「調整中」などと表示板などを取り付けず送検 スタッカーで死亡労災 岸和田労基署

「調整中」などと表示板などを取り付けず送検 スタッカーで死亡労災 岸和田労基署

「調整中」などと表示板などを取り付けず送検 スタッカーで死亡労災 岸和田労基署の画像

 大阪・岸和田労働基準監督署は、令和2年12月に発生した死亡労働災害に関連して、木質工業材料メーカーのホクシン梶i大阪府岸和田市)と同社製造責任者を労働安全衛生法第20条(事業者の講ずべき措置等)違反の容疑で大阪地検に書類送検した。機械の調整作業時に、作業従事者以外の労働者が機械を運転することがないようにするための措置を講じていなかった疑い。

 被災した労働者は、木質繊維板を積み重ねるスタッカーの調整作業を行っていた際に被災した。作業中に起動した機械に挟まれている。

 同社は「調整中のため運転禁止」などと記載のある表示板を取り付けるなどの対策を怠っていた。

【令和3年3月19日送検】

関連記事(外部サイト)