子育て世代からシニアまで注目が集まる足立区の魅力

近年は家賃のお手頃感や物価の安さが注目を浴び「穴場」としてテレビ番組に取り上げられることが多く、再開発の進む北千住は住みたい街ランキングの上位に浮上。それでも足立区を敬遠するのは、やはり「怖い」「危ない」「貧しい」という評価が頭の中にこびりついているからだろう。23区研究のパイオニア・池田利道氏に足立区の魅力を語ってもらった。

※本記事は、池田利道:著『なぜか惹かれる足立区』(ワニブックス:刊)より一部を抜粋編集したものです。

■平成になるまで大学がなかった足立区

2013年に葛飾区金町の工場跡地に東京理科大学が開校した。葛飾区では、古くから新小岩駅の近くにあった聖徳栄養短大を母体として、東京聖栄大学が2005年に開校しており、これが2つめの大学になった。

江戸川区には、これも古くから小岩に愛国学園短大(旧愛国学園女子短大)があり、2015年に東北大学国際会計政策大学院が、2019年には青森大学の東京キャンパスが新設された。つまり昭和の時代、葛飾・江戸川両区には、各区1校ずつの短大はあったものの大学はなかった。

昭和の足立には、大学どころか短大もなかった。足立区に初めて大学ができるのは平成の世になって4年後の1992年のこと。綾瀬に放送大学の東京足立学習センターが開設される。同センターは2000年に千住に移設するが、放送大学という特性から、区の総合学習施設のワンフロアに入居しており、キャンパスもっていない。足立区の悲願だった本格的な大学の誘致が実現するまでには、もうしばらく時間がかかる。

2005年、区は統廃合で廃校となった千住地区内の小中学校跡地に大学を誘致する構想を打ち出す。翌2006年、旧区役所庁舎跡地にオープンした「東京芸術センター」に隣接する旧千住寿小学校の跡に、東京藝術大学の音楽専攻の学部が開校した。

続く2007年には、東武スカイツリーラインの堀切駅のそばにあった旧足立第二中学校の跡地に東京未来大学が開校。足立第二中学校は、TVドラマシリーズ『3年B組金八先生』の舞台となった「桜中学」のロケ地となったところ。そう説明すれば、40代以上の方ならおよそのロケーションが浮かんでくるだろう。

▲平成になるまで大学がなかった足立区 イメージ:PIXTA

2010年になると、隅田川沿いの旧元宿小学校と児童館・老人館の跡地に帝京科学大学が開校する。かつて千住名物として親しまれた「お化け煙突」が立っていた旧東京電力千住火力発電所のお隣だ。インターネットで古い写真を見るとまさに下町の中の下町。そこに大学ができるとは、当時誰も想像できなかっただろう。

さらに2012年には、北千住駅東口駅前のJT住宅跡地での東京電機大学の開校と続く。東京未来大学以降の3校は足立に本部を置き、帝京科学大学と東京電機大学では、開校後もキャンパス内施設の増設や教育・研究内容の拡充が続いている。

■大学との共存共栄を目指す街づくり

足立区が目指したのは、単に大学ができ、学生が集まり、街が賑やかになったり街のイメージが変わることだけではなかった。

大学が子どもたちの未来への目を開く場になること。地域の産業との間で、ニーズ(大学に求めること)とシーズ(大学が提供できること)が結びつくこと。学生が街に住む人々や商店街との触れ合いを通じて、学校では学べない教育の場を提供すること。つまり、大学と街が共存共栄を図っていくこと。ここに共感が芽生えたからこそ、大学が足立という街に熱い目線を注ぐようになったのだ。

講座、イベント、産業連携等々、足立では大学と街との連携が日常的に繰り広げられている。学長会議、大学実務者会議などを通じた相互コミュニケーションも深い。その実績の積み重ねが、ついに千住という枠を超える広がりをみせる。

竹ノ塚駅から北東方向に、直線距離で約2kmの花畑5丁目に、文教大学の「東京あだちキャンパス」が2021年4月に開校することが決定。国際学部、経営学部のあわせておよそ1640人の学生が、足立で学ぶことになる予定だという。

教育の場ではないが、日暮里・舎人ライナーの江北駅近くには、東京女子医大東医療センターの荒川区からの移転も決まった。2021年の開設が予定されており、450床の地域の中核医療施設ができるとともに、看護専門学校等も併設される。

近年、大学病院は病気の治療だけでなく、病気の予防、健康増進、介護支援や子育て支援拡充への関与など、地域医療連携に積極的だ。健康をキーワードにした、街と大学との新たな連携が期待される。

「まずは千住から」という戦略的な視点に立った選択と集中があったのかもしれないが、やはり千住は足立の中では異色な街だ。千住を超えた広がりがあってこそ、足立が変わったと掛け値なしで評価できる。その意味で、文教大学の開校も、東京女子医大病院の移転も、足立の変化が第2段階に入ったことを告げている。

■若いママ・パパにとってはハードルが高い?

若いお母さんたちが足立を敬遠するのは、やはり「怖い」「危ない」「貧しい」という評価が頭の中にこびりついているからだろう。

なるほどこの3点セットが揃っていたら、子育てには向かないと考えるのも無理はない。「いや誤解だ!」といったところで、それはようやく区民が気づいたレベルにとどまり、区外にはまだ浸透していない。

▲若いママ・パパにとってはハードルが高い? イメージ:PIXTA

住宅を購入すれば40年、50年と住み続ける。子育てらしい子育ては、せいぜい10年か15年で終わってしまう。だから、もっと長い目でみる必要があるといったところで、いま頭の中が子育てでハチ切れそうになっている人に、そんな理屈は通じない。

おまけに、家賃が安い足立より、もっと家賃が高い物件を売った方が儲けが大きくなる不動産業者は「安いだけの足立より、こんなお買い得の物件がありますよ」とささやきかける。かくして、足立に住むという選択肢はますます可能性をなくしていく。

若い人たちと比べ、酸いも甘いもかみ分けてきた中高年は、もっと冷静に街を見分ける力を、これまでの経験の中で蓄えている。しかも福祉力に富む足立は、彼らに大きな魅力を感じさせる条件が整っている。だとすれば、ターゲットはここだ。

30代で重視した子育てが終わり、さらには30代だった当時に重視した、もうひとつの住宅選択条件だった通勤が、定年を迎えて意味をなくしても、人々は30代の時点で選んだ街に住み続ける。

そのうちに子どもはすべて巣立ち、年を取った夫婦2人が残り、やがて配偶者が亡くなりひとり暮らしとなる。最後は生活の手助けが必要となり、見かねた子どもは自分たちが住む街に老親を呼び寄せる。

ところが、年を取ってしまうと、新たな人間関係を築くことが億劫になるから、見知らぬ街に引っ越すと日々の生活に張りがなくなる。その後に残っているのは、身体も心も急速な老いだけとなる。

■「終の住家」として足立区はオススメ

この悪循環を断ち切る最善の方策は、子どもは巣立ったがまだ身体も心も元気な50代になったら、思い切って「終の住家」を選ぶことだと私は主張し続けている。

このときこそが足立のチャンスだ。50代ではまだ通勤は残るが、足立ならそれほど苦痛にはなるまい。おそらくその歳になると、再び持ち家の購入を考える人は少ないだろうから、高齢者にとって住みやすく、かつ良質な賃貸住宅が用意されていれば、足立に住むという選択肢が大きく高まる可能性が期待できるようになってくる。

もうひとつのポイントは、シルバータウンのように高齢者だけが増えるという事態を回避することだ。

実は、高齢者が暮らしやすいような地域の絆にあふれる街は、30代の子育て世代にも暮らしやすい街となる。親が足立に住むようになり、身近に足立の街を知れば、いまは頭から「パス」と拒否している若い人たちも「結構いい街なんだね」と改めて足立を見直し、足立への一方的な敬遠が間違っていたことに気づくだろう。

▲「終の住家」として足立区はオススメ イメージ:PIXTA

子どもが住む街に親を呼び寄せるから、高齢者は不幸な最期を余儀なくされる。逆に親が子どもを引き寄せる形になれば、高齢者も幸せな老後を過ごすことができる。子ども世代は若いのだから、多少問題が出てきたとしても、それを乗り越えていくことができるはずだ。

もちろんそのためには、街の側で取り組んでいかねばならない課題は少なくない。中高年層にとって、さらに若い人たちにとっての魅力的な住宅を増やしていくことは、その大前提となる。しかし、街は生き物だ。最初に政策的なインセンティブを与えることで好循環を呼び込むことができれば、後は市場原理に任せればいい。

八方ふさがりの感が否めない「足立に住むという選択肢」に突破口を開くための、ひとつの考え方だと思うのだが、いかがだろうか。

関連記事(外部サイト)