大切な人がコロナうつになったら? 精神科医が教える寄り添い方

家族や身近な人が心身に不調をきたしているとしたら、どうしたらいいでしょうか。基本的には早めの受診をおすすめしますが、周囲の協力も不可欠です。精神科医の藤野智哉医師が、コロナうつを見守る際に心掛けてほしいメソッドを紹介します。

※本記事は、藤野智哉:?著『コロナうつはぷかぷか思考でゆるゆる鎮める』(ワニブックス:刊)より一部を抜粋編集したものです。

■暗いニュースによって飲酒量が増加する

近年はうつ病などに対する理解が進んだとはいえ、ネガティブなイメージを持っている人は少なくありません。「甘えている」「なまけている」などの誤解は、その最たる例でしょう。

これらの偏見が回復の障壁となっているとしたら、私たちはそれらを根本的に改めタイミングに来ているのかもしれません。

責任感が強く、きちんとした性格の人ほど、心にストレスをためやすいことがわかっています。真面目は人ほど、自分の不調を認めたがらないものですが、大事なのは病気に対するきちんとした理解を持つことです。

同じように大切なのが周囲の理解。放置するとさらに悪化する場合も多いため、すぐに受診をすすめてください。

厚生労働省の発表では、障害有病率が5〜7パーセントのうつ病は「心の風邪」と言われることもありますが、風邪とは比較にならないほどつらいものです。早期発見も肝心です。また、女性は男性の倍なりやすいといわれています。

支えとなる家族やパートナーは、一緒に落ち込まないことも大事です。コロナうつを見守る際に心掛けてほしいメソッドを紹介します。

▲暗いニュースによって飲酒量が増加する イメージ:PIXTA

災害などのあとは、被災者のアルコール使用量が増えることが統計から示されています。

日本では大切な人をなくしたり、つらいときに「お酒でまぎらわす」ことがあります。「献杯をする」という文化も当たり前のように根付いていますよね。阪神・淡路大震災、東日本大震災や熊本地震のあとも、アルコール使用量の増加傾向が見られました。

2001年のアメリカ同時多発テロの際も、アルコール・たばこ・マリファナの使用増加が見られました。

人は強いストレスを受けると、何かに依存したくなるものです。特にアルコールに関しては、メディア報道に接した頻度と強い相関関係があると推定されています。

今回のコロナ騒動は、自粛により自宅生活が長く続き、テレビをはじめとするメディアが報じる暗いニュースに触れる機会が非常に多かったことで、飲酒量が増える可能性は大いにあります。

これは通常生活を送っている人にも、十分起こりうる身近なことです。

■外出自粛がもたらしたストレス

自粛期間は私たちに大きな試練を与えました。

いつもなら働いている時間に家にいるということは、これまでありませんでしたし、コロナの感染に不安を抱えたまま自宅で過ごすことになりました。家族がいない人は孤独な時間を過ごしました。不安が尽きず、普段より時間が長く感じたことでしょう。

一方、家族がいる人はいる人で、これまでにない長い時間を共に過ごして、それがストレスにもなりました。

当たり前に送っていた日常生活が、当たり前ではなくなったことに気がついたとき、私たちは大きなストレスに直面してしまいました。

たとえば、同居をしている家族とケンカをしても、家を飛び出して頭を冷やすこともできません。焦りや不安を感じたとしても、常に家族の目があり、逃げ場のないことが、さらに気持ちを追い込んでしまったかもしれません。

■優しい“お節介”で追い詰めないように

元の日常になかなか戻れないことは、焦りを増幅させます。

「休んでいてはいけない」
「何かしないと時間がもったいない」
「働かないとお金がない」
「自分が働かないと会社が回らない」

しかし冷静に考えましょう。みんなが同じように働く必要はないし「何もしない」という時間の使い方だってありなのだと。

たとえ1人がいなくなっても会社は回ります。もし1人抜けただけで回らない会社なら、それは会社が悪いし、その責任を個人が負う必要はありません。

弱っている人が個人事業主だったら「あなたのような才覚があれば、少しくらい休んでもどうにかなる」という話をしてあげてください。

身近な人が元気がないときは、とにかく心配になるものです。優しい人ほど小まめに連絡をして、どうにかしてあげたいという気持ちから、お節介を焼きたくなるものです。

相手を心理的に追い詰めないことも大事です。答えを急いでも、いいことは一つもありません。人は物事が思い通りにいかないとイライラしますが、他人が自身の思い通りに動かないことは当然です。

期待をするからイライラするし、しんどくなるのです。相手を思いやった自分の行動に対するリアクションがなくても、気にしてはいけません。

■以前の生活には“戻れない”ことを受け入れる

コロナは私たちの生活を一変させました。

自宅にいても意外と仕事ができることに気がついた人もいましたし、皆が在宅ワークのなか職場に足を運ばないと成立しない仕事でも、そのスタイルを大きく変える必要性がでてきました。

慣れないテレワークや生活の変化は、あなたにどんな影響を与えましたか?

いいこともあれば、悪いこともあったのではないでしょうか。

たとえば、通勤時間がなくなったのはいいことでした。混雑した電車に揺られることはストレス以外のなにものでもありません。

自粛期間が終わり、元の生活スタイルが戻ってこようとしています。人は変化に弱いので、そのことで大きな安心を得るでしょう。

▲以前の生活には“戻れない”ことを受け入れる イメージ:PIXTA

ただし、これまでとまったく同じような生活に戻れるかといえば、そんなことはないでしょう。人と人のコミュニケーションはますますオンライン化して、人と直接話す機会はますます減ると思います。

それが気分を沈ませる要因となることを理解してください。

この先は不安なことばかりが起きるわけではない、と自分自身にも言い聞かせるために、ニュースなどをきちんと理解して、何が起きているかを端的に、またそれが予測される範囲内のことである(コントロール下である)ということを、自信を持って伝えてあげることも大事です。

変わってしまったことを惜しんでも返ってこないものもあります。失ったことを嘆くのでなく、現状をキチンと見つめなおし、受け入れることが必要であると伝え、その中でできることを一緒に考えていきましょう。

関連記事(外部サイト)

×