「日本各地の力を呼び覚ます」御巡幸による効果とは?

上皇陛下が皇后陛下とともに、被災地や戦跡をはじめとして全国各地を御巡幸されるお姿は、平成の間に私たち国民の目にすっかり親しいものになったが、皇室の歴史の中で明治天皇が開かれた「新しい先例」である。両陛下が全国を回られることで、訪問される地域では何が起こるのかを近現代史研究家の江崎道朗氏が解説する。

■全国をくまなく巡られた平成の御巡幸

上皇陛下が皇后陛下とともに、被災地や戦跡をはじめとして全国各地を御巡幸され、行く先々で地元の人々にきめ細やかにお言葉をおかけになる姿は、平成30年間の間に、私たち国民の目にすっかり親しいものになった。

全都道府県をくまなく訪問して各地の実情を見ることや、災害が起こったときに、苦しみ悲しむ人々を訪れて話を聞き、励ますことを、陛下は象徴の大切な務めとして渾身の御努力で続けて来られた。

平成の30年が過ぎた今、国民皆が陛下の御献身ぶりを知っている。陛下は平成15年までに全国の47都道府県のすべてを御巡幸された。

その後も御巡幸は続き、平成30年間で全都道府県それぞれを2回以上御訪問されている。平成30年8月までの時点で、各都道府県御訪問回数は総計で500回を超える[竹内正浩:著『旅する天皇』(小学館:刊)]。

もしかすると私たちは、今となっては、陛下が全国を回ってくださることを、むしろ当たり前のことのように思ってしまっているのかもしれない。

だが、天皇の地方行幸は皇室の歴史の中で当たり前だったわけではない。「巡幸」という言葉は古くは日本書紀に出てくるが、天皇が自ら全国を回って国民の状況を深く知ろうとされる地方巡幸は、皇室百二十五代の歴史の中で明治天皇が開かれた「新儀」、つまり「新しい先例」なのである。

▲「第38回全国豊かな海づくり大会」にて 出典:ウィキメディア・コモンズ(?環境省ホームページより)

昭和天皇も明治天皇の御巡幸の志を受け継ぎ、敗戦と占領に痛めつけられた国内各地を御巡幸され、国民を励まされた。上皇陛下の御巡幸も、明治天皇・昭和天皇のお気持ちを受け継がれている。そして、全都道府県をもれなく御巡幸されたのは歴代天皇で初めてのことである。

昭和天皇の地方御巡幸は、昭和20年代の全国御巡幸のあとは、全国植樹祭と国民体育大会秋期大会御臨席のための、年二回のお出ましを慣例とされていた。陛下はこの二つに加えて、全国豊かな海づくり大会への御臨席を加えられ、さらに「隣県御訪問」や「地方事情御視察」という新しい行幸啓の仕組みを始められた。

「隣県御訪問」とは、植樹祭・国民体育大会・海づくり大会の開催県御訪問の際、隣県一県にお立ち寄りになるというもので、平成3年から続けられている。さらに平成4年からは、地方事情の御視察だけを目的とした行幸啓を始められた。

国家・国民に尽くすとは、すべての都道府県の国民の実情を自分の目で知ること――そのようなお考えのもと、全国をくまなく巡る平成の御巡幸を続けて来られたのである。それは、昭和天皇の志を受け継いで戦後復興を見届ける旅でもあった。

▲天皇在位中の上皇陛下 出典:ウィキメディア・コモンズ(外務省ホームページより)

■「私的旅行」の目的地も災害や戦争に関わる場所

国家と国民統合の象徴として、なぜ全国津々浦々への御訪問が大切なのか。陛下御自身が、平成28年8月8日のビデオメッセージ「象徴としてのお務めについての天皇陛下のおことば」の中で端的に語られている。

私が天皇の位についてから、ほぼ28年、この間私は、我が国における多くの喜びの時、また悲しみの時を、人々と共に過ごして来ました。私はこれまで天皇の務めとして、何よりもまず国民の安寧と幸せを祈ることを大切に考えて来ましたが、同時に事にあたっては、時として人々の傍らに立ち、その声に耳を傾け、思いに寄り添うことも大切なことと考えて来ました。天皇が象徴であると共に、国民統合の象徴としての役割を果たすためには、天皇が国民に、天皇という象徴の立場への理解を求めると共に、天皇もまた、自らのありように深く心し、国民に対する理解を深め、常に国民と共にある自覚を自らの内に育てる必要を感じて来ました。こうした意味において、日本の各地、とりわけ遠隔の地や島々への旅も、私は天皇の象徴的行為として、大切なものと感じて来ました。

皇后陛下の「島々への訪問」、陛下の「とりわけ遠隔の地や島々への旅」という言葉が示すように、陛下は、北は利尻島から南は与那国島まで、離島訪問にも特に尽力されてきた。

陛下が訪問された島は、皇太子時代を含めると55に及び、島と言いながらも実際には本土と陸続きのものや橋でつながっているものを除いても、平成29年までの間に20に達するという。[竹内氏前掲書]

▲満蒙開拓平和記念館(長野県阿智村) 出典:ウィキメディア・コモンズ(Photo:Ebiebi2 2016)

平成25年から、御用邸などでの御静養とは別に、両陛下の「私的旅行」が始まった。宮内庁としては公務軽減策の一つとして、ゆっくりお二人で季節や風景をお楽しみいただきたいという趣旨だったそうだが、実際には両陛下は、災害や公害や戦争に関わる土地を「私的旅行」の目的地として選ばれていることが多い。あくまで「天皇に私なし」なのだ。

平成25年には、福島第一原子力発電所の事故で避難生活を余儀なくされていた飯館村など、平成26年には足尾銅山鉱毒問題の関連施設、平成27年には福島県を再び訪れ、以前大雨災害で訪問を断念した桑折町のモモ生産農家や、飯舘村などからの避難者が住む福島市の復興公営住宅を御訪問された。

平成28年には満蒙(まんもう)開拓平和祈念館を御訪問、元開拓団員三人とお話をされている。[竹内氏前掲書]

■御巡幸が呼び覚ます「地方の力」

両陛下が全国を回られることで、訪問される地域では何が起こるか――これを知ることで、なぜ陛下が全国御巡幸を「天皇の象徴的行為として、大切なもの」とお考えなのかがより深く理解できる。

陛下がお見えになると御訪問先の道路が整えられ、掃除も行き届いてきれいになるので、一昔前のメディアは「天皇は箒(ほうき)である」と揶揄(やゆ)したものだった。だが、もちろん御訪問の「効果」は、そのような次元にとどまるものではない。

▲昭和39年房州(千葉県南部)ご訪問時の上皇上皇后陛下

陛下を迎えることで、その地域は、陛下に誰と会っていただくか、何を御覧になってもらうかを考えなくてはならなくなる。そのことを通じて「自分たちは何者なのか」を認識することになる。御巡幸を契機に、自らが住む地域のアイデンティティの再確認がなされるというのが、実はとても重要なことなのである。

陛下が県庁などで御休憩されるとき、お茶と一緒にどんなお菓子を出すかということ一つをとってもそうなのだ。郷土に古くから伝わる銘菓を出すのか。それとも、今、我が町で評判になっている菓子を選ぶべきか。一つ一つ考えることで、自分たちがどういう素晴らしいものを持っているのかを確認する機会になる。

自分たちが何者なのかを再認識することが、自分たちが持っているものをさらに活かして、地域を発展させていこうという原動力につながる。

御巡幸には、その地域の力を呼び覚ます、すさまじいほどの効果があるのだ。

国民と苦楽を共にしつつ、国民がよりよい方向に発展するよう精神的に支え続けること、それが「象徴としての日々を生きる」という言葉の意味なのだ。

天皇が「国家及び国民統合の象徴」であるということは、憲法の条文によって規定されている。それはそれで重要な側面ではある。

だが、陛下は象徴であるとはどういうことなのか、何をなすべきかを深くお考えになった。そして「国民と喜びや苦しみを共にしつつ、それぞれの人たちの叡智や素晴らしさを引き出していく。全国を回り、さまざまな人々と会うことで、日本の国がよりよい方向に進むようにすることが皇室の役割である」とおっしゃり、実際にその通りに行動されてきたのだ。

※本記事は、江崎道朗:著『天皇家百五十年の戦い』(ビジネス社:刊)より一部を抜粋編集したものです。

関連記事(外部サイト)