アクタージュが作者逮捕で連載打ち切りへ。過去にもあったジャンプ漫画作者の逮捕。

アクタージュが作者逮捕で連載打ち切りへ。過去にもあったジャンプ漫画作者の逮捕。

アクタージュが作者逮捕で連載打ち切りへ。過去にもあったジャンプ漫画作者の逮捕。の画像

週刊少年ジャンプに連載中の漫画『アクタージュact-age』の原作者である松木達哉容疑者が強制わいせつの罪で逮捕されました。この逮捕を受けて、週刊少年ジャンプ編集部は謝罪をするとともに『アクタージュact-age』の打ち切りを発表しています。この事件によって29歳と若く、将来を嘱望されていた漫画家のキャリアに大きな傷がつくことになりました。

少年ジャンプで連載中の漫画『アクタージュact-age』の原作者である松木達哉容疑者が強制わいせつの容疑で8月8日に逮捕されました。松木容疑者は今年6月18日に歩いていた女子中学生の背後から自転車で近づき、追い抜く際に胸を触り逃亡したと見られています。また、この1時間後にも別の女子中学生が同様の被害にあっており、松木容疑者と似た人物が監視カメラに映っていたことから、警察では関連を調べています。警視庁によると松木容疑者は調べに対して容疑を認める発言をしているとのことです。

この松木容疑者の逮捕を受けて、週刊少年ジャンプの編集部は社会的責任の大きさを受け止め、『アクタージュact-age』の打ち切りを決定しています。その結果、8月11日発売の週刊少年ジャンプ36・37合併号への掲載をもって『アクタージュact-age』は連載終了となりました。また、『アクタージュact-age』関連の刊行物や各種イベントについては今後、関係各所と協議の末、決定することになっています。

この事件のあおりを受ける形となったのが『アクタージュact-age』の作画を担当していた宇佐崎しろさんです。宇佐崎しろさんはTwitterアカウントの自身の説明文でかつては『アクタージュact-age』の作画担当と書いていたにもかかわらず、現在では単に「漫画家です」としか書かれておらず、その境遇について心配の声が上がっています。また、週刊少年ジャンプの編集部も作画担当の宇佐崎しろさんについてはサポートをしていくことを明らかにしています。

『アクタージュact-age』は天才的な演技の才能をもつ主人公が女優として成長していく姿を描いたもので、これまで単行本が12巻まで続き、累計発行部数が300万部を超える人気の作品です。2022年には『アクタージュact-age〜銀河鉄道の夜〜』のタイトルで舞台化される予定で、舞台版の主人公役のオーディションも7月から一般公募という形で始まっていたばかりでした。

松木達哉容疑者は29歳とまだ若手でありながらジャンプの月例新人漫画賞の審査員を務めるなど、将来を期待された存在でした。しかしながら、今回の逮捕によってそのキャリアに大きく傷がつくことになりました。

松木達哉容疑者は2017年に読切漫画『阿佐ヶ谷芸術高校映像科へようこそ』をデビュー作品として週刊少年ジャンプに掲載させるとSNSを中心に話題となるなど、2作目となる『アクタージュact-age』だけでなく、デビュー当時から注目度が高かった漫画家でもありました。こうした嘱望された未来を自ら捨てることになった松木達哉容疑者ですが、松木達哉容疑者の漫画家としてのキャリアが完全に潰えたというわけではありません。

これまでにも週刊少年ジャンプに連載中に逮捕されたものの、後に週刊少年ジャンプに復帰している漫画家もいます。島袋光年氏は『世紀末リーダー伝たけし!』を連載中に16歳の女子高生に8万円を支払って売春行為を行っていたとして、児童買春禁止法違反で2002年に逮捕されています。しかしながら、2年後の2004年にスーパージャンプにて『RING』を掲載し、2005年から同じくスーパージャンプにて『世紀末リーダー伝たけし!』を完結させた後、2008年には美食家を題材としたバトル漫画『トリコ』で週刊少年ジャンプに復帰しています。このように必ずしも逮捕されたからといった漫画家としてのキャリアが終わるというわけではありませんが、昨今のコンプライアンス重視の風潮で復帰ができるかは定かではありません。

島袋光年氏の例から明らかなように今回の事件によって松木達哉容疑者の漫画家としてのキャリアが終わったわけではありません。しかしながら、松木達哉容疑者が漫画家として復帰をするためには反省の態度を世間に対して示すことで、この事件について世間が気にならなくなるようにしていく必要があります。

関連記事(外部サイト)