昭和と平成の断絶を回避し、宮中祭祀の伝統を復活させた上皇陛下

日本国憲法体制において、初めて皇位を引き継がれた上皇陛下は、皇位を継承された時点で、昭和60年から始まった宮中祭祀の形骸化を阻止し、皇室の伝統を再び復活させようとされた。近現代史研究家の江崎道朗氏によると、皇室の歴史と伝統に基づく「象徴」の解釈を打ち出された、のだという。

■昭和天皇の戦争責任について問い質す記者会

上皇陛下の毅然とした御対応とは対照的に、昭和50年代から政府は、中国・韓国や国内のサヨク団体に迎合し、戦前・戦後の断絶を積極的に容認するばかりか、戦前までの日本の政治的伝統を否定していくようになっていく。

平成元年8月4日当時、天皇皇后両陛下の平成初めての記者会見で、記者会は昭和天皇の戦争責任について、執拗に問い質している。

記者 昭和天皇が亡くなられて以降、戦争責任の問題が国の内外で改めて論議されました。天皇と戦争責任、それをめぐる現在の論議について、どの様にお考えでしょうか。陛下の戦争と平和に対するお考えをお聞かせください。

陛下 昭和天皇は、平和というものを大切に考えていらっしゃり、また、憲法に従って行動するということを守ることをお努めになり、大変ご苦労が多かったと深くお察ししています。先の戦争では、内外多数の人々が亡くなり、また、苦しみを受けたことを思うと、誠に心が痛みます。日本は、新しい憲法の下、平和国家としての道を歩み続けていますが、世界全体で一日も早く平和が訪れるよう切に願っています。

記者 今の質問に関連して陛下にお伺いします。先頃、中国の李鵬(りほう)首相が来日しましたが、このときの会見で陛下は日中戦争をめぐり中国に、遺憾の意を表明されたと伝えられました。どのようなお気持ちでそうおっしゃったのか、お聞かせ下さい。

陛下 その問題については、公表しないことになっております。

記者 さきほどの昭和天皇の戦争責任の質問で、昭和天皇は平和を大切にし考えておるとおっしゃいましたが、これは陛下として、昭和天皇には戦争に関する責任はなかったとお考えだというふうに、とらえてよろしいでしょうか。

陛下 私の立場では、そういうことはお答えする立場にないと思っております。

昭和天皇の戦争責任論について、それを否定するにしろ、あるいは肯定するにしろ、何らかの言質を新天皇から取ろうと食い下がる記者会に対して、上皇陛下は、昭和天皇が「ご苦労が多かった」という追慕の心だけを示された。

陛下はこうしたお言葉で、戦争責任論も含めて昭和天皇が背負って来られたものを、御自身から切り離すことなく、一切引き受けられたのである。ジャーナリストの打越和子氏は次のように述べている。

記者会は、なんとかして新天皇から「あの戦争は間違っていた」といったニュアンスの言葉を引き出そうと必死の様子であった。昭和天皇の戦争責任の有無についても、「責任があった」というお言葉を勿論期待しているのだが、反対に「責任はなかった」とはっきり言われたなら、それはそれで大きな問題にできる――そのような野卑な心情をもって構えていたのである。

しかし、陛下はこの記者会の期待を見事に躱(かわ)された。慎重に言葉をお選びになって、問題にされるようなお言葉は一言もおっしゃらなかった。

「その問題については、公表しないことになっております」「私の立場では、そういうことはお答えする立場にないと思っております」という答えは、答えとしてまことに素っ気なく、質問者を満足させるものではない。このような解答をするのは実は相当勇気のいることである。「記者を喜ばせてやろう」「自分にはちゃんとした意見があることを示さなければ」というような安易な心が働いて、余計なことを言ってしまうのが私たち凡人である。しかし、陛下の御心はそのような小賢しい配慮からは遥か遠いところにあり、無言をもって歴史の断絶を回避せられた。
[『祖国と青年』平成11年7月号]

昭和天皇の戦争責任論が再燃しても、政府がまったく頼りにならないなかで「昭和天皇の御心を承け継ぐ」と宣言することは、戦争責任という問題を承け継ぐことにもなる。

引き受けるのと、切り離すのと、どちらが楽かと言えば、もちろん切り離す方が楽なのだ。ドイツのワイツゼッカー大統領のように「時代が変わったのだから、私には戦争責任は関係ありません」というやり方もあり得た。

だが、陛下は安易な道を選ばれなかった。

■?昭和から平成への御代替りは「継承」

世界中から164カ国、30の国際機関の代表者が集った昭和天皇の御大喪(ごたいそう)「葬場殿の儀」において、陛下は切々と心をこめて、昭和天皇のための御誄(おんるい)を読み上げられた。

▲葬場が設営された新宿御苑 出典:ウィキメディア・コモンズ

明仁(あきひと)謹んで御父昭和天皇の御霊(みたま)に申し上げます。

崩御あそばされてより、哀痛は尽きることなく、温容はまのあたりに存あってひとときも忘れることができません。?殿(しんでん)に、また殯宮(ひんきゅう)におまつり申し上げ、霊前にぬかずいて涙すること四十余日、無常の時は流れて、はや斂葬(れんそう)の日を迎え、轜車(じしゃ)にしたがって、今ここにまいりました。

顧みれば、さきに御病あつくなられるや、御平癒(ごへいゆ)を祈るあまたの人々の真心が国の内外から寄せられました。今また葬儀にあたり、国内各界の代表はもとより、世界各国、国際機関を代表する人々が集い、おわかれのかなしみを共にいたしております。

皇位に存られること六十有余年、ひたすら国民の幸福と世界の平和を祈念され、未曽有の昭和激動の時代を、国民と苦楽を共にしつつ歩まれた御姿 は、永く人々の胸に生き続けることと存じます。

こよなく慈しまれた山川(さんせん)に、草木(そうもく)に、春の色はようやくかえろうとするこのとき、空しく幽明を隔てて、今を思い、昔をしのび、追慕の情はいよいよ切なるものがあります。誠にかなしみの極みであります。

上皇陛下が昭和天皇の戦争責任について、あるともないともお答えにならなかったことを「逃げた」と評した論者もいた。

しかし陛下はお逃げになったのではない。断絶を回避されたのである。昭和から平成への御代替りは断絶ではなく、継承であったのだ。?

▲「断絶」ではなく「継承」 イメージ:PIXTA

■断固として皇室の伝統を守り抜くのだという御決意

上皇陛下は、皇位を継承された時点で、昭和60年から始まった宮中祭祀の形骸化を阻止し、皇室の伝統を再び復活させようとされた。

昭和64年1月7日の昭和天皇の崩御に伴って、神器とともに皇位を承け継がれた陛下は、明治の御代に整備された皇室祭祀を厳修し、昭和44年に「テラスからモーニングコートで拝礼」に簡素化された四方拝(しほうはい)を、伝統に則って神嘉殿(しんかでん)南庭に戻し、5月と10月の年2回に減らされていた旬祭〔しゅんさい=毎月1日、11日、21日に掌典長(しょうてんちょう)が祭典を行い、1日には天皇が御親拝(ごしんぱい)する〕も、毎月の御親拝に復活された。

平成2年、上皇后陛下は次のような御歌を詠まれている。

神まつる昔の手ぶり守らむと旬祭にたたす君をかしこむ

これは、明治天皇の次の御製を踏まえたものだと拝察される。

わが国は神のすゑなり神祭る昔の手ぶり忘るなよゆめ

GHQによって皇室祭祀令は廃止されたが、(当時の)天皇陛下は、明治天皇のこの呼びかけに応えて国家・国民のための祈りを今もなされています――このようなメッセージを、上皇后陛下はわれわれ国民にお示しになっているように思われる。

宮中祭祀について、陛下御自身も平成21年4月、御成婚50年の記者会見で次のようにお述べになった。

▲御祭服姿の上皇陛下(1990年) 出典:ウィキメディア・コモンズ

(皇室の伝統について)私は昭和天皇から伝わってきたものはほとんど受け継ぎ、これを守ってきました。この中には新嘗祭のように古くから伝えられてきた伝統的な祭祀もありましたし、田植えのように昭和天皇から始められた行事もあります。新嘗祭のように古い伝統のあるものはそのままの形で残していくことが大切だと考えます。

内閣法制局が、現行憲法の政教分離条項に基づいて、宮中祭祀を形骸化しようとしてきたとしても、われわれは断固として皇室の伝統を守り抜くのだという、固い御決意がそこには伺われる。

長年、皇室記者を務めた久能靖氏もこう述べている。

天皇は歴代の天皇の中ではもっとも熱心だといわれるほど宮中祭祀を大切にしてこられ、即位されるとすぐに全皇族を集めて専門家から宮中祭祀についての講義を受けさせているほどである》
[久能靖『天皇の祈りと宮中祭祀』(勉誠出版)]

■厳格に皇室の伝統を正確に受け継がれた

元宮内庁掌典の鎌田純一氏によれば、占領軍によって廃止された紀元節祭も、上皇陛下は昭和天皇の御心を受け継いで大切に守られている。

▲勅使を遣わせる橿原神宮(奈良県) 出典:PIXTA

―― 天皇陛下は2月11日の日はどのようにお過ごしでしょうか。

鎌田 思し召しによる宮中三殿への臨時御拝があります。戦後GHQの圧力で紀元節祭は廃止されてしまい、紀元節祭という名称は使っていませんが、先帝(昭和天皇)は戦前の紀元節祭を受け継がれ、2月11日には臨時御拝のお祭りを欠かさずなさいました。そして今の陛下もそれを受け縦がれ、そのまま行っておられます。またその日は(神武天皇をお祀りする)橿原(かしはら)神宮に勅使(ちょくし)を遣わしておられます。
[『日本の息吹』平成八年二月号]

しかも陛下は、皇室の伝統を正確に受け継ぐために、祭儀においてどのように行動するのか、その意味はどういうことなのか、徹底的に研究し練習されているという。前述の鎌田純一氏はこう証言している。

外国ご訪問のとき、天皇皇后両陛下、皇太子同妃両殿下の場合はご出発とご帰国のとき、必ず宮中三殿でお祭りがあり、伊勢の神宮、神武天皇陵、昭和天皇陵に御直拝あるいは御代拝なされます。他の皇族方の場合は賢所に御拝されてから行かれ、またご帰国のあとすぐに御拝なさいます。そのことは極めて厳重です。

その厳重さはお祭りにおける御所作やご研究の態度にも現れています。私自身が実際にお仕えさせて頂いて、陛下は日本のどの神主よりも御所作が厳格ですし、そのお祭りの意義或いは沿革について詳しく研究された上でお臨みであると拝見させて頂きました。ご即位後、伊勢の神宮に行かれたときにも、御所作について念を押され、ご下問になる。その厳格さに私は思わず感嘆し、きっと天照大御神様はおよろこびでいらっしゃるなあと感じました。

▲伊勢神宮内宮 正宮 出典:PIXTA

昭和40年代から、政府が変質していくなかで、初めて日本国憲法下で皇位を継承した陛下は、次のようなことをなされたのだ。

皇室の歴史と伝統に基づく「象徴」の解釈を打ち出された。

日本国憲法を排撃するのではなく、憲法と憲法典の違いを踏まえつつ歴史に立脚した解釈を貫くことによって、八月革命説や天皇ロボット説を乗り越えられた。

リスクを厭わず、国家国民のために尽くすことを象徴の使命と宣言され、その通りに行動された。

昭和と平成の断絶を回避し、昭和天皇の御心を承け継がれた。

昭和の時代に形骸化が始まった、宮中祭祀の伝統を復活しようとされた。

――これが、御即位に際して陛下がなされたことなのだ。すさまじい思想力である。

※本記事は、江崎道朗:著『天皇家百五十年の戦い』(ビジネス社:刊)より一部を抜粋編集したものです。

関連記事(外部サイト)