東京五輪メダル候補の瀬戸大也に不倫報道。アスリートに求められるモラルとは?

東京五輪メダル候補の瀬戸大也に不倫報道。アスリートに求められるモラルとは?

東京五輪メダル候補の瀬戸大也に不倫報道。アスリートに求められるモラルとは?の画像

東京五輪のメダルが期待されていた瀬戸大也が自身の不倫報道を認め、謝罪を行いました。この不倫報道を受けて味の素がCMを削除するなど、すでにスポンサーにも影響が出始めています。日本では悪役アスリートが少ないため、こうした不祥事はアスリートの今後のキャリアに大きな影響を与える可能性があります。

優佳夫人との間にもうけた2人の子育てにも積極的に参加してきた”イクメン”としての顔をもっていた瀬戸大也が2020年9月24日、所属事務所のHP上で不倫報道の事実を認めて謝罪文を公開しました。その謝罪文では自身の軽率な行動により数多くの人へ迷惑をかけたことを謝罪するとともに、家族とは今後のことについて話し合う方針であることが報告されています。

東京五輪のメダル候補として期待されていた瀬戸大也は数多くのCMに出演していました。しかしながら、この不倫騒動によって夫婦で揃って出演していた味の素の「勝ち飯」のCM動画がすでに味の素の公式HPから削除されています。瀬戸大也が所属する全日本航空(ANA)とは4年契約で年間1億円以上で契約をしているとも言われており、その外にも数多くのスポンサーがついていることから、こうしたスポンサーからの支援にも悪影響が生じる可能性があります。

こうしたアスリートと同じくCMに起用されることの多い芸能人。芸能人の不倫においても今回の瀬戸大也のようにCMがすくに削除されるという点では共通しています。しかしながら、その一方でアスリートの不倫と芸能人の不倫との間にはスポンサーに対する違約金の有無という点において大きな違いがあります。

企業が芸能人を広告に起用する場合、その起用する芸能人に人間的な魅力を感じている消費者を企業はターゲットにしています。そのため、その芸能人の人間的な魅力が損なわれるような不倫などの不祥事では違約金が発生するケースが多いとされています。それに対して、アスリートの場合、人間性というよりもスポーツ選手としての魅力をもとに起用している場合が多く、プライベートとは分けて考えられているため、違約金が発生しないケースが多いといわれています。

しかしながら、味の素が瀬戸大也の不倫報道を受けて即座にCMの削除に踏み切ったように、アスリートも不祥事を起こせばスポンサーの撤退につながる可能性があります。かつてプロゴルファーのタイガー・ウッズが不倫報道によって失ったスポンサー収入は100億円とも言われています。このように一流スポーツ選手であるほど、スポンサー撤退による収入減が大きくなってしまいます。

アスリートの多くはプロとしての競技人生よりも、引退後の人生の方が長くなります。そのため、競技人生においてより優れた結果を残すということだけを考えるのではなく、引退後のキャリアやスポンサー獲得にも目を向ける必要があります。

その引退後のキャリアやスポンサー獲得のいずれにおいても重要となるのがアスリート自身のブランディングです。サッカーの中田英寿や本田圭佑のように、アスリートの競技成績だけでなく、普段の振る舞いからファンに見られていることを意識し、一流選手ならではのこだわりや生き方を見せていく。こうしたアスリート自身のイメージを高めることによって引退後のキャリアやスポンサー獲得にも道が開けてきます。

そのブランディングを考える上でアスリートが善人である必要はありません。ラケットをたびたび破壊し、フラストレーションを露骨に発散させるテニス選手のジョコビッチや、プレー中の過剰な演技やチームメイトであっても暴言を吐いたり喧嘩沙汰を起こすなど悪童として名高いサッカー選手のネイマールなど海外ではこうした悪役も世界的なスターとして活躍していますが、日本ではこうした悪役としてブランディングしているアスリートはそう多くありません。

東京五輪の競泳日本代表の主将にも決まっていた瀬戸大也。瀬戸大也はもともと延期になった東京五輪へのモチベーションの維持に苦しんでいたこともあり、今回の不倫騒動でそのモチベーションの維持がさらに困難になっていると言えるでしょう。約300日後に控えた東京五輪での競技成績と今後のキャリアを大きく左右する正念場を瀬戸大也は迎えています。

関連記事(外部サイト)