恥ずかしいなという気持ちが大きいんですけれども、やっぱり1パラグラフでも1行でも、誰かの何かの役に立ったらいいなと思いますので、またこういう機会があればチャレンジしたいなと思います。本日は貴重な賞をありがとうございました。

▲福永文子さん 出典:救国シンクタンクHP

福永文子さん 私の本当に楽しい活動と“気づき”を、論文という形でまとめる機会をいただきまして本当に感謝です。活動だけでも本当に楽しかったのですが、論文を書くこと自体もとても楽しく、さらにこのような評価をいただきまして、本当に奇跡のような思いでいっぱいです。一人でも多くの方に読んでいただいて、このワクワクと楽しさ、気づきを皆さんと共有したいです。

■日本におけるアーカイブの「課題」がまとめられた

大賞を受賞された岡澤亜希さんの論文は、東京オリンピック・パラリンピック競技大会が「東京2020組織委員会」と称される期間限定の官民混成の公益社団法人――公的存在でありながら、公文書管理や情報公開に関する国や都のルールは及ばない、という性質も持つ組織によって運営されていた点に着目し、日本におけるアーカイブのあり方と、その課題について考察したうえで、課題解決に向けた提言をされています。

奨励賞を受賞された福永文子さんの論文は、政治家に向けて減税や規制改革を求める「減税活動」に携わってきたご自身の経験を通じて、アーカイブの重要性と現状の課題を認識するにいたる過程が、臨場感たっぷりに語られており、まさに「活動記録」として読者を引き込む内容になっています。

懸賞論文懸賞論文( https://kyuukoku.com/%e7%ac%ac%e4%b8%80%e5%9b%9e-%e6%95%91%e5%9b%bd%e3%82%b7%e3%83%b3%e3%82%af%e3%82%bf%e3%83%b3%e3%82%af-%e6%87%b8%e8%b3%9e%e8%ab%96%e6%96%87%e5%8b%9f%e9%9b%86%e3%81%ae%e3%81%8a%e7%9f%a5%e3%82%89%e3%81%9b/ )

関連記事(外部サイト)