元TOKIOの山口達也容疑者が酒気帯び運転の容疑で逮捕。TOKIOの復活は完全消滅か?

元TOKIOの山口達也容疑者が酒気帯び運転の容疑で逮捕。TOKIOの復活は完全消滅か?

元TOKIOの山口達也容疑者が酒気帯び運転の容疑で逮捕。TOKIOの復活は完全消滅か?の画像

元TOKIOの山口達也容疑者が9月22日、酒気帯び運転で現行犯逮捕されていることが分かりました。2018年には女子高校生に対して酩酊状態で強制わいせつ事件を起こしており、芸能界から引退していましたが、今回の事件によって、芸能界への復帰の道は閉ざされることになりそうです。

元TOKIOの山口達也容疑者が9月22日、酒気帯び運転で現行犯逮捕されていることが警視庁の発表によって明らかとなりました。山口達也容疑者は2018年に女子高校生に対してわいせつ行為を行った際にも酩酊状態だったことが報じられていることから、またもやお酒によって不祥事を犯したことになります。

山口容疑者は2018年にはNHKのバラエティー番組「Rの法則」で共演した女子高校生に対する強制わいせつの疑いで書類送検されていました。自宅に招いた女子高校生に対して、山口達也容疑者は酩酊状態で強引にキスをしたり、顔を舐めまわすなどした他、「なにもしないなら帰れ」などの暴言を吐いたとされていました。

この強制わいせつ事件をきっかけに山口達也容疑者はジャニーズ事務所から無期限の謹慎処分を命じられたものの、その後山口達也容疑者自らジャニーズ事務所を退所することとなりました。こうした事件に対して行われたTOKIOの記者会見ではTOKIOの松岡昌宏氏が山口達也容疑者に対して「正直僕らはアルコール依存症だと思っていました。」と述べており、山口達也容疑者のアルコール依存への根深さが今回の酒気帯び運転でも明らかとなっています。

山口達也容疑者の周辺では山口達也容疑者の芸能界復帰のために株式会社の設立などが進められていました。しかしながら、今回の事件で山口達也容疑者の復帰計画に大きな狂いが生じることとなってしまっています。

TOKIOのメンバーでは長瀬智也が2021年3月末でジャニーズ事務所を対処することが発表されているのに対して、城島茂・松岡昌宏・国分太一の三人は株式会社TOKIOを設立することが発表されていました。城島氏らはこの会社に他のタレントを受け入れることはしないと発言しているものの、山口達也容疑者をまずはスタッフとして受け入れるのではないかと見られていました。しかしながら、今回の酒気帯び運転によって山口達也容疑者はその可能性を自らの手で握りつぶすこととなってしまいました。

TOKIOのメンバーが山口達也容疑者の受け皿を用意していたにもかかわらず、酒気帯び運転逮捕されてしまったことから、かつて酩酊状態で強制わいせつ事件を起こしてしまったことへの反省が生かされていないことも発覚してしまいました。これまでにも山口達也容疑者には幾度となく復帰の噂がありましたが、山口達也容疑者が復活できると信じてきたTOKIOのメンバーの期待を裏切るような行為をしてしまったことによって、山口達也容疑者の復帰は非現実的なものになってしまったと言えそうです。

関連記事(外部サイト)