教育のプロが指摘。「高望みするな」教師の言葉は8割正しい

年頃の子をもつ親なら誰もが心配する「子どもの進路」。我が子がどうしても行きたいと懇願する志望校があるのに、担任の先生から「高望みすぎます」と言われたらどうすればいいのか……。スクール・コンサルタントであり、心理カウンセラーとしても活躍する諸富祥彦氏が提示する“一番大切なこと”とは――。

※本記事は、諸富祥彦:?著『教師の悩み』(ワニブックス:刊)より一部を抜粋編集したものです。

■志望校選定で意見が合わない時どうする?

保護者は、学級担任の先生にさまざまなことを相談します。中学校や高校の先生への相談でもっとも多い内容のひとつは、「子どもの進路について」だと思います。

多くの中学校では、子ども・保護者・担任の三者による「三者面談」、子どもを交えないで保護者と担任で行う「二者面談」、校長と保護者が直接面談する「校長面談」など、さまざまな形で面談の機会を設けています。

このような複数の面談の機会を設けることによって、保護者も担任も子ども自身も「みんなが本当に納得のゆく進路選択」ができるように工夫しているわけです。

進路相談においてしばしば見受けられるのが、子どもと保護者が選択した進路について、担任から「それは高望みすぎます。無理ですよ」と言われるケースです。

▲志望校選定で意見が合わない時どうする? イメージ:PIXTA

結論から言うと、その場合は8割がた先生の言う通りにしたほうがうまくいくようです。

中学校の先生方は進路について多くの情報を共有していることが少なくありません。やはり「情報量の多さ」という点では、多くの保護者は学校の教員にはかなわないものです。ですので、中学校教師の「合否の予測」は当たることが多いのです。

それでも親として悩ましいのは、子どもから「どうしてもここの学校に行きたい。諦めがつかない」という強い希望があるのに、担任からは「それは無理だ」という答えしか返ってこない場合です。

このようなときどうするか。担任のアドバイスに従って最初から諦めるべきなのでしょうか。

■子どもが後悔しない選択が何より大切

もちろんケースバイケースだと思いますが、私は「お子さんが第一志望の学校をどうしても諦めきれないのであれば、その学校を受けさせてあげる」のも一案だと思います。

なぜならば、先生のアドバイスに従って、不本意ながら第二志望、第三志望の学校しか受けなかった場合、その学校に合格して入学したとしても、不本位感がままならず、結局不登校になってしまい、学校を中退することになってしまう子どもも少なくないからです。

なぜそうなるのか。それは単に「その学校がイヤだ」というだけでなく「第一志望の学校を受けられなかった。受けさせてもらえなかった」という思いが「心のしこり」となって残ってしまうからです。

場合によっては、死ぬまでずっと「あのとき担任から私の第一志望を認めてもらえなかったから、私の人生は狂ったのだ」「あの担任のアドバイスに従ったから、私の人生はこうなってしまったのだ」と、恨みつらみを抱えて生きることにもなりかねません。

当然のことですが、人間、自分の人生は自分で生きることしかできません。

したがってどんなに担任が反対しようと、どうしてもお子さんが受けたいという学校があるのであれば、その学校を受けさせてあげるのが一番だと思います。それが将来ずっと続く不本意感を解消するために、もっとも重要な知恵かもしれません。

▲子どもが後悔しない選択が何より大切  イメージ:PIXTA

心から受けたかった第一志望の学校を受けたならば、たとえ不合格であったとしても、お子さんにも親御さんにも「やるべきことをやった」という達成感が残ります。

そうすれば、第二志望、第三志望の学校に行かざるを得なくなったとしても、その現実を受け入れやすくなります。

そして残念ながら、第一志望以外の学校に通わざるをえなくなった場合には、親としてこんなふうにアドバイスしてあげるのがいいでしょう。

「あなたが行くのに一番いいことになっている学校に、受かることになっていたのよ」

これは、私の娘が第一志望校に落ちたときに、実際に娘にかけた言葉です。

関連記事(外部サイト)