労働者2人に賃金20万円不払い 居酒屋経営業者を送検 鶴見労基署

労働者2人に賃金20万円不払い 居酒屋経営業者を送検 鶴見労基署

労働者2人に賃金20万円不払い 居酒屋経営業者を送検 鶴見労基署の画像

 神奈川・鶴見労働基準監督署は、労働者2人に対して定期賃金を支払わなかったとして、晦LL WIN(神奈川県横浜市港北区)と同社の事実上の経営者を最低賃金法第4条(最低賃金の効力)違反の容疑で横浜地検に書類送検した。

 居酒屋を営む同社は同市鶴見区内の店舗において、パート労働者に対して平成31年4月の定期賃金合計約20万円を支払わなかった疑い。同期間中、賃金については全額支払っていなかったという。

【令和3年3月24日送検】

関連記事(外部サイト)

×