動画サイトから違反発覚  安全帯付けず足場作業を配信し送検 名古屋南労基署

動画サイトから違反発覚  安全帯付けず足場作業を配信し送検 名古屋南労基署

動画サイトから違反発覚  安全帯付けず足場作業を配信し送検 名古屋南労基署の画像

 愛知・名古屋南労働基準監督署は、墜落防止措置を怠ったとして建築塗装工事業の且オ色(愛知県名古屋市)と同社代表取締役を労働安全衛生法第20条(事業者の講ずべき措置等)違反の疑いで名古屋地検に書類送検した。インターネット動画サイト上で、安全帯を装着せずに足場を組み立てている動画が配信されていたことを端緒として、立件に至っている。

 同社は令和元年10月10日、愛知県春日井市の外壁塗装工事現場で足場の組立て作業を行っていた。高さ2メートル以上での足場材受け渡し作業において、25歳の男性労働者に安全帯を使用させなかった疑い。同労基署によると、ヘルメットは使用させていたとしている。

【令和3年7月8日送検】

関連記事(外部サイト)