無資格者のドラグ・ショベル運転が発覚 建築工事業者を送検 八王子労基署

無資格者のドラグ・ショベル運転が発覚 建築工事業者を送検 八王子労基署

無資格者のドラグ・ショベル運転が発覚 建築工事業者を送検 八王子労基署の画像

 東京・八王子労働基準監督署は、無資格者にドラグ・ショベルの運転を行わせたとして、建築工事業の且O井(群馬県沼田市)とショベルを運転していた部長兼現場代理人を労働安全衛生法第61条(就業制限)違反の疑いで東京地検立川支部に書類送検した。

 同社は令和2年9月8日、東京都八王子市にある建設工事現場に2次下請として土工事を施工していた。現場代理人は無資格であったにもかかわらず、機体重量3トン以上のドラグ・ショベルの運転業務を行った疑い。

【令和3年2月25日送検】

関連記事(外部サイト)