特別教育実施せず 死亡労災でゴルフ場を送検 釧路労基署

特別教育実施せず 死亡労災でゴルフ場を送検 釧路労基署

特別教育実施せず 死亡労災でゴルフ場を送検 釧路労基署の画像

 北海道・釧路労働基準監督署は、令和元年10月に発生した労働災害に関連して、葛路カントリークラブ(北海道釧路市)と同社理事支配人を労働安全衛生法第59条(特別教育)違反の容疑で釧路地検に書類送検した。労働者2人に伐倒木の枝払い作業を行わせるに当たり、作業に使用するチェーンソーに関連する特別教育を実施していなかった疑い。

 労災は、阿寒郡鶴居村のゴルフコースで発生した。労働者1人が木の下敷きとなり、死亡している。

【令和3年2月10日送検】

関連記事(外部サイト)